ピナツボ・アエタ教育里親プログラム、最後の奨学生が卒業 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

ピナツボ・アエタ教育里親プログラム、最後の奨学生が卒業

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年5月16日

 

ジェセルメイ(中央)の専門学校卒業式=2015年5月15日、フィリピン・サンバレス州オロンガポで、撮影・橋本正人

ジェセルメイ(中央)の専門学校卒業式=2015年5月15日、フィリピン・サンバレス州オロンガポで、撮影・橋本正人

 

 

フィリピン・ピナツボ火山噴火被災者を支援する「ピナツボ・アエタ教育里親プログラム」の最後の奨学生となった、ジェセルメイの専門学校卒業式が、2015年5月15日、フィリピンのサンバレス州オロンガポで行われました。

 

このプログラムは、フィリピンの貧しい子供を支援する里親運動に参加していた松中みどりさんが、20世紀最大の噴火と言われた1991年のピナツボ火山の噴火に直面し、ピナツボ火山を聖なる山として崇めてきた山岳先住民族「アエタ」の人々を支援するために始めたものです。松中の連れ合いの橋本も、呼びかけ人の1人として参加してきました。

 

23年の活動で、このプログラムの支援を受けて高校や大学に進学した奨学生は約200人、卒業した奨学生は約100人にのぼります。

 

1991年6月の大噴火から24年、プログラムの支援を受けた子供たちは、社会人となり、親となり、成長してきました。そして、このプログラムは、2015年5月で幕を閉じることになったのです。

 

明日、5月16日には、これまでの卒業生も駆けつけ、ジェセルメイの卒業を祝う昼食会が開かれます。

 

ジェセルメイ、おめでとう。そして、ビナツポ・アエタ教育里親プログラムを支え続けてくれた日本のみなさま、ありがとうございました。

 

————————–

 

<アイデアニュース関係記事>

 

フィリピンのピナツボ火山噴火被災者ら、レンタルドレス店設立へ →https://ideanews.jp/archives/8783

 

ピナツボ・アエタ教育里親プログラム、最後の奨学生が卒業 →https://ideanews.jp/archives/3090

 

————————–

 

 

<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

<LINEアイデアニュース、始めました>
友だち追加

最近の記事

■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.