ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』が7年ぶり来日、2018年8月に上演 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』が7年ぶり来日、2018年8月に上演

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2017年10月25日

 

脚光をわずかしか浴びることのない、アンサンブルダンサーたちを描いたブロードウェイミュージカル『コーラスライン』の来日公演が、2018年8月に開かれることが決まりました。『コーラスライン』の来日公演は、2011年以来7年ぶりで、東京、大阪、静岡などで上演されます。

 

ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』=プレスリリースより

ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』=プレスリリースより

 

 

胸高鳴る音楽とダンス。ゴージャスな舞台セットや、きらびやかな衣裳。スポットライトに包まれたスター。そんな脚光をわずかしか浴びることのない、アンサンブルダンサーたちの物語を描きたい──。原案・振付・演出のマイケル・ベネットさんは、そんな想いを胸に抱き、ダンサーたちを集めて長いインタビューセッションを行います。それが『コーラスライン』の原型となって、アカデミー賞に輝く名作曲家、マーヴィン・ハムリッシュさんが彼らの人生を素晴らしい旋律で彩り、ブロードウェイミュージカル史に燦然と輝く傑作が生まれました。

 

歌・ダンス・演技の3拍子がそろった〈トリプルスレット〉と呼ばれる確かな実力を備えながらも、オーディションや舞台を次々と渡り歩く、名もなきダンサーたち。苦悩や挫折、年齢・容姿・人種といった自分らしさと向き合いながら、ひたすら夢に向かって邁進する彼らのひたむきな人生は、暗闇に包まれた客席で華やかな舞台を見つめる私たち観客の姿とも重なります。

 

飾り気のないシンプルな舞台で繰り広げられる『コーラスライン』は、かつてないほどにストレートで熱い感動を呼び覚ます新しい形のミュージカルとして、ブロードウェイそして世界中を席巻。1975年に初演され、翌1976年のトニー賞で最優秀ミュージカル賞・演出賞・振付賞・脚本賞・楽曲賞など計9部門を制覇。1985年、ハリウッドでミュージカル映画化され、初演版は約15年の大ロングランの末、1990年に閉幕しました。

 

2006年には、初演版の演出・振付を踏襲したリバイバル版が開幕し、トニー賞最優秀ミュージカルリバイバル賞にノミネート(2008年閉幕)。同リバイバル版の来日公演は2009年、2011年に行われ、このたび、7年ぶりの来日公演が、2018年8月から東京の東急シアターオーブ、大阪のオリックス劇場、静岡のアクトシティ浜松 大ホールなどで行われることが決まりました。

 

 

<ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』>
上演:2018年8月 (生演奏/英語上演/日本語字幕あり)
【東京公演】東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11F)
【大阪公演】オリックス劇場
【静岡公演】アクトシティ浜松 大ホール
公演オフィシャルサイト
http://www.acl2018.jp/

 

コーラスライン 関連記事:

⇒すべて見る

 

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年12月掲載分
■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.