写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』発売、太田康介インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』発売、太田康介インタビュー(上)

筆者: 松中みどり 更新日: 2017年11月13日

 

2017年10月24日(火)~30日(月)まで世田谷区砧にあるギャラリーパウパッドで開催されていた『やさしいねこ』写真展、最終日に駆けつけました。念願だった写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』が出版されてとても嬉しいと語る著者・太田康介さんのインタビューをお送りします。争いが嫌いで、他の猫にごはんをゆずるやさしい野良猫ぽーを、仕方がないとはいえTNRで去勢してしまったことを「痛かったろう、こわかったろう」と悩む太田さんもまた、やさしい人です。

 

太田家の先住猫「しろ」(右)と一緒に、太田さんのひざに乗れるまでになった「ぽー」=写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』より

太田家の先住猫「しろ」(右)と一緒に、太田さんのひざに乗れるまでになった「ぽー」=写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』より

 

 

太田康介さんは報道カメラマンとして、ボスニア・ヘルツェゴビナやアフガニスタン、カンボジア、北朝鮮などを撮影してこられました。また、飼い主のいない猫たちが地域猫として受け入れてもらえるようTNRにも尽力。2011年の東日本大震災以降は、福島の原発周辺に取り残された家畜やペットの写真を撮り、本を出しています。現在も福島に2週間に一度のペースで通い、TNRと給餌活動をしている太田さんの動物へのまなざしは本当に優しくて、その写真からも愛情が伝わってきます。TNRとは、T:Trap 捕獲器などで猫を捕まえる、N:Neuter 不妊手術をほどこす、R:Return 元いたところに戻す、の頭文字で「地域猫活動」ともいわれています。リターン後も、えさやりや、健康観察などを続けて地域の猫として見守る活動です。

 

 

――ぽーちゃんが、太田さんにとって初めてTNRをした猫ということですか?

 

そうなんです。捕獲器を使うのも初めてでしたね。ぽーはすぐ捕獲機に入ってくれて、病院でオスだと分かったんです。初めてのことで、まだ勝手が分かってない頃だったので、傷口がひらいたらダメだと思って、去勢手術後、1週間くらい家に置いたんですが、ニャーニャー大騒ぎでした。

 

――ぽーちゃんは、野良猫さんの中でも最初から目立っていたんですか?

 

いや、たまたまですね。2009年までは自分の猫を可愛がるばっかりだったんですけど、外猫たちの過酷な環境に目をむけるきっかけがあったんです。護岸工事で住むところのなくなった多摩川の”河原猫”を世話する方と出会ったんですが、その活動に参加しながらも、よく考えると、うちの回りにもそういう猫がいるじゃないかと思ってね。ぽーが近所の公園にいたもんで、よし、こいつにしようと。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、今を時めく漫画『夜廻り猫』(深谷かほるさん著、講談社刊)に、ぽーちゃんが登場するきっかけなど、太田康介さんインタビュー後半の全文と、太田さん撮影のぽーちゃんの写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■手術して放したからには、えさをちゃんとやんなきゃダメだと思いました

 

■ぽーは町内最弱。他の猫が来たらえさ取られるし。しょっちゅう怪我をして

 

■一番怖いのは、ぽーがいなくなってしまうこと。それが心配で心配で…

 

■うちでも先住猫にいじめられ…。1年半か2年くらいして、受け入れてくれた

 

 

<写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』>
著者:太田康介
出版社:扶桑社
発売日: 2017/10/18
単行本(ソフトカバー): 112ページ
ISBN-10: 4594078346
定価:1,188円(1100円+税)

 

<関連リンク>
太田康介さんブログ「うちのとらまる」
http://uchino-toramaru.blog.jp/
Amazon販売ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4594078346/
ギャラリーパウパッドブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gallerypawpad

 

太田康介 関連記事:

⇒すべて見る

 

※写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』をアイデアニュース有料会員3名様に抽選でプレゼントします(うち1冊は太田さんのサイン入りですが、どれが当たるかは選べません)。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月27日です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

 

太田さんのサインと「ぽー」の似顔絵と「ありがぽー!!」が入ったアイデアニュース読者プレゼント用の『やさしいねこ うちのぽー』=撮影・松中みどり

太田さんのサインと「ぽー」の似顔絵と「ありがぽー!!」が入ったアイデアニュース読者プレゼント用の『やさしいねこ うちのぽー』=撮影・松中みどり

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主催。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.