「作品と演じる役に対する愛を大切にしたくて」、相馬圭祐インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「作品と演じる役に対する愛を大切にしたくて」、相馬圭祐インタビュー(下)

筆者: 吉野 淡雪 更新日: 2018年7月6日

 

2018年8月1日から12日まで、杉本彩さんと共に 、互いに初の2人芝居『いなくなった猫の話』に臨む相馬圭祐さんのインタビュー、後編です。有料会員限定部分には、相馬さんがこれまで、悪役や良い役や男娼の役(『Being at home with Claude~クロードと一緒に~』)を演じてきた中で、大切にしていることなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

2人芝居『いなくなった猫の話』メイキング映像より

2人芝居『いなくなった猫の話』メイキング映像より

 

 

——この物語に一番最初に触れたときの感想をお聞かせください。

 

まだ台本にさらっと触れただけなんですけど、ほぼ初見に近い今の段階だと、僕は小夜の方に感情が入るかな。一番心に残るものは“愛”なんですけど、そこでやっぱり自分は人間ですし…もちろん僕のやる“猫”の役にも愛はあるんだけれども、より自分が知っている方の感情としての愛の感情としては、人間である小夜にすごく移入する部分がありましたね。だから、これから自分の役を演じるにあたっては、きっともっとどんどんそっちサイドの感情を知っていかなくちゃならないし、知っていくことになると思うんですけど。

 

僕が演じる“猫型ハイブリッド”は、現実のこの世には存在しない生命なんですよね。SF作品なので。そこをやっぱり理解する作業っていうのは難しいと思うんですけど、でも、絶対知ってますもんね。愛っていう根底があって、そこを人間として捉えるのか、“ハイブリッド”っていう、まったく未知で知らないものから膨らますのかっていうだけの差であって、知ってはいるんで。絶対、その、寂しさっていうものとか、愛しさっていうものとか…なので、今そこをより、どうやってそこを大きく感じていくかっていうことを考えています。

 

——お相手の杉本彩さんは、相馬さんにとってどんな方ですか?

 

僕はまだ一回お会いしただけなんですけど…すごくオーラのある方で、緊張しますね。うん、きっと盗めるものというか、すごく勉強になることがこれからいっぱい出てくると思います。この舞台が決まった時、役者仲間に『杉本彩さんと共演することになったよ』って言ったら、それだけでみんな『見に行く、行くよ』って言いましたもん(笑)。そういう仲間達や、観に来てくださった方々が“杉本さんさすがだね、杉本さんよかったね”っていう感想を持ち帰るのは確実だと思うんですけど、僕はそれで終わらないように勝負をしていかないといけないし、緊張したり尊敬したりだけで終わっちゃ、やっぱりね、もったいないと思います。もちろん本当に素敵な方なので、だから、よけいにそう思うんですけど。

 

 

※こちらは、2人芝居『いなくなった猫の話』メイキング映像の1つです。

 

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、相馬さんがこれまで、悪役や良い役や男娼の役(「クロードと一緒に」)を演じてきた中で、大切にしていることなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■後にも先にもこういうシチュエーションあるのかなって思うぐらい新鮮な場所

 

■もがいて、探して、持ってきたものがはめられた時の快感は何にも代え難い

 

■日々変わる。それを楽しみと思えないと、この仕事をやってる意味がない

 

■猫耳で芝居ってラストチャンスかも。猫好きがやる猫の芝居を、楽しみにして

 

 

<Zu々プロデュース公演 森奈津子芸術劇場 第1.5幕 2人芝居『いなくなった猫の話』>
【東京公演】2018年8月1日(水)~12日(日) Performing Gallery and Cafe 絵空箱 (定員60名)
【相馬圭祐トークイベント上映会】2018年8月8日(水)、8月10日(金)、8月11日(土)

 

<関連リンク>
公式サイト
http://www.zuu24.com/gone_cat/
公式 twitter
https://twitter.com/mngg_zuu
カンフェティ
http://confetti-web.com/zuu-gone-cat/
イープラス
http://pmag.eplus.jp/BQEoCB
Performing Gallery & Cafe 絵空箱
http://esorabako.com/

 

<関連サイト>
相馬圭祐 Twitter
https://twitter.com/keisuke_soma86
相馬圭祐オフィシャルブログ「西陽で部屋の畳が焼けていく」
https://ameblo.jp/keisuke-soma

 

いなくなった猫の話 関連記事:

⇒すべて見る

 

相馬圭祐 関連記事:

⇒すべて見る

 

※相馬圭祐さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月19日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

相馬圭祐さん=撮影・NORI

相馬圭祐さん=撮影・NORI

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>吉野淡雪(よしの・あわゆき)  ライター インディーズバンドを主体とする音楽ミニコミ誌のライターをきっかけに文筆活動を開始。以降、ジャンルを問わず、独自の活動を続ける魅力的なアーティストのお手伝いとしてインタビューやレポートを執筆中。三度の飯より観劇が好き。心をゆさぶられると、ついつい書き残さずにはいられない性分で、そこから広がったご縁はなによりの宝物。実家の猫”ひな”5歳とは、ちょっとしたライバル。 ⇒吉野 淡雪さんの記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. のあのあ より:

    相馬くんのクロードと一緒には、大好きで衝撃的な作品でした。
    彼の全力の演技は心揺さぶられるので、今回の作品も楽しみです。
    猫の話がかわいくて、また常に愚直で謙虚で真摯な相馬くんの雰囲気が記事にもあらわれていて素敵でした。

  2. きりん より:

    素敵なインタビューありがとうございます!
    純粋にロングインタビューで取り上げてくださったことが嬉しかったです。
    愛猫の話にお芝居にまつわるお話などもたくさん聞くことができて大満足です◎
    舞台本格復帰から約1年。クロードでタッグを組んだZu々さん・古川さんと圭ちゃんが再びお仕事をされるのは個人的にやはり感慨深いものがあります。
    2人芝居に猫耳…初めてづくしのお芝居を濃密空間で楽しみたいと思います^^

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.