実録・コインランドリー屋さん(1) 設置後8年で月売上15万円の機材。いくらなら買う? | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

実録・コインランドリー屋さん(1) 設置後8年で月売上15万円の機材。いくらなら買う?

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年5月11日

 

コインランドリー

コインランドリー

 

アイデアニュースの編集を担当している橋本正人です。でもって「コインランドリー屋さん」です。

 

これまでアイデアニュース設立について知人に熱く語っていても、「それはそうと、最近、コインランドリーをやることになって」と話し出すと、なぜか「えっ? コインランドリーやってんの?」と、驚かれ、「へえ~~、コインランドリーってどんな感じ?」と、みなさん、すごく関心を示されるんです。でもって別れ際には「アイデアニュース頑張ってね」ではなく、「コインランドリー頑張ってね」と言われる始末。そんなことなら、いっそのこと「実録・コインランドリー屋さんになりました」と題して、アイデアニュースで顛末を書いてみようかということになったのが、このコーナーです。

 

もともと私は、大学を卒業してから新聞社に入り、所属会社を変わったことはあるものの、一貫してマスコミ関係の仕事をしてきました。しかし、その一方で、書く内容などで上司と対立した時にタンカを切って辞められるように(笑)、何らかの副収入を得ておきたいという思いがありました。

 

でもって10年ほど前に始めたのが、貯金を使って小さな中古のワンルームマンションを1部屋だけ購入して貸し出すという、小さな小さな不動産投資の「自称・貯金大家さん」でした。借金はしない主義でしたので「投資」というより「資産運用」なのですが、これがまあまあ成功して、少しずつ部屋を増やし、不動産賃貸に関するノウハウも身について、ついに融資を受けて1棟マンションを購入したのが1年半前です。そのマンションの1階に「コインランドリー」が入っていたのでした。

 

くだんのコインランドリーは、もともとはマンションの前のオーナーのお連れ合いの会社が経営していたものです。つまり、建物は夫が所有、コインランドリーは妻が所有という風に分けて運営していたのです。建物を購入した時は、コインランドリーは引き続きお連れ合いの会社が経営するということになっていたのですが、建物を購入してから間もなく1年になろうという時に「コインランドリーをやめて退去したい」という連絡がありました。

 

4階建てマンションの1階で10坪のスペース。最寄りの駅からは徒歩3分ほどで、駅は2つの路線が交差したハブ駅でもあり、すぐ近くには某国立大学のキャンパスがあり、学生も多く住んでいる街で、立地条件は悪くありません。事務所か店舗などにすれば、新しい入居者が現れる可能性もありますが、入居者が決まるまでは空きになるかもしれません。

 

それなら、いっそのこと、自分で利用する事務所にしては?と思って、あれこれ考えだしたことが、結果的に会社を辞めて独立することにつながってしまったのですが(汗)、それはさておき、目の前にあるのはコインランドリーです。

 

前のオーナーからは「コインランドリーの機材は、転売して、明け渡しますが、もし機材をご購入くださるならお譲りします」とのこと。なんだか、うまいこと踊らされているような気もしますが、もし購入するとしたら、いくらぐらいが適当か、考えてみました。

 

このコインランドリーに入っている機材は、乾燥機4台(いずれも7kg)と洗濯機4台(7kg2台と4kg2台)。前のオーナーによると、この機材は、マンションが新築されて間もない8年前に800万円ほどで前の前のオーナーが購入して設置したもので、それを5年前の建物売買の際に、前のオーナーが250万円で購入したとのことでした。

 

コインランドリーの乾燥機

コインランドリーの乾燥機

 

コインランドリーの洗濯機

コインランドリーの洗濯機

 

800万円で購入したものが3年で250万円になったというのには驚きましたが、それから5年たって、もし売買するとしたら、いったいいくらにするのが適当なのか。コインランドリー経営について前提知識が何もない私としては、どう判断したら良いものかと思いました。

 

コインランドリーの収入は、「チラシを入れたりして宣伝すると、月額15万円ほど」とのこと。このうち家賃として12万円をオーナー側に払い、電気代やガス代、洗剤代もかかりますから、儲けはほとんどありません。家賃は結局はオーナー側の収入になるとはいえ、家賃を払う側だけ考えると赤字になる場合もあります。

 

私が考えた選択肢は3つ
(1)機材を処分して退去してもらい、空き室を賃貸に回す
(2)機材を処分して退去してもらい、自分で事務所として使用する
(3)機材を購入してコインランドリーを経営する

 

私としては、(2)の「自分の事務所として使用する」が一番魅力的だったのですが、我が家の大蔵省(財務省)の連れ合いから、即座に却下されました。「だって、自分の事務所にしたって儲からないでしょ」とのこと(涙)。その通りです。

 

コインランドリーの入口と店内を撮影する連れ合い

コインランドリーの入口と店内を撮影する連れ合い

 

ということで、まずはコインランドリーを経営するかどうかの前提として、いくらなら買うかを考えることにしました。

 

設置後8年たっていて、月の売上が約15万円のコインランドリー機材一式。いくらなら買いますか? あるいはタダでも買わない方が良いでしょうか?

 

<アイデアニュース関連記事>
連載「実録・大家さん」記事一覧
連載「実録・コインランドリー屋さん」記事一覧

 

 

※ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分です。洗濯機4台と乾燥機4台や配管などを含むコインランドリーの機材一式、これをいくらで買おうとしたか、そして、どうなったかについて書いています。

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. すわ より:

    お礼として5万円がいいところかな。
    明け渡すには、下手したら100万円近くかかるから。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年4月掲載分
■ 2019年3月掲載分
■ 2019年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.