国境も貧富も超えて心の奥に届く音楽、ピアニスト・西川悟平さんインタビュー | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

国境も貧富も超えて心の奥に届く音楽、ピアニスト・西川悟平さんインタビュー

筆者: 松中みどり 更新日: 2016年10月17日

 

2016年10月3日、大阪府寝屋川市にあるアルカスホールで、「7本指のピアニスト」西川悟平さんのライブが開かれました。西川さんは、アメリカの有名なピアニストに認められて渡米、カーネギーホールでの演奏活動という華やかなアメリカンドリームの中で活躍していた頃、難病ジストニアが発症します。「一生、ピアノは弾けません」と何人もの医師から告げられたところから、悟平さんの復活と再生のドラマが始まります。病気を「ギフト」と言い、今の僕だから奏でられる音があると言う西川さんのライブの様子を紹介します。アイデアニュース有料会員向け部分には、西川さんのインタビューを掲載します。西川悟平さんについては、⇒こちらの記事もご覧ください。

 

 

 

 

■水滴が波紋を広げるような始まりからドラマティックな終わりまで、緊張感を持って迫ってくる

 

悟平さんの著書「7本指のピアニスト」を読み、YouTubeで演奏を聴いていましたが、はじめて生で、これまで数々の奇跡を引き起こしてきたピアノに触れることができる。そう思ってワクワクしながら待っていたところに、悟平さんが登場。

 

1曲目は、水滴が波紋を広げて行くような静かな始まりからドラマティックな終わりまで、美しいピアノの音が緊張感を持って最後まで聞き手に迫ってくる「プレリュード イ短調」。悟平さんのために松藤由里さんが作曲されたオリジナル曲です。

 

ピアノの前に座り、祈るように頭を垂れてからの演奏。使える指が忙しく鍵盤を走り、腕が何度も交差する独自のスタイル。そして演奏後胸に左手をあててお辞儀をするところまで、“ピアニスト・西川悟平”さんの圧倒的でキラキラしたオーラを感じました。

 

2016年10月3日、寝屋川アルカスホールで演奏する西川悟平さん=写真提供・濱口賀代さん

2016年10月3日、寝屋川アルカスホールで演奏する西川悟平さん=写真提供・濱口賀代さん

 

 

■辛いことがあった日の心を、優しくなぐさめてくれるような美しい曲

 

この夜演奏された曲のなかで、私が一番心惹かれたのはプーランクの「即興曲15番」とベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ第8番悲愴」をセットにして続けて弾いたもの。

 

即興曲の方は、少し悲しげな美しい旋律で、悟平さんがジストニア発症後に練習を重ねて演奏できるようになった記念の曲なのだそうです。そして、悟平さんのお母様がとても気に入っていて、闘病されていたときに何度も悟平さんに弾いて欲しいと頼んだ曲なのだと著書にも書いてありました。辛いことがあった日の心を、優しくなぐさめてくれるような美しい曲でした。

 

「悲愴」の方は、悲しみのときを悲しいだけの旋律にするのではない、透明な明るい響きがあって、悟平さんの美しいピアノにピッタリだと思いました。

 

22016年10月3日のコンサートでゲストのナムユカさんと西川悟平さん=濱口賀代さんのFBより

2016年10月3日のコンサートでゲストのナムユカさんと西川悟平さん=濱口賀代さんのFBより

 

 

■二人組の強盗に襲われ、ハッピーバースデーを演奏したら、何も盗られず

 

そして、大きな拍手のあと始まったのが、爆笑トークでした!悟平さんには「鉄板」の持ちネタが幾つかあるのですが、その中でもリクエストが多いという「去年の1月、ニューヨーク・マンハッタンのアパートにいたら二人組の強盗に入られた」という話をまずしてくれました。

 

「最初はもちろん怖かったんですよ。でもだんだんと、彼らがなぜ泥棒になったのか、知りたくなってきたんです」
アメリカの大学で心理学を学んでいた悟平さん、「どんな子ども時代だったのか聞いてもいいですか?」と質問、はじめはお前なんかには分からないと言っていた泥棒も、やがて親からの性的虐待など、悲惨な幼少時代の話をはじめたのだそうです。深く同情し、号泣した悟平さん。

 

「なんでも好きなもの持っていっていいから」と言う悟平さんに、泥棒のひとりが「お前ら日本人には人に対する尊敬の念がある。俺はその文化が好きだ」と言い出しました。

 

「ちょうど日本からお茶が送られてきたんだけど、緑茶飲みますか?」と聞くと「飲む」というわけで、3人は朝まで話し込みます。泥棒のひとりが誕生日が近いというので、悟平さんはハッピーバースデーの曲を弾いてあげました。泥棒は笑顔になり、やがて涙を浮かべて聴いていたのだそうです。

 

とうとう朝になって、泥棒ふたりは何も盗らずに帰っていきました。それどころか、悟平さんのシャワールームのバルブを修理し、「ドアを開ける時はちゃんと確認しろ」と注意をしてくれたという話に、会場は何度も温かい笑いにつつまれました。そして誰もが、この人間力の高い、魅力的な人のピアノをもっともっと聴きたいと思ったのです。

 

アメリカのニュース番組で、音楽を通して平和を実現するという一例としてこの強盗事件を悟平さんが語っています。英語ですが、ぜひご覧ください。→http://www.nbcphiladelphia.com/entertainment/the-scene/Harmony-for-Peace-Foundation-Concert-at-Kimmel-Center_Philadelphia-393417131.html

 

2016年10月3日のコンサートでトーク中の西川悟平さん=濱口賀代さんのFBより

2016年10月3日のコンサートでトーク中の西川悟平さん=濱口賀代さんのFBより

 

 

■西川さんのピアノを昨年初めて聴いた濱口賀代さんがコンサートを企画、準備期間3ヵ月で実現

 

この日のライブは、「西川悟平ライブ・イン・ジャパン大阪寝屋川実行委員会」が主催したもので、彼のピアノを昨年初めて聴いて心を動かされた濱口賀代さんが、「西川さんの言葉を多くの人に届けたい」と願ってプロデュースしたコンサートでした。

 

賀代さんが初めて悟平さんの演奏を耳にしたのは、2015年6月30日。西川さんの母校、大阪偕星学園高等学校での記念コンサートでした。「何事もあきらめてはいけない」「夢はかなう」という悟平さんのメッセージをもっとたくさんの人に届けたいと思った賀代さんは、とうとう自らコンサートを企画、準備期間3ヵ月で実現させてしまったのでした。

 

寝屋川でのコンサートを主催した濱口賀代さんとピアニスト・西川悟平さん=写真提供・濱口賀代さん

寝屋川でのコンサートを主催した濱口賀代さんとピアニスト・西川悟平さん=写真提供・濱口賀代さん

 

賀代さんは、普段は子どもたちに英語を教えておられます。悟平さんのコンサートを通して最も伝えたかったのは、「英語を上手にしゃべれるようになることがゴールではなくて、英語を使っていろんな人と仲良くすることで、解決出来ることもたくさんある。子どもたちには夢を持ってほしいし、あきらめず、ふさぎ込まず、心身ともに元気に生きていってほしい」ということ。

 

「大人たちって、とても忙しくて疲れています。子どもたちには夢をもちなさいと言いながら、自分があきらめてしまいそうなことも多いんですね。たくさんの人に悟平さんの音楽を聴いて欲しかったのですが、特に私のような、子どもたちの前に立っている人たちに、悟平さんのピアノと話を聴いてもらいたい、元気になってほしいと思ったのが、コンサートを企画したもともとの願いでした」と賀代さんは話しました。

 

2016年10月3日のコンサート終了後、左から濱口賀代さん、西川悟平さん、ナムユカさん=濱口賀代さんのFBより

2016年10月3日のコンサート終了後、左から濱口賀代さん、西川悟平さん、ナムユカさん=濱口賀代さんのFBより

 

 

<西川悟平ライブ・イン・ジャパン大阪寝屋川>
【大阪公演】 10月3日(月)アルカスホール (この公演は終了しています)

 

<今後の西川悟平さんのコンサート情報>

 

☆西川悟平ライブ・イン・ジャパン
【神奈川公演】2016年10月31日(月)開場18:00 開演19:30 モーション・ブルー・ヨコハマ
料金:自由席5800円
問い合わせ:モーション・ブルー・ヨコハマ 045-226-1919

 

 

☆西川悟平ジャパンニューイヤーコンサート
【神奈川公演】2017年1月19日(木)開場18:30 開演19:00 横浜みなとみらいホール 小ホール
料金:全席指定6000円
問い合わせ:株式会社McCar(マカ)03-5474-4566

 

 

<関連サイト>
★西川悟平公式ホームページ→http://gohei.info/index.html
★西川悟平公式Facebook→https://m.facebook.com/gohei.piano/?ref=bookmarks
もしくは→https://www.facebook.com/gohei.piano/?fref=ts

 

 

西川悟平 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分です。西川さんにインタビューして、うかがった内容をお伝えします。なお、西川さんが母校の小学校を訪問した時の様子も取材できましたので、後日、その様子を詳しくお伝えしますのでお楽しみに。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■すごく神経を使って、聴いてくれてる人の顔とか様子を見てるんです 

 

■曲を弾いてカッコつけといて、だんだん崩して、英語もしゃべって

 

■ホワイトハウスで「唯一無二」、「one and only」って言われました

 

■プロデューサー:この人は、いろんな人のハートに届く音と言葉をもってる

 

■音楽には、国境も文化も言語も時間も貧富も人種も超えて、心の奥に届く力がある

 

■一緒に合奏したり合唱したりして理解を深め、少しずつ戦争がなくなっていけば

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主催。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年4月掲載分
■ 2018年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.