「一癖ある人々が集い、謎が謎を呼ぶ」、舞台『+GOLD FISH』ゲネプロ写真 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「一癖ある人々が集い、謎が謎を呼ぶ」、舞台『+GOLD FISH』ゲネプロ写真

筆者: 達花和月 更新日: 2019年5月15日

 

西田大輔さん作・演出による、本格派ミステリ作品『ONLY SILVER FISH』の第二弾、『+GOLD FISH』が、2019年5月10日(金)から5月19日(日)まで、東京・紀伊國屋ホールで上演中です。本作は、2018年1月紀伊國屋ホールで舞台版を上演、同年11月24日に映画公開となった映画&舞台の連動プロジェクト『ONLY SILVER FISH』シリーズのもう一つのお話です。「一癖ある人々が集い、謎が謎を呼ぶ」舞台。遅くなりましたが、開幕前に行われたゲネプロを撮影させていただきましたので、写真でご紹介します。

 

『+GOLD FISH』ゲネプロより=撮影・達花和月

『+GOLD FISH』ゲネプロより=撮影・達花和月

 

 

<メディア向け資料より>

 

2018年1月に紀伊國屋ホールで舞台版が上演され、昨年11月24日に映画が公開となった映画&舞台の連動プロジェクト『ONLY SILVER FISH』シリーズのもう一つのお話、『+GOLD FISH』(プラスゴールドフィッシュ)。

 

本作は、舞台『ジョーカー・ゲーム』や『どろろ』などを手がける人気舞台演出家・西田大輔が描く本格派ミステリ作品『ONLY SILVER FISH』の第2弾作品。2013年に紀伊國屋ホールで上演された際は、ミステリ仕立ての音楽劇だった舞台を、再演に際して“上質なミステリ”をテーマに、新たなワンシュチュエーション会話劇として上演します。

 

イキウメ、二兎社、劇団☆新感線等に出演し、注目され、最近映画・CMなどでも活躍する清水葉月、映画『ONLY SILVER FISH -WATER TANK OF MARY’S ROOM』で主演を務めた松田凌がW主演を務めます。

 

その他の出演者は、雑誌「JJ」の専属モデルも務め、舞台での活躍も著しい樋口日奈(乃木坂46)、ミュージカル『「刀剣乱舞」~結びの響、始まりの音~』の伊万里有、『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』の神永圭佑、今年の「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」で18位にランクインした高柳明音(SKE48)、斬劇『戦国BASARA』シリーズの黒田官兵衛役の伊藤裕一、2010年に自身プロデュースの二人芝居ユニット「ナシュラン家」を旗揚げした西丸優子、劇団「柿食う客」と平田オリザが率いる劇団「青年団」に所属する大村わたる、小林賢太郎作品にも多数出演する、コントユニット「親族代表」の竹井亮介、演劇ユニット「時速246億」主宰、「あさりど」の川本成、「劇団☆新感線」劇団員の粟根まことと、多彩な顔触れが競演。

 

 

<あらすじ(公式ページより)>
「ねえ…あなたならどうする?一つだけ振り返る事ができるとしたら…。たった一度だけ…大切な過去を…」。イギリスの片田舎にある古い洋館に集まった12人の男女。彼らは《オンリーシルバーフィッシュ》の本当の名前を知るため、とあるミステリ小説の謎を解いてこの洋館を訪れた。その魚の本当の名前を知ることで、過去を振り返ることができると言われているのだ。しかし、魚の名前を知る権利が与えられるのは、たった一人だけ。洋館の主の言葉に従い、その一人を決めるべく投票が行われることとなったのだが、そんな中、隣町から逃れた“殺人犯”が洋館に紛れている可能性が浮上し…。偶然居合わせた考古学者の青年を巻き込み、物語は誰もが予想できなかった結末を迎える。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、無料ページに掲載したもの以外の写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■『+GOLD FISH』ゲネプロの写真

 

 

<舞台『+GOLD FISH』>
【東京公演】2019年5月10日(金)~19日(日) 紀伊國屋ホール
公式サイト
https://www.mmj-pro.co.jp/goldfish/

 

 

『+GOLD FISH』 関連記事:

⇒すべて見る

 

『ONLY SILVER FISH』 関連記事:

⇒すべて見る

 

『+GOLD FISH』ゲネプロより=撮影・達花和月

『+GOLD FISH』ゲネプロより=撮影・達花和月

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.