「『夜廻り猫』と深谷先生にすごく感謝しています」、太田康介インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「『夜廻り猫』と深谷先生にすごく感謝しています」、太田康介インタビュー(下)

筆者: 松中みどり 更新日: 2017年11月14日

 

写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』を出版された太田康介さんのインタビューの後半です。人気漫画『夜廻り猫』(深谷かほるさん著、講談社刊)で、太田さんとぽーちゃんが取り上げられた経緯などについて伺いました。

 

写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』より

写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』より

 

 

――『夜廻り猫』の漫画は私も知っていたのですけど、太田さんとぽーちゃんが取り上げられて漫画になって、というのはリアルタイムでは知らなかったです。

 

そうですね。『夜廻り猫』は、Twitterで連載しておられたんで、始まって3、4ヵ月くらいで気が付いたんです。読み始めたら、第60話過ぎくらいかな、5話連続で描かれている話がすごく良くて、感動したんです。子猫の重郎が登場した回なんですけどね。もう映画一本見たくらいの気持ちになって、あまりにも良かったんで、深谷先生に感想を書いて送ったんです。そしたら喜んで下さってね。

 

筆者注:太田さんが感動したのは、『夜廻り猫』第1巻の68話から72話にかけて描かれた物語。涙の匂いをたどって心に寄り添うためにやってくる夜廻り猫こと遠藤平蔵が、ある夜助けたのは、鳥に片目を奪われて命が尽きようとしている子猫。子猫を抱えては動きが取れず、縄張り争いが勃発する。平蔵を助けるのは同じく片目の孤高の猫・ニイと、伝説の長老猫・重郎。みんな生き延びた喜びの新年会で、子猫に「親も目もなくしてもおまえは生き抜いた。そして誰も殺していない。なんと美しいことだろう」と語りかける重郎は、子猫に自分の名前「重郎」を与えた。

 

――そこからなんですね。

 

はい、そのうち、何かのことで僕が福島のことをやっているってことも知ってくださって。深谷先生は福島の方なんですね。それで関心を持ってくださって、最初に出た『夜廻り猫』の本のカバーの裏に、ぼくの写真集『のこされた動物たち』『待ちつづける動物たち』『しろさびとまっちゃん』を絵で描いてくださったんです。

 

――わ~、嬉しいですね、すごいですね。

 

青山で個展をされたときに初めてお会いして、サインいただいたりしてね。そのあと、伊勢丹の相模原店の企画で、「読者のみなさんの飼い猫とか飼い犬のエピソードがあったら、寄せて下さい。抽選で夜廻り猫の漫画にします」というのが始まったんです。誰でも応募してよくて、だから、僕はぽーの話を書いて送ったんです。それが採用されて、まず一話が出来たんです。

 

筆者注:太田さんが応募したのは、伊勢丹相模原店の初売り企画「夢袋 夜廻り猫登場権」で、これに採用されたことを喜ぶ太田さんのブログにはこう書かれていました。

 

内容は2年前に亡くなった

私のTNR第一号の ぽーのエピソードでした

やさしい猫だった ぽーを

深谷先生はみごとに再現して描いて下さった

そして

飼い主の気持ちも考え救ってくださる内容でした

感動感謝 お礼の言葉もありません

 

「やさしいねこ」写真展最終日の様子。左下は本にサインする著者・太田康介さん=撮影・松中みどり

「やさしいねこ」写真展最終日の様子。左下は本にサインする著者・太田康介さん=撮影・松中みどり

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、太田康介さんインタビュー後半の全文とともに、写真展会場に飾られていた太田さんのお連れ合いの言葉などを紹介します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■『夜廻り猫』に登場したぽーが、すごく可愛いかった(笑)。すごい人気が出て

 

■もう、お腹を減らしてるっていうのに一番反応するんです。それがかわいそうで

 

■太田さんにTNR活動を教えてくれた今はもうこの世にいないやさしいねこ・ぽー

 

■ぽー、ごめん。君は最強だった。だから「やさしいねこ」になれたんだね

 

 

<写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』>
著者:太田康介
出版社:扶桑社
発売日: 2017/10/18
単行本(ソフトカバー): 112ページ
ISBN-10: 4594078346
定価:1,188円(1100円+税)

 

<関連リンク>
太田康介さんブログ「うちのとらまる」
http://uchino-toramaru.blog.jp/
Amazon販売ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4594078346/
ギャラリーパウパッドブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gallerypawpad

 

太田康介 関連記事:

⇒すべて見る

 

※写真エッセイ『やさしいねこ うちの ぽー』をアイデアニュース有料会員3名様に抽選でプレゼントします(うち1冊は太田さんのサイン入りですが、どれが当たるかは選べません)。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月27日です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主催。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. Taka より:

    ぽーちゃんの記事、途中から滲んで読めなくなりました(^^;
    猫好きにはたまらないお話しですね。
    サイン入りが当たりますように!

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.