紅ゆずる、謎多き美丈夫を鮮やかに 宝塚星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

紅ゆずる、謎多き美丈夫を鮮やかに 宝塚星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』

筆者: 中本 千晶 更新日: 2018年9月3日

 

8月31日、宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy  東離劍遊紀』(サンダーボルトファンタジー とうりけんゆうき)と『Killer Rouge/星秀☆煌紅』(アメイジングスター☆キラールージュ)が、大阪・梅田芸術劇場にて初日の幕を開けました。本作は東京・日本青年館での公演を経て、10~11月の台湾公演でも上演される予定の二本立てです。

 

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

 

 

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』、通称「サンファン」は、台湾と日本の奇跡のコラボレーションによって誕生した「武侠ファンタジー人形劇」。原案・脚本・総監修を担当したのは、アニメ・ゲーム界で幅広く活躍する日本の人気シナリオライター・虚淵玄(うろぶちげん・ニトロプラス)さん。元々は、虚淵さんが台湾の伝統芸能「布袋劇」の映像に惚れ込んだことが誕生のきっかけでした。2016年7月よりテレビ放映され、まったく新しいタイプの映像作品として話題を呼びました。

 

その「サンファン」の舞台化にタカラヅカが挑みます。布袋劇の伝統技術を駆使して生み出された美しい人形が創り出す世界をタカラヅカがどのように見せるのかが注目されましたが、その再現度の高さには目を見張らされました。梅田芸術劇場のロビーには各キャラクターの人形も展示されているので、ぜひ見比べてみてください。

 

脚本・演出を担当するのは、タカラヅカの演出家の中でもとりわけ「2.5次元」への造詣が深いことで知られる小柳奈穂子さん。もともと原作のテレビ番組にも関心が高かったという小柳さんだけに、原作の「ここが見たい」という部分をうまく取り込みつつ根底に流れるテーマをきちんと伝え、原作へのリスペクトを感じさせる90分の舞台にうまくまとめ上げられています。ビジュアルはもとより殺陣、映像使いなどの見どころも満載です。

 

紅ゆずる(くれない・ゆずる)さん演じる謎多き美丈夫・凜雪鴉(リンセツア)。初めて原作を見たとき「これは紅さんそのもの」と驚きましたが、まさにその期待どおり。前半は飄々と軽やかに、しかし後半は意外と気骨あるところを見せます。そのギャップが鮮やかで凜雪鴉という人物の底のしれない魅力を感じさせられました。

 

 

■人形のような可愛らしさの丹翡役、綺咲愛里。礼真琴は爽やかに捲殘雲を

 

聖剣「天刑劍」を守る護印師の娘・丹翡(タンヒ)を演じた綺咲愛里(きさき・あいり)さんは、まるで人形がそのまま大きくなって動いているかのような可愛らしさ。プライドの高い世間知らずなお嬢様ですが、そのお嬢さまパワーで周囲の男たちを振り回していく様が気持ち良く感じます。

 

血気にはやる若者・捲殘雲(ケンサンウン)を演じる礼真琴(れい・まこと)さんは、いずれも一癖ありそうな男たちの中でただ一人表裏のない爽やかな役所で、作品全体のムードメーカー的存在です。二番手の礼さんをこの役にキャスティングし、サブストーリーとして捲殘雲の成長物語をしっかり見せることで、作品全体がより明るく希望を感じさせるものになっていました。

 

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、公演レポートの後半と、大きなサイズの写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出しと写真>

 

■酸いも甘いも噛み分けた大人の男の色気を感じさせる七海ひろきの殤不患

 

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

 

■殺人鬼の役に徹した麻央侑希。弓の名人役の輝咲玲央はブレイクの予感

 

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

 

■天寿光希はラスボス、蔑天骸を妖しく。その右腕は若手の天華えまと有沙瞳

 

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

 

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』より=撮影・橋本正人

 

 

<宝塚星組公演『Thunderbolt Fantasy  東離劍遊紀』『Killer Rouge/星秀☆煌紅』>
【大阪公演】2018年8月31日(金)~ 9月6日(木) 梅田芸術劇場メインホール
【東京公演】2018年9月13日(木)~ 9月24日(月) 日本青年館ホール
【台湾公演】2018年10月20日(土)~ 10月28日(日) 國家兩廳院 國家戯劇院
【台湾公演】2018年11月2日(金)~ 11月5日(月) 高雄市文化中心 至徳堂

 

<公式サイト>
日本公演
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/thunderboltfantasytourikenyuuki/
台湾公演
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/taiwan/

 

 

宝塚 関連記事:

⇒すべて見る

 

星組 関連記事:

⇒すべて見る

 

台湾 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>中本千晶(なかもと・ちあき)/フリージャーナリスト。兵庫県生まれ、山口県育ち。東京大学法学部卒業後、株式会社リクルートに勤務ののち独立。舞台芸術、とりわけ宝塚歌劇に深い関心を寄せ、独自の視点で分析し続けている。宝塚歌劇関係の著作に『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』『宝塚歌劇は「愛」をどう描いてきたか』(いずれも東京堂出版)など。「日経MJ」「朝日新聞デジタル」でも、舞台関連の記事を執筆中。NHK文化センター講師、早稲田大学非常勤講師。⇒中本千晶さんの記事一覧は、こちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.