「エリザベートは徹夜で」、宝塚風メイクと衣裳の月城すみれさんインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「エリザベートは徹夜で」、宝塚風メイクと衣裳の月城すみれさんインタビュー(上)

筆者: 橋本正人 更新日: 2018年5月1日

 

宝塚歌劇・男役風の衣裳を日常的に着ていることで話題になり、テレビや新聞などでも取り上げられている男性、月城すみれさんにインタビューしました。神戸大学理学部を卒業後、京都大学の大学院に進んで修士課程を終了した彼が、このメイクとファッションに込めている思いについて伺いました。上下2回に分けて、ご紹介します。

 

月城すみれさん=撮影・橋本正人

月城すみれさん=撮影・橋本正人

 

 

月城すみれさんのことを、この記事の筆者(橋本)が知ったのは、宝塚歌劇好きな「ヅカ男子」が集まっているフェイスブックのグループで。月城さんはご自身を「土佐日記の、女もすなる男装といふものを男もしてみむとてするなり、というノリです」と書かれていて、いきなり土佐日記が出てくるところが面白いなと思って、取材させていただくことにしました。

 

インタビューは、2018年4月5日に、宝塚市内のアイデアニュース社で行い、写真撮影は宝塚大劇場前の「花のみち」などで行いました。

 

「普段から電車に乗る時も、宝塚男役の格好をしています」とおっしゃっていたので、駅の改札に迎えに行った時から撮影をさせていただきましたが、キラキラのスパンコールをつけた「黒燕尾」で、さっそうと電車から降りてきた月城さんは、別の青い燕尾服を入れたトランクを引きながら、日除けの傘をさし(男役とはいえタカラジェンヌに美白は大切)、さっそうと歩きます。

 

道ですれ違う人は、「え? なんの人? 宝塚の人?」という感じで、振り返り、交差点で立ち止まると、「写真を撮らせていただいてもいいですか?」と声をかけられます。

 

この日は、天気が良かったものの、崩れてくる可能性もあったので、インタビューより先に、「花のみち」に出かけて、撮影をしました。

 

橋本はこれまで、取材でタカラジェンヌのみなさんの撮影もよくさせていただきましたが、月城さんの背筋を伸ばして歩く姿などは、堂に入ったもの。ポーズ写真を撮る時の「目線の泳がせ方」などは、本物のジェンヌさんには及びませんが、それでも、こんなにも桜の花の下が似合う男性は、そういないなと思いながら撮影しました。

 

月城さんは、京都市北区内に本社のあるビルメンテナンス会社「テスコーポレーション」の社員で、1次産業から3次産業までを一貫して行う「第6次産業」分野への進出を目指すテスコーポレーションが、自家製の野菜などを卸している中華料理店「下鴨 塩見家とんとん」の営業を担当しており、この宝塚歌劇男役風のファッションで、お仕事をすることもあります。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、月城さんが大学で研究してきたテーマや、宝塚歌劇風のメイクをするようになったきっかけ、本物の宝塚歌劇を観て熱中した学生時代について語っていただいたインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。5月2日掲載予定のインタビュー「下」では、就職活動の中で月城さんが疑問に感じたことや、宝塚風ファッションで働ける就職先をどのようにして見つけたのか。現在の仕事の内容や、今後について話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■京大の大学院では、出生時の体重が成人後のBMIや血糖値に与える影響を研究

 

■バーのマスターをやらないかと言われて「月城すみれ」という名前に

 

■初めて観た宝塚は、月組『エドワード8世』と『Misty Station』

 

■燕尾服姿で当日券に並び『エリザベート』は徹夜。月1回通い全組観劇

 

<関連リンク>
月城すみれ 公式ページ
https://www.sumiretsukishiro.com/
月城すみれ Instagram
https://www.instagram.com/sumire585/
月城すみれ Facebook
https://www.facebook.com/sumiretukishiro
京都・下鴨「塩見家とんとん」
https://www.403tonton.com/
テスコーポレーション
https://www.tesu-ts.com/
諏訪ミュージカルスクール
http://suwamusicalschool.com/

 

月城すみれ 関連記事:

⇒すべて見る

 

宝塚 関連記事:

⇒すべて見る

 

※京都では「会えたら幸せになれる」という都市伝説まで生まれている、月城すみれさんの写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月15日(火)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

月城すみれさん=撮影・橋本正人

月城すみれさん=撮影・橋本正人

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年8月掲載分
■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.