「グニャグニャから始めると、立て直しやすい」 松尾貴史インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「グニャグニャから始めると、立て直しやすい」 松尾貴史インタビュー(下)

筆者: 米満ゆうこ 更新日: 2016年7月8日

 

2016年7月から8月にかけて東京・愛知・大阪で上演されるミュージカル「マイ・フェア・レディ」に出演する松尾貴史さんインタビューの「下」です。(インタビュー「上」は⇒ここをクリック

 

松尾貴史さん=撮影・橋本正人

松尾貴史さん=撮影・橋本正人

 

 

■「マイ・フェア・レディ」が日本語をいかした美しいセリフになったのはG2の功績

 

――演劇ユニットAGAPE storeを一緒に作った仲でもある、G2さんの演出は、今作ではいかがですか。

 

G2はディレクションが達者だなと思いますね。暗転嫌いですから。見ているうちに、ある程度次の場面の準備ができている。パッと照明が変わると、続けて始まるシーンがオーバーラップしているのか、カットインなのか分かりませんが、きれいに進んでいくのが緻密だなと思いますね。

 

――G2さんは「マイ・フェア・レディ」で、翻訳・訳詞も手掛けられ、イライザが特訓する早口言葉をはじめ、言い回しなどかなり日本語を重要視したセリフに変えられました。

 

有名な曲の「スペインの雨」(劇中では「日向のひなげし」)は、「スペイン」や「レイン」と、韻を踏んでの発音が重要な歌なのに、それを昔は直訳していた。「スペイン」と「雨」は韻を踏んでいないじゃないですか。僕は昔からそこに違和感があったんです。それをG2が変えて、五韻相通という、韻や発音というキモを大事にした新たな歌詞に作り替えた。昔からの歌に馴染んでいる人は、それが気に入らないこともあると思う。でもG2の新しい歌詞なら、「意味分かるわ」という人も新たにいるでしょう。この作品がリボーン(再誕生)とうたっている意味合いの一つだと思います。例えば、「本日は晴天なり」というマイクチェックは実は日本語でやっても意味がないのと同じです。あれは英語でやるからすべての発音に母音が入っていて意味があるんです。それを日本に入ってきたときに直訳してしまった。「マイ・フェア・レディ」が楽曲の歌詞をはじめ、日本語をいかした整合性のある美しいセリフになったのはG2の功績ですね。

 

 

■僕はセッションから始まって、段々セリフを覚えていく(笑)

 

――先日、私がヒギンズ役の寺脇康文さんを取材したときに、寺脇さんが、役を演じるときは「セリフを覚えて、あとは相手とのセッションだ」とおっしゃっていました。松尾さんはいかがですか。

 

僕はセッションから始まって、段々セリフを覚えていく(笑)。ちょっと順番を間違っていますね(笑)。最初にやらしてもらったとき、ご迷惑をお掛けしたかもしれません(笑)。こういうやり方はダメですが、ゆるゆるグニャグニャのところから有機的に始めていくと、何かコトが起きたときに、立て直しをしやすいという利点はあります。

 

――「セッションから始まって、段々セリフを覚えていく」のは、ほかのお仕事でも同じですか。

 

いえいえ、そう決めているわけではないですよ。変な話ですけど、流れが自然な台本は覚えやすいんですよ。上手な方が書いた台本はそうなんです。「マイ・フェア・レディ」は大量にセリフがあるわけではないんですが、覚えやすかったですね。ほかには、連続テレビ小説の「ちりとてちん」に出演したとき、僕が2、3ページしゃべり続けるシーンがあったんですが、あっという間にセリフを覚えられた。なんでかというと、僕が飲んでいるときにしゃべっていたことを、そのまま脚本家の藤本有紀さんが書かれたんです(笑)。そういえば、こんなこと言ったなと(笑)。自分が言ったことだから、あのときはしゃべりやすかったですね。

 

――逆にセリフを覚えにくい台本は、流れが悪くて良くない台本なのでしょうか。

 

いや、そういうことはないです。意図があって、そうしている場合もありますからね。似たようなセリフが何回も出てきて、次のセリフがごっちゃになってしまうんです。そういう場合は覚えにくいですね。作品としてはすごく優れているのに、別役実さんの台本は覚えにくいです。ありふれた言葉が繰り返し出て来る。あくまでも僕にとっての話ですが。

 

――ちなみに、「マーダー・フォー・トゥー」は?

 

セリフが大量だった(笑)。大量だし、5つの単語を言う間に、5歩歩いて、二人で同時に振り返るとか。ものすごい細かかったですよ。

 

 

<ミュージカル「マイ・フェア・レディ」>
【東京公演】2016/7/10(日) ~ 2016/8/7(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
【愛知公演】2016/8/13(土) ~ 2016/8/14(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
【大阪公演】2016/8/20(土) ~ 2016/8/22(月) 梅田芸術劇場メインホール

 

<関連サイト>
東京芸術劇場プレイハウス『マイ・フェア・レディ』
http://www.tohostage.com/myfairlady/
梅田芸術劇場・公演詳細「ミュージカル『マイ・フェア・レディ』」
http://www.umegei.com/schedule/540/
松尾貴史 Twitter
https://twitter.com/Kitsch_Matsuo
松尾貴史さんがオーナーを務めるインドカレーカフェ「cafe 般゜若」
http://www.pannya.jp/main/
松尾貴史さんの作品などが掲載されたページ「折り顔」
http://www.origao.jp/

 

<関連記事>
「マイ・フェア・レディ」で酔っ払いの父親役、松尾貴史インタビュー(上)
https://ideanews.jp/archives/23974
「グニャグニャから始めると、立て直しやすい」 松尾貴史インタビュー(下)
https://ideanews.jp/archives/24010

 

 

<プレゼント>
松尾貴史さんのサイン色紙を抽選でアイデアニュース有料会員3名にプレゼントします(会員登録は⇒こちらから)。会員の方は以下のフォームからお申し込みください。応募締め切りは7月21日(木)です。(このプレゼントは終了しました)

 

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員限定部分>  会員登録検討は⇒こちらから

■霧矢さんと真飛さんのイライザ、やっていることは同じはずなのに全然違う

■マルチに色んなストレスを抱えたほうがいい。一つだけを抱えるとバランスが崩れる

■本は目次を2回ぐらい繰り返して黙読してから、何章かだけを読むんです

■テレビで見た藤山寛美さんの酔っ払いの演技指導、「踵に重心がいくねん」と

■今後もオファーがあればミュージカルに出演したいと思います

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>米満ゆうこ(よねみつ・ゆうこ) 大阪府出身。「アート」をテーマに国内外の舞台を中心に取材・執筆をしている。ブロードウェイの観劇は長期にわたり、脚本家や演出家、俳優たちに現地でも取材。作品を追っかけたり、芸術家にインタビューしたりすることが、原動力であり、救いにもなっていると最近、実感する日々。

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年12月掲載分
■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.