「南インド古典舞踊とヒンドゥー教の神々」、5月19日に宝塚市内で無料講座 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「南インド古典舞踊とヒンドゥー教の神々」、5月19日に宝塚市内で無料講座

筆者: 橋本正人 更新日: 2017年4月19日

 

南インド古典舞踊グループ「マルガユニティー」のメンバーらが、2017年4月23日(日)に、兵庫県宝塚市内で「南インド古典舞踊を踊ってみよう」と題したワークショップを開きます。「マルガユニティー」主宰のモガリ真奈美さんには、アイデアニュース・カルチャーセンターで5月19日(金)に「南インド古典舞踊とヒンドゥー教の神々」と題して無料講座を開いていただく予定です。

 

「World Dance Day 2016」より=マルガユニティーのページのギャラリーから

「World Dance Day 2016」より=マルガユニティーのページのギャラリーから

 

 

宝塚駅近くの「栄町会館」で4月23日に開かれるワークショップでは、モガリさんや「マルガユニティー」のメンバーらが、南インド古典舞踊とはどういう踊りなのかを実際に踊って説明しながら、参加者と一緒にステップをしたりポーズをとったりすることにしています。

 

南インド古典舞踊「バラタナティヤム」では手指の動きやゼスチャーなどで、ゾウなどの動物や、ヒンドゥー教の神々を表したりします。

 

モガリさんよると、南インド古典舞踊のステップを踏んで全身を動かすと、姿勢が良くなって、体がポカポカしてくるそうです。参加は年齢制限なし、性別不問。参加費は、チャイ、お菓子付きで500円(高校生以下は無料)です。

 

カレー屋さんなどでゾウの顔をした神様の絵などをご覧になったことのある方も多いと思いますが、南インド古典舞踊はヒンドゥー教の神々とも密接にかかわっており、アイデアニュース・カルチャーセンターで5月19日(金)に開催する予定の無料講座では、ガネーシャ神やシヴァ神など、ヒンドゥー教の神々と南インド古典舞踊の関係についても詳しく説明していただく予定です。

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分では、モガリさんとインドとの出会いからこれまでの歩みなどについて、紹介しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■「モガリ」と姓はカタカナで表記していますが…

 

■1995年に、KPヤショーダ(K.P.Yesodha)さんに師事

 

■リズミカルな素足でのステップは 心身をリフレッシュします

 

■無料講座では、神々を絵などで紹介しつつ踊りの関係を説明

 

 

<南インド古典舞踊を踊ってみよう>
【日時】2017年4月23日(日)午後2時~午後4時
【場所】兵庫県宝塚市栄町1丁目18−1 栄町会館(阪急、JR宝塚駅より徒歩3分)
http://www.hananomichi.jp/kaikan/index.html
【参加費】500円(高校生以下無料)チャイ、お菓子付き
【用意】動きやすい服装でお越しください
【申込先】モガリ真奈美 marga-m☆nifty.com(☆を@に変えてお送りください)090-8535-4130
公式ページ http://manami-f.com/featrued/2501.html

 

<南インド古典舞踊とヒンドゥー教の神々 無料講座>
【日時】2017年5月19日(金)午後1時30分~午後2時30分
【場所】兵庫県宝塚市平井5-3-1 アイデアニュース・カルチャーセンター
(阪急宝塚線・山本駅より徒歩2分)
https://ideanews.jp/culturecenter
【参加費】無料
【駐車場】2台あり(近所にコインパーキングもあります)
【申込先】アイデアニュース・カルチャーセンター 0797-82-3323(電話は24時間対応)

 

 

「ワン・ワールド・フェスティバル 2016」より=マルガユニティーのページのギャラリーから

「ワン・ワールド・フェスティバル 2016」より=マルガユニティーのページのギャラリーから

 

 

 

カルチャーセンター 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年12月掲載分
■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.