初舞台『王家の紋章』は「おかっぱが衝撃的で」、木暮真一郎インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

初舞台『王家の紋章』は「おかっぱが衝撃的で」、木暮真一郎インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2017年8月4日

 

2017年8月10日より東京芸術劇場シアターウエストで上演されるAKA Company 第2回公演『SHE LOVES ME』に主演する木暮真一郎さんのインタビュー後半です。有料会員限定部分には、『王家の紋章』のウナス役についてや、昨年結成されたミュージカル俳優4名による男性ヴォーカルユニット「Adam’s」などについて語ってくださった内容を掲載しています。

 

木暮真一郎さん=撮影:達花和月

木暮真一郎さん=撮影:達花和月

 

 

――ミュージカルナンバーについてお伺いします。作品としては30曲程ありますが、楽曲を聴いてみていかがでしたか?

 

いやー! 結構曲があるんです。楽しいですね! 結構全体的に作品にマッチしていて。可愛らしい曲が多くて、耳馴染みが良いというか。わかりやすくポップで、聴いていて楽しいと思いますよ。

 

――Music Theatre Internatinalにアップされている音源を聴くと、60年代頃の懐かしい雰囲気を感じました。ジョージの持ち歌はいかがですか?

 

あー、懐かしい雰囲気。そうですね、僕はすごい好きな感じでしたね。ジョージの歌はソロが3曲くらいあって、あとはデュエットがちょこっとあったりとか。

 

――デュエットはアマリアとですね。

 

今、歌稽古でちょっとやってるんですけど、でも普通のデュエットって感じじゃあないです(笑)。

 

――と、いうと?

 

アマリアがまくし立てているのを、「落ち着いてよ!」みたいなのとか(笑)。その辺もやっぱり、ラブコメディだとは思うんですけど、作品を通してあんまりラブシーンとかもなく。だから本当に可愛らしい感じで。「もー、2人早くくっついちゃいなよ!」って言いたくなるみたいな(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、インタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■たぶんお互い意識はしてないですけど、「本当は好きなんじゃないの?」っていう感じ

 

■『王家の紋章』で大先輩方と共演。今思うと、なんて贅沢な時間だったんだろうって

 

■「Adam’s」は落ち着いた雰囲気は保ちつつも…、皆バラバラなので(笑)すごい楽しい!

 

■自分とかけ離れた役に興味があります。『エリザベート』のルキーニ役は、いつか演ってみたい

 

<AKA Comapny 第2回公演『SHE LOVES ME』>
【東京公演】2017年8月10日(木)~8月13日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト
公式サイト http://katashima-office.com/shelovesme

 

<関連リンク>
木暮真一郎 Official Twitter  https://twitter.com/kogushin
木暮真一郎 Official Instagram https://www.instagram.com/kogu_shin/
木暮真一郎 (ORCHARD) http://orchard-net.com/wordpress/?page_id=3307

 

 

木暮真一郎 関連記事:
⇒すべて見る

 

※木暮真一郎さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月17日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

木暮真一郎さん=撮影:達花和月

木暮真一郎さん=撮影:達花和月

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. りさちー より:

    素敵なインタビューありがとうございます!
    Adam’sで木暮さんのことを知ったので、Adam’sについてのお話が聞けて嬉しいです。
    これからの活躍がとても楽しみです!


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.