「演じ分けに苦戦するだろうなと」、加藤和樹『マタ・ハリ』インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「演じ分けに苦戦するだろうなと」、加藤和樹『マタ・ハリ』インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年11月16日

 

2018年1月21日から大阪と東京で上演されるミュージカル『マタ・ハリ』に、ラドゥー役とアルマン役で交互出演する、加藤和樹さんにインタビューしました。(上)(下)に分けてお届けします。

 

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

 

 

――『マタ・ハリ』ですが、ビジュアル撮影はいかがでしたか? とても素敵で、大評判のビジュアルですね。

 

想像していたよりも大変でした。というのも、ラドゥーとアルマンという、マタ・ハリを挟んだ両極端な男性の役なので、ラドゥーとしての魅力とアルマンとしての魅力をいかに出すかというのは大変でしたね。これからスタッフの方々の力もお借りしながらふたつの役を作っていきますが、これをお芝居でダブルでやるとなった時に、これは結構苦戦するだろうなという印象は受けました。

 

――この写真でも、写真だけで差をつけるというような、「これ1枚で違う人」という感じですもんね。

 

もちろん、まだ自分の中に役がないので苦戦したというのもありますが、2つの役が自分の中で明確になればなるほど、そのせめぎ合いというか、演じ分けがすごく大変になってくるだろうなというのは感じましたね。

 

――ちなみに今は、どちらの役がやりやすそうですか?

 

ラドゥーの方が作りやすいだろうなと思っています。というのも、キャラクター的にアルマンの方が若いですし、マタ・ハリとの関係性においてもアルマンの方が絡みも多いです。そこで彼の心情と、任務への思いというところで揺れ動くというのは多分若さもあるでしょうし、そこをいかに見せるかというのは大変だろうなとは思います。

 

――男として惹かれるのは?

 

男としては、僕的にはラドゥーの方が惹かれますね。やはり中央局の上官でもあり、仕事も出来る人ですしね。そんな彼が自分も気づかない所でマタ・ハリに惚れこんでいってしまうところや、男のアルマンへの嫉妬心ではありませんが、そういうものが見え隠れする瞬間というのが面白いんじゃないかなと今のところは感じています。

 

――なるほど。優しい甘い匂いがしそうな雰囲気のアルマンみたいな役はあまり記憶にない気がします。最近、戦っている印象が強いです。

 

そうですね。そのアルマンをダブルキャストの東(啓介)君とどう作っていくかですね。作っていく上で違うものにはなっていくので、差別化をする必要はないと思いますが、ラドゥー役の佐藤(隆紀)君と、ダブルキャストの2人の助けも必要になってくると思います。

 

 

<取材協力>
ヘアメイク:CHIHARU
スタイリスト:立山功
衣裳協力:SEVESKIG(STUDIO FABWORK tel 03-6438-9575)、Bennu(D,E.N inc. tel 03-6447-5685)、JUHA(tel 03-6659-9915)

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、2役を演じるうえでの心構えなどについて詳しく伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。17日掲載予定のインタビュー「下」では、『フランケンシュタイン』『ハムレット』『罠』『レディ・ベス』と舞台作品だけでも盛り沢山だった一年を振り返ってのお話など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■(ロミオ役とティボルト役の時の城田優さんは)大変そうでした

 

■「ここで、ここにいなきゃ」とか、自分1人では覚えきれない

 

■『フランケンシュタイン』の2役は、アンリで繋がっていた

 

■「体を清める」じゃないですが、僕はシャワーでリセットします

 

<ミュージカル『マタ・ハリ』>
【大阪公演】2018年1月21日(日)~1月28日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【東京公演】2018年2月3日(土)~2月18日(日) 東京国際フォーラム ホールC

 

<関連サイト>
梅田芸術劇場 ミュージカル『マタ・ハリ』
http://www.umegei.com/schedule/675/
ミュージカル『マタ・ハリ』 twitter
https://twitter.com/matahari_2018
加藤和樹 Official Web Site / ASSIST
http://www.katokazuki.com/
加藤和樹 twitter
https://twitter.com/kazuki_kato1007

 

<関連リンク>

 

マタ・ハリ 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

※『マタ・ハリ』加藤和樹さんのサイン入り写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月30日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. ボーノ❗️ より:

    一日で違う人物を演じるのは、本当に大変だと思います。加藤君の役作りや、気持ちの切り替え方などこの作品を観る上で参考になりました。ありがとうございます。

  2. ビバノンノ より:

    舞台に打ち込む真摯な姿勢がいつも惚れ惚れするほどに素晴らしく、毎公演観劇に伺うのが楽しみです。
    あまりにもご多忙で体調などいつも気がかりですが、お仕事との切り替え方法も今回話してくださりそのストイックさに改めて頭が下がりました
    今後の活躍も楽しみにしております

  3. ゆう より:

    いつも楽しく読ませていただいています。
    深いところまで聞いてくださるインタビューと綺麗な写真、これからも岩村さんのインタビューを読ませていただけたら嬉しいです。

  4. カズキスト☆ より:

    ミニアルバム「SPICY BOX」の記事に続き 大好きな加藤和樹さんの記事を また読むことができて とてもうれしいです♪

    取り上げてくださって ありがとうございます!

    和樹さんなら タイプが真逆な2役であっても どちらも魅力いっぱいに演じてくださると思います☆

    これからも 和樹さんの記事をよろしくお願いいたします。

  5. りい より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます!和樹さんの2役、楽しみしかありません。大変なチャレンジだと思いますが、彼なら乗り越えて素敵なものを見せてくれると信じています。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.