「涙が出なくても心が本当ならいい」、柚希礼音『マタ・ハリ』インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「涙が出なくても心が本当ならいい」、柚希礼音『マタ・ハリ』インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年1月11日

 

ミュージカル『マタ・ハリ』に出演する柚希礼音さんのインタビューさせて頂きました。(上)(下)に分けてお届け致します。カンパニー全体の稽古に入る前の、個別の稽古がはじまったタイミングでお話を伺いました。

 

柚希礼音さん=撮影・岩村美佳

柚希礼音さん=撮影・岩村美佳

 

 

――稽古が始まって、それまでに抱いていた印象と、今の心境の変化はいかがですか。

 

より地に足の着いた女性像を石丸(さち子)さんは求めていらっしゃるんだなと思いました。台本を読んだ時に、自分の中でイメージしたものはそれに近かったんです。石丸さんが描くもののほうがさらに上ですが、それを何とかはやく、自分が体感して思いっきり表現したいと思っています。石丸さんが情熱的で、一人一人に「これをやったら引き出しが増える、やりやすくなる」という材料をたくさんくださるんですよ。自分ではやっているつもりでも出来ていないことに対しては、こうしたらこういう風に見えるというやり方をたくさん教えてくださり、その情熱に感動しています。女性の演出家でこんなに勢いのある方は最高だなと思っています。まだ稽古がはじまったばかりですが、毎日色んな種をたくさんくださって、とても感動しています。

 

――具体的に、特に引っかかるような種はありましたか?

 

そうですね……。宝塚の時も色んなやり方の演出家がいました。ストレートプレイを作るような先生とご一緒した時に、「あぁ、なるほど」といつも思ったのですが、石丸さんはその方と仰ることが同じなんです。例えば、この前稽古の時に、ボロッボロに泣いたシーンがあったんです。そういうシーンは、次にやる時、ついつい人間は同じものを求めようとするので、「あの感情と同じにすればこう行けたはずだ」となぞってしまうのですが、その時点で、もうあの時とは違うからダメなんです。泣けたからいいわけでもないですし、涙が出なくても心が本当ならばいいと言ってくださって、本当にそうだなと思いました。

 

だから、舞台でも泣くことがメインではなく、その時に初めてあの昔を思い出していて、役の本当の心が流れていることが大事なんだと。なかなかそういうところまで突っ込んで言ってくださる方は少ないですが、「前もって言っておくけれど、次にあの場面をする時は、あれをなぞろうとしないでね」と、役者がこの後はどうしていくかということも全部、色んな経験で見てくださっているんですよね。変でもいいから、声が裏返ってもいいから、とにかく役者の思いをまず広げようとしてくれます。動きなどの外側ばかりを固めてから、後で心が成長するのを待つようなことではないですね。ですから、今のワークショップのような稽古が、10分でも、1時間でも、とても勉強になります。

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ラドゥー役とアルマン役の3人について、また加藤和樹さんが反対の2役をすることについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。12日掲載予定のインタビュー「下」では、柚希さん自身が大きな変化があったという2017年について振り返ってくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■シュガーさん(佐藤)は癒し系、本当に良い人なんだろうな

 

■とんちゃん(東)は若いので、年齢設定を話し合いました

 

■和樹くん(加藤)はゾクッとするような目線をされるので、楽しみ

 

■私も本公演と新人公演で、逆の役の時は本当に難しかった

 

 

<ミュージカル『マタ・ハリ』>
【大阪公演】2018年1月21日(日)~1月28日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【東京公演】2018年2月3日(土)~2月18日(日) 東京国際フォーラム ホールC

 

<関連サイト>
梅田芸術劇場 ミュージカル『マタ・ハリ』
http://www.umegei.com/schedule/675/
ミュージカル『マタ・ハリ』」twitter
twitterhttps://twitter.com/matahari_2018
柚希礼音オフィシャルサイト
http://reon-yuzuki.jp
柚希礼音オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/reonyuzuki_official/?hl=ja
柚希礼音アミューズオフィシャルサイト
http://artist.amuse.co.jp/artist/yuzuki_reon/
柚希礼音 STAFF Twitter
https://twitter.com/yuzukireonstaff

 

<関連リンク>

 

マタ・ハリ 関連記事:

⇒すべて見る

 

柚希礼音 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

※『マタ・ハリ』柚希礼音さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは1月25日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

柚希礼音さん=撮影・岩村美佳

柚希礼音さん=撮影・岩村美佳

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. m より:

    物腰は柔らかく、いつもの柚希さんの口調で語られる言葉の奥に、この作品との向き合い方、強い意思と決意を感じました。掲載されているお写真も可愛らしかったり、凛としていたり、シリアスだったり、色々な表情をされる柚希さんがマタハリへと変化していく様を楽しみに観劇させていただきたいと思います。素敵なインタビュー、お写真をありがとうございました。

  2. momo より:

    柚希礼音さん、この作品で完全に女優に脱皮するのだろうと期待が高まっています。
    お稽古場で感じた生の思いを拾っていただいてありがとうございます。

  3. まめ より:

    会員登録してよかった!と思える、読みごたえのある記事でした。公演まであと少しですが、マタ・ハリに挑む柚希さんにとても期待しているので、ますます楽しみになりました。

  4. yuki より:

    公演が始まる迄は、どんな舞台なのか?どの程度お稽古が進んでいるのかとても気になるのですが、それを知るすべがないので、お稽古中のインタビューは、とても嬉しく、どの様な舞台かワクワクしながら想像して、益々舞台が楽しみになるので、とても嬉しく思います。今後も色々なインタビューを楽しみにしてます。よろしくお願いします。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
■ 2018年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.