大阪で「クリスマス・オルガンコンサート」出演、コロンえりかインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

大阪で「クリスマス・オルガンコンサート」出演、コロンえりかインタビュー(上)

筆者: 米満ゆうこ 更新日: 2017年12月1日

 

透き通るような美しい歌声で観客を魅了するソプラノ歌手コロンえりかさん。ベネズエラで生まれ、日本で育ち、英国王立音楽院声楽科修士課程を卒業後は、日本をはじめ世界各国の舞台に出演しています。2015年には、演出家・野田秀樹と指揮者・井上道義がタッグを組んだオペラ「フィガロの結婚」でバルバリーナ役を務め、その可憐な歌声を記憶に留めている人も多いのではないでしょうか。2017年12月23日に大阪市中央区のクラシック音楽専用ホール「いずみホール」で開かれる「クリスマス・オルガンコンサート」に出演するコロンさんに、コンサートの魅力をはじめ、生い立ちや、ベネズエラの音楽教育プログラムなどについて話を聞きました。

 

コロンえりかさん=撮影・米満ゆうこ

コロンえりかさん=撮影・米満ゆうこ

 

 

――コロンさんは、ベネズエラ・ボリバル共和国生まれで、10歳のときに日本に移住されたそうですね。

 

当時のベネズエラの政権が混乱していて、カラカスで暴動が起きたんです。私と家族が住んでいる地区が暴動の最前線で、自宅の前で銃撃戦が繰り広げられる状況でした。私の父は国立音楽大学の学長をしていたのですが、子供の命を守るには国から出たほうがいいという判断をして、日本に来ました。

 

――コロンさんは作曲家のお父様がベルギー人で、ソプラノ歌手のお母様が日本人です。いきなり日本に来て言葉など大変だったのではないですか。

 

そうですね。いじめとか色々経験しました。こういう外見ですが、今は日本人という気持ちです(笑)。

 

――もともとご両親の仕事の関係で音楽はいつも周りにあったのですよね。いつから歌手になりたいという気持ちが芽生えたのでしょうか。

 

6歳のときに初めて両親がかかわっている舞台に出演しました。家がそういう環境でしたから、特に意識もせず、子役としてちょこちょこオペラや、リサイタルなどの公演に出ていたんです。音楽について、きちんと考えるきっかけとなったのは、阪神大震災ですね。そのときに、目に見えるものの大切さと、それ以上に目に見えないものの大切さや力をすごく感じて。

 

音楽はお腹をいっぱいにすることは出来なくても、もっと深いところで人間が求めているものに対して、答えを与えてくれると感じました。自宅は全壊しましたが、色んな避難所で歌を歌いながら、それを感じて、音楽の道を真剣に目指すようになりました。当時15歳でしたが、震災の怖さはとても言葉では表現しきれなくて、自分の経験をかみ砕いて表現できたのは、音楽だったんです。

 

東日本大震災のときも、私の体験と被災地の子供たちが重なり、ベネズエラで始まった「エル・システマ」という音楽プログラムが日本で出来ないだろうかと模索しました。現在代表を務める菊川さん始め、多くの方の力のもと、エル・システマジャパンが立ち上がって6年になります。私は子供たちと演奏するだけでなく、子供たちの成長を見守りながらスペシャルアドバイザーとして関わらせて頂いています。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、コロンさんがライフワークとして歌っている長崎の浦上天主堂で被爆したマリア像をモチーフにした歌「被爆マリアに捧げる賛歌」が誕生した過程や、お父様のエリック・コロンさんが「被爆マリアに捧げる賛歌」を作曲した時にコロンさんが見た不思議な夢などについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。12月2日掲載予定のインタビュー「下」では、コロンさんが10歳のときに日本に移住し、阪神大震災を経験して感じたこと、ベネズエラが混乱した状況の中にある今、それでも音楽の力を信じていることなどについて語ってくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■音楽で責任感や協調性、自己肯定感を作る「エル・システマ」

 

■音楽家は情が厚い人が多いので、色んな方が支えてくださる

 

■父に作曲を頼む夢を見たら「被爆マリアに捧げる賛歌ができた」と

 

■父は子供のころナチス侵攻があり、平和への思いを抱えて生きてきた

 

<クリスマス・オルガンコンサート>
【大阪公演】2017年12月23日(祝) 12:00開演/16:00開演(2公演) いずみホール
公式ページ
http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E019055-1.html

 

<関連リンク>
いずみホール
http://www.izumihall.jp/index.html
コロンえりか オフィシャルwebサイト
http://www.erikacolon.com/index.html

 

コロンえりか 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※コロンえりかさんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。この下の応募フォームからご応募ください。応募締め切りは12月15日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

コロンえりかさん=撮影・米満ゆうこ

コロンえりかさん=撮影・米満ゆうこ

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>米満ゆうこ(よねみつ・ゆうこ) 大阪府出身。「アート」をテーマに国内外の舞台を中心に取材・執筆をしている。ブロードウェイの観劇は長期にわたり、脚本家や演出家、俳優たちに現地でも取材。作品を追っかけたり、芸術家にインタビューしたりすることが、原動力であり、救いにもなっていると最近、実感する日々。

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年12月掲載分
■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.