「女性に力を」、『トリニティ・アイリッシュ・ダンス』リードダンサーに聞く(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「女性に力を」、『トリニティ・アイリッシュ・ダンス』リードダンサーに聞く(上)

筆者: 米満ゆうこ 更新日: 2018年5月18日

 

民族衣装に身を包んだ若いダンサーたちが、ケルト音楽の演奏に合わせて空を飛ぶように軽やかにタップを踏んだり、それとは打って変わってモダンな衣装でタップの靴音だけでリズムを力強く刻んだり、多様な踊りを見せる『トリニティ・アイリッシュ・ダンス』。2018年6月から始まる待望の日本公演に先立ち、『トリニティ・アイリッシュ・ダンス』でリードダンサーを務めるアメリカ人のマリッサ・ウルスターさんに話を聞きました。

 

マリッサ・ウルスターさん=撮影・米満ゆうこ

マリッサ・ウルスターさん=撮影・米満ゆうこ

 

 

 

――マリッサさんは、5歳で「トリニティ・アイルランド・ダンスアカデミー」でダンスを始めたそうですが、きっかけは?

 

アメリカの私が育った街でアイリッシュ・ダンスの大きなフェスティバルがあって、姉と一緒に行ったんです。彼女がすぐに「トリニティ・アイルランド・ダンスアカデミー」に入り、ダンスを習いはじめて、帰宅すると私に教えてくれました。私も姉の真似をして踊ってみたらすぐに好きになったんです。それで、姉に続いてアカデミーに入りました。

 

――マリッサさんはアイルランドとはご縁があったのですか。

 

私の母の遠い先祖にアイルランド系の人がいます。

 

――マリッサさんは現在22歳で、ストリートダンスが世界中で大流行りしている時代に育っていますが、ほかのダンスに浮気することはなかったのですか(笑)。

 

私は子どものころ、とても不器用で運動神経が良くなかったので、両親がバレエを習わせました。バレエとアイリッシュ・ダンスは共通点が多くあり、方向転換するのは簡単でした。だから、浮気もせずにアイリッシュ・ダンス一筋ですね(笑)。

 

――マリッサさんは、ソロダンサーとして、アメリカ地域大会で優勝し、全米トップ10に進出。チームダンサーとしては、アイルランドとスコットランドの世界選手権で金メダルを獲得しています。競技用のダンスはリズムの正確性や技に加え、衣装や化粧、脚の色までも審査されると聞きました。

 

審査員はダンスやテクニックのみに集中して審査するべきですよね。アイリッシュ・ダンスが有名になってスペクタクル性を求められるようになると、皆、キラキラと輝く衣装を着たり、髪やメイクに凝ったり、きゃしゃな脚に見せようとしたりし始めたんです。でも、カンパニーによって違っていて、「トリニティ・アイリッシュ・ダンス」はもっと自然なルックスで、皆が持っている力強さなどを重要視しています。

 

――競技用のダンスをするときと、今回の来日公演などショーのためのダンスでは、心の持ちようは違うのでしょうか。

 

違いますね。競技用は、審査員と自分のために賞をかけて踊ります。カンパニーでは、ダンスが意味するもの、一つひとつの演目の整合性を考えながら踊ります。私は、競技用よりもカンパニーで踊るほうが合っていますね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『トリニティ・アイリッシュ・ダンス』に女性が多い理由や、音楽ある時のダンスと音楽がない時のダンスの違いなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。5月19日掲載予定のインタビュー「下」では、メンバー同士でどうやっていい関係を作っているかや、リズミカルなダンスとアクロバティックなダンスの使い分けなどについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■私たちのカンパニーでは「female empowerment(女性に力を)」をスローガンに

 

■音に関しては、つま先と踵で出す二種類の音があります

 

■クラシックとなった演目に加え、日本の観客のために新作も披露します

 

 

<『トリニティ・アイリッシュ・ダンス』>
【兵庫公演】2018年6月17日(日)14:00開演 兵庫県立芸術文化センター
【浜松公演】2018年6月20日(水)19:00開演 アクトシティ浜松
【東京公演】2018年6月23日(土)13:00開演/17:30開演(2公演)東急シアターオーブ
【横浜公演】2018年6月24日(日)14:00開演 神奈川県民ホール
【福岡公演】2018年6月26日(火)19:00開演 アクロス福岡
【熊本公演】2018年6月27日(水)19:00開演 熊本市民会館
【埼玉公演】2018年7月1日(日)15:00開演 ウェスタ川越 大ホール
【名古屋公演】2018年7月3日(火)18:30開演 日本特殊陶業市民会館
公演オフィシャルサイト
http://trinity-japantour.com/

 

 

トリニティ・アイリッシュ・ダンス 関連記事:

⇒すべて見る

 

マリッサ・ウルスター 関連記事:

⇒すべて見る

 

ダンス 関連記事:

⇒すべて見る

 

マリッサ・ウルスターさん=写真提供・キョードーマネージメントシステムズ

マリッサ・ウルスターさん=写真提供・キョードーマネージメントシステムズ

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>米満ゆうこ(よねみつ・ゆうこ) 大阪府出身。「アート」をテーマに国内外の舞台を中心に取材・執筆をしている。ブロードウェイの観劇は長期にわたり、脚本家や演出家、俳優たちに現地でも取材。作品を追っかけたり、芸術家にインタビューしたりすることが、原動力であり、救いにもなっていると最近、実感する日々。

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.