蝦夷の戦いと人間ドラマを色鮮やかに描く 宝塚星組『阿弖流為 –ATERUI–』 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

蝦夷の戦いと人間ドラマを色鮮やかに描く 宝塚星組『阿弖流為 –ATERUI–』

筆者: きた あつこ 更新日: 2017年7月19日

 

宝塚歌劇星組公演『阿弖流為 –ATERUI–』が、2017年7月15日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで開幕しました(東京公演は7月31日から)。大和朝廷が東北へ支配領域を拡大しようとしていた8世紀。権益を求める貴族たちと、蝦夷を守ろうとした者たちの戦いと人間ドラマを、美しい衣裳と、迫力ある立ち回り、豊かな光量の映像を駆使して、色鮮やかに描いた舞台です。

 

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

原作は、2000年に吉川英治文学賞を受賞した高橋克彦氏の小説「火怨 北の燿星アテルイ」(講談社文庫)。蝦夷の諸勢力を結集し、朝廷に立ち向かった阿弖流為(あてるい)役は礼真琴(れい・まこと)さん。礼さんの歌声は低音まで良く響き、民族調の衣装をスマートに着こなしていました。最後のシーンで、「わが名は阿弖流為、蝦夷の心だ」と叫ぶところでは、胸が震えました。

 

阿弖流為に心を寄せる女性、佳奈(かな)役は、有沙瞳(ありさ・ひとみ)さん。有沙さんは2016年に雪組から異動になったばかりですが、阿弖流為が佳奈を高く持ち上げるシーンやリフト、見つめ合うシーンでの礼さんとの息はピッタリ。その佳奈をずっと守ってくれるかわいい義弟の菟穂名(うほな)役は、天彩峰里(あまいろ・みねり)さんで、かわいらしく芯のある少年を熱演され、印象に残りました。

 

大和朝廷側が「蝦夷は人ではない」とする当時の状況下で、唯一、朝廷側で蝦夷を「人」として扱う人物として描かれたのは、武人、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)。坂上田村麻呂を演じた瀬央ゆりあ(せお・ゆりあ)さんの細い体から、聡明な坂上田村麻呂の思いが伝わってきました。物語が終了したあとは一転、バチを持って躍動的に踊る瀬央さんの姿も魅力的でした。

 

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、公演レポートの全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出しと掲載写真>

 

■壱城あずささんは、我が身を呈して蝦夷を守る重要な人物を、迫真の芝居で

 

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

■大きな目が特徴的な夏樹れいさんは、朝廷側のしぶとい人物を、コミカルに

 

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

■阿弖流為と最後まで行動を共にする親友の母礼をさわやかに演じた綾凰華さん

 

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

宝塚歌劇星組公演 『阿弖流為 -ATERUI-』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

<宝塚歌劇星組『阿弖流為 –ATERUI–』>
【大阪公演】2017年7月15日(土)~7月23日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【東京公演】2017年7月31日(月)~8月6日(日) 日本青年館ホール

 

<関連サイト>
宝塚歌劇『阿弖流為 –ATERUI–』
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/aterui/index.html
梅田芸術劇場『阿弖流為 –ATERUI–』
http://www.umegei.com/schedule/637/

 

宝塚歌劇 関連記事:

⇒すべて見る

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> きた あつこ/アイデアニュース編集部で1番フツーな人。2人の女のコのママ。サザエさんのタマに似ていると言われる。いろんなことに興味津々で、ちょっと楽しい、ちょっと知りたい情報をHAPPYと共にお届けできるよう、常にウロウロ、常にキョロキョロすることが元気の源。 ⇒きた あつこさんの記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年8月掲載分
■ 2017年7月掲載分
■ 2017年6月掲載分
■ 2017年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.