フィリピンのピナツボ火山噴火被災者ら、レンタルドレス店設立へ | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

フィリピンのピナツボ火山噴火被災者ら、レンタルドレス店設立へ

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年9月8日

 

美しいドレス姿を披露しているのは、フィリピンの山岳先住民族「アエタ」の女性ふたりです。フィリピンの多様な民族の中でも、最も古い先住民であるアエタの人々は、1991年のピナツボ火山噴火によって、山の民としての暮らしが出来なくなった避難民なのです。筆者は、1994年6月から2015年5月まで、「ピナツボ・アエタ教育里親プログラム」という教育支援活動をおこなってきました。現在、アエタの女性たちの新しい収入の手段として、「レンタルドレスショップ」の設立を準備しているところです。日本の善意ある方々から寄付してもらったウエディングドレスやフォーマルドレスは、おしゃれが好きでドレスアップする機会が多いフィリピンの女性たちの夢をかなえる魔法のドレスとして生まれ変わります。

 

レンタルドレスショップの運営の中心となるベナスさん(左)とナニン=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

レンタルドレスショップの運営の中心となるベナスさん(左)とナニン=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

1991年6月に大噴火したフィリピン・ルソン島にあるピナツボ火山。その山は、先住民族アエタの人々にとって、先祖代々、暮らしを支えてきてくれた聖なる山でした。噴火の少し前まで、狩猟や簡単な農業で暮らしを立てていた少数民族アエタは、暗褐色の肌や小柄な体、縮れた髪などの外見的特徴と、主流のフィリピン文化とは違う独自の文化を持っています。避難生活は、争いごとを好まず穏やかで、それでいて大変誇り高いアエタの人々にとって、つらいものでした。差別や偏見を受けたことも多々あります。「もっとも困難な避難生活」を送っている人々に緊急支援を始めたのが、筆者とアエタの人々との出会いでした。

 

アエタの若者の寄宿舎からレンタルドレスショップに変身することになった建物=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

アエタの若者の寄宿舎からレンタルドレスショップに変身することになった建物=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

噴火によって山を降りたアエタの人たちは、狩りや焼き畑農業という生活基盤を失い、将来は不透明なままでした。アエタの人たちにとって最も重要なニーズはなにか。話し合いの中で、「アエタの村の小学校には、アエタの先生がいてほしい」「いずれはアエタの中から医療の専門家が出てほしい」「アエタを助けるのはアエタでありたい」そんな言葉を聞いたのです。それなら、若きアエタのリーダーを育てる教育支援がいいのではないか。町に「ドミトリー・寄宿舎」を用意して、アエタの若者たちが共同生活を送りながら、高校や大学に通う仕組みを作りました。1994年、「ピナツボ・アエタ教育里親プログラム」の始まりです。

 

元奨学生のビルマは今、小学校の代用教員をしています=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

元奨学生のビルマは今、小学校の代用教員をしています=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

ピナツボ火山噴火から24年の歳月が流れ、教育支援を開始してから20年がたちました。山岳先住民族アエタの人たちをとりまく環境も大きく変わり、「ピナツボ・アエタ教育里親プログラム」は、2015年5月の卒業生を最後に、その役目を終えました。これまでに延べ200名を超えるアエタの若者が学校に通い、そのうち120名ほどが高校や大学を卒業しています。幼稚園や小学校で教師をしている卒業生、換金作物を導入して村の経済発展に貢献している卒業生、市役所の運転手として働いている卒業生、町の大きなレストランで働いている卒業生、サリサリストアー(一坪ほどの店舗のコンビニ)のオーナーをしている卒業生のカップルなど、次の世代のアエタの良いお手本になっています。

 

難関の正式教員試験に合格した元奨学生のアナリン(左)と筆者=2015年8月29日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

難関の正式教員試験に合格した元奨学生のアナリン(左)と筆者=2015年8月29日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

2015年5月に専門学校を卒業した最後の奨学生のジェセルメイは、現在、ホテル内レストランで働いています=2015年8月29日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

2015年5月に専門学校を卒業した最後の奨学生のジェセルメイは、現在、ホテル内レストランで働いています=2015年8月29日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

一方で、結婚し、出産をした女性が仕事を続けることが難しいのは、古い文化や習慣が残るアエタの人たちの現実です。せっかく奨学金プログラムの支援で学校を出ても、いったん仕事を離れると再開することは容易ではありません。そんな中で新たに出てきたアイデアが、「レンタルドレスショップ」経営なのです。

 

元奨学生ベイビールースの娘、ミカちゃんにピッタリのドレスがありました=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

元奨学生ベイビールースの娘、ミカちゃんにピッタリのドレスがありました=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

キリスト教の国であるフィリピンでは、復活祭や洗礼式や結婚式、クリスマスなど教会で行う行事には、晴れ着で出席します。卒業式、地域のお祭り、家族のいろいろな集まりにも素敵な服で出たいと願う、おしゃれな人たちが多い国です。お金のない人たちにとっては叶わない願い。でも、そんな庶民の夢をリーズナブルにかなえるレンタルドレスショップがあったら、どんなにいいだろう。「ピナツボ・アエタ教育里親プログラム」の奨学生の卒業式に出るたびに、そう思ってきました。

 

届いたドレスを試着してみて大騒ぎのスタッフたち=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

届いたドレスを試着してみて大騒ぎのスタッフたち=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

「ピナツボ・アエタ教育里親プログラム」を長年応援してくださった大阪のうつぼロータリークラブのご寄附により、かつてプログラムの寄宿舎であった古い家の改築が実現しました。奨学生たちの共同スペースだった殺風景な部屋が、トルソーに着せたドレスや、ラックにたくさん吊るされているドレスが窓ガラス越しに見えるしゃれたお店に変身しています。

 

大阪の「うつぼロータリークラブ」が改築に協力したことを説明する表示板が壁に埋め込まれています=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

大阪の「うつぼロータリークラブ」が改築に協力したことを説明する表示板が壁に埋め込まれています=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

アエタの学生たちの頑張りを知っている日本の人たちが、筆者の呼びかけに応えて、続々とドレスを送って下さいました。自分や家族が着たウエディングドレス、子どもさんが発表会で着たドレス、プロの演奏家がステージで着たドレス、フラダンスやフラメンコを習っていた人が着たドレス……いずれも中古とは言え、とても美しく、いい状態で保管されていました。幸せな記憶をもったラッキーなドレスたち。海を越えて優しさと友情が届けられたようで、本当に嬉しく有難いことです。ドレスを見たアエタの女性たちは、飛び切りの笑顔になり、大きな歓声を上げていました。

 

最後の奨学生のジェセルメイ(左)と母親のジーナさん=2015年8月29日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

最後の奨学生のジェセルメイ(左)と母親のジーナさん=2015年8月29日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

プログラムの元奨学生の中に、洋裁の技術を学ぶ専門学校に通った女性がふたりいます。それから、これまでアエタの奨学生たちの寄宿舎での「お母さん」として生活を共にしてきた、自身もアエタであるべナスさんは裁縫が得意。彼女たちが中心となって、オリジナルのドレスと、今回筆者が日本から持ち込んだドレスを使って貸衣装店を経営します。これなら、結婚しても子育て中でも、働き方を工夫してずっと続けていける仕事です。

 

届いたドレスを「トルソー」に着せて飾る=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

届いたドレスを「トルソー」に着せて飾る=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

お店を知ってもらうための宣伝をしたり、ドレスを借りに来た人たちの体型に合わせてドレスを補正したり、お金の管理をしたり、アエタの女性たちがこれから担っていく仕事はいろいろあり、トラブルも起きることでしょう。それでも、レンタルドレスを通して、日本から届いた応援の心を励みに頑張ってもらいたいです。差別や無理解に負けず、学校に通った元奨学生たちが、学生時代同様たがいに助け合ってほしい。そして、少しずつ収入が増えて、いつかは、もっとたくさんのアエタの女性たちが働ける大きなお店になる日を願って、これからも応援していきたいと思っています。

 

元奨学生で裁縫学校を卒業したナニンがウェティングドレスを試着。ナニンはレンタルドレスショップの中心メンバーとなります=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

元奨学生で裁縫学校を卒業したナニンがウェティングドレスを試着。ナニンはレンタルドレスショップの中心メンバーとなります=2015年8月28日、フィリピン・サンバレス州で、撮影・橋本正人

 

この「レンタルドレスショップ」のために、ドレスのご寄付や輸送料のカンパなどをしていただける方は、こちらのフォームを使って、ご連絡ください。

 

お名前(必須)

 

郵便番号(必須)

 

ご住所(必須)

 

電話番号(必須)

 

メールアドレス(必須)

 

メッセージなど(必須)

 

スパム防止用の質問(回答必須)
 


 

 

————————–

 

<アイデアニュース関係記事>

 

フィリピンのピナツボ火山噴火被災者ら、レンタルドレス店設立へ →https://ideanews.jp/archives/8783

 

ピナツボ・アエタ教育里親プログラム、最後の奨学生が卒業 →https://ideanews.jp/archives/3090

 

————————–

 

<アイデアニュース有料会員限定コンテンツ>

 

「アエタを助けるのはアエタでありたい」元奨学生たちの嬉しい提案

 

ある元奨学生のスピーチ 若きリーダーの頼もしい姿

 

ここからは「全文閲覧権」を購入くださっている方だけが読める部分です。

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年12月掲載分
■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.