「この音楽を体現したい」、ミュージカル『BKLYN』長尾哲平インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「この音楽を体現したい」、ミュージカル『BKLYN』長尾哲平インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年9月8日

 

ブロードウェイミュージカル『BKLYN-ブルックリン-』が2018年9月19日(水)~9月24日(月)まで、東京・上野ストアハウスで上演されます。「EAST」と「WEST」2チームにて上演される今作の、「WEST」チームで「ストリートシンガー」を演じられる、長尾哲平さんに作品への思いを語っていただきました。

 

長尾哲平さん=撮影・伊藤華織

長尾哲平さん=撮影・伊藤華織

 

 

――『BKLYN』というミュージカルとの出会いは?

 

僕、もともと「ブルックリン」っていう名前が好きなんですよ。23歳のときにニューヨークに行ったんですけど、そのときブルックリンに行って、街の風景とか人、本当にいろんな人たちが居て、その空気がすごい好きだったんです。その時はなにかこう、いろんな時代や背景を感じていたんだろうなと。

 

――ブルックリンという街の歴史を?

 

多分そうじゃないかなって。それで「ブルックリン」という街が、まず印象に残って。ミュージカルの『BKLYN』は、11年前(2007年)に石井一孝さんたちが演じられてるのを、なにかのサイトで見たのが作品を知ったきっかけです。それは、最初は僕がブルックリンという街が好きで、「ブルックリン」と名の付くものに、そもそも興味がいっていたから(笑)。それで、『BKLYN』っていうミュージカルあるんだ! と思って内容を見てみると、ブルックリンという華やかな名前とは裏腹に奥深い作品だな、と。演出の奥山寛さんとも話してたんですけど、改めていろんな形の愛があって、すごい深い作品だと。

 

登場人物のそれぞれって、実は全員ホームレスなんです。そのホームレスたちが、日銭を稼ぐために劇をするという、劇中劇のスタイルで進んでいくミュージカルです。そこに出てくる人間たちがどこまで真実なのかというのは、お客さまにお任せしている部分もあるんです。そして、本当に真実なのはある人物だけ。逆に言うと、全てが真実にもみえる。だからこそ、お客様が登場人物一人一人に感情移入出来ると思うんです。

 

大切なもののために、何かを失わなきゃいけないとか、失ったものが大きすぎると、人によってはこう、道を逸れちゃったりもするじゃないですか、薬だったり、犯罪だったりに。人ってそういう弱いものだと思うんです。だけど、大切な人が居るからこそ頑張れる人も居たり、大切な人だからこそ、その人に「なんでなの?!」って怒ったりとか、なんか本当にそういうものがこの作品には凝縮されていて。だから、それを伝えるのは難しいと思うんですけど、そういう本当に深い作品だなというのを、最初に観たときに感じたんです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ゴスペルをずっとやってきて、差別が好きじゃなくて、ブラックミュージックに憧れてきたという長尾哲平さんの「ブルックリン」という街への思いと、「え?!なにこの曲たちは!」と思ったという『BKLYN』の音楽などについて伺ったインタビュー前半の内容と写真を掲載しています。9月9日(木)掲載予定のインタビュー「下」では、この作品で共演する吉田純也さん、青野紗穂さん、エリアンナさんについて語ってくださったお話など、インタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■サラッと言ってるけど、そこにストリートシンガーの人生がにじみ出るように

 

■「やっぱり戦争って良くないよね」っていう話にも繋がったら良いなと思うんです

 

■誰かのせいとかでもなく、それでもHappy Endを信じよう、というお話なんです

 

■ゴスペルをずっとやってきて、『BKLYN』の音楽を聞いたとき「めっちゃ好き」って

 

 

<THE MUSICAL『BKLYN-ブルックリン-』>
【東京公演】2018年9月19日(水)~9月24日(月) 上野ストアハウス
脚本・作詞・作曲:マーク・ショーンフェルド&バリー・マックファーソン
演出:奥山寛
CAST:
RiRiKA/青野紗穂、エリアンナ/塚本直、尹嬉淑/香月彩里、染谷洸太/高橋卓士、長尾哲平/吉田純也

 

<関連サイト>
『BKLYN』公式サイト
https://www.scoreproduce.com/bklyn

 

<関連リンク>
長尾哲平 Twitter
https://twitter.com/Teppei1219
長尾哲平 東宝芸能オフィシャルサイト
https://www.toho-ent.co.jp/actor/profile.php?id=8899
Score Produce Twitter
https://twitter.com/Score_Produce

 

BKLYN 関連記事:

⇒すべて見る

 

長尾哲平 関連記事:

⇒すべて見る

 

※こちらはYouTubeの「Broadwaycom」チャンネルに掲載されている「Flashback: Opening Night of the 2004 Broadway Musical “Brooklyn” w/Eden Espinosa, Karen Olivo & More」です。音楽の雰囲気などを知るための参考用に共有させていただきます(アイデアニュース編集部)。

 

 

※長尾哲平さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月8日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

長尾哲平さん=撮影・伊藤華織

長尾哲平さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.