「青二才感はあると思います」、『絢爛とか爛漫とか』安西慎太郎インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「青二才感はあると思います」、『絢爛とか爛漫とか』安西慎太郎インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年8月19日

 

舞台『絢爛とか爛漫とか』が2019年8月20日(火)から9月13日(金)まで、DDD青山クロスシアターで上演されます。舞台は昭和のはじめ、登場人物は4人の若き文士たち。あまたのカンパニーが繰り返し上演してきた作品を、1993年に初演を手がけた鈴木裕美さんが再び演出します。安西慎太郎さんが古賀大介役を、鈴木勝大さんが泉謙一郎役を、川原一馬さんが加藤常吉役を、加治将樹さんが諸岡一馬役をそれぞれ演じます。稽古がはじまって4日目、立ち稽古を始めた稽古場を訪れ、安西さんにお話を伺いました。

 

安西慎太郎さん=撮影・岩村美佳

安西慎太郎さん=撮影・岩村美佳

 

 

――稽古がはじまって、ご自身の感覚としては今どんな感じですか?

 

最初に思うのは(演出の鈴木)裕美さんの話ですが、本読みもそうですし、今日の立ち稽古を経て、こんな言い方を役者がするのはダサイんですが(笑)、個人的なことをいうと、とてもひとりの役者として学ぶことが多いです。一番は裕美さんの戯曲に対しての真摯な姿勢です。ひとつの物語を届けるにあたり、今必要なことをやっているのが、楽しいし、おもしろい。そういう風に裕美さんが思わせてくださるので、とても濃厚な時間を過ごしています。

 

――鈴木(裕美)さんとのお稽古を熱望されていましたね。

 

そうなんですよ。演劇を愛しているということは、すでに感じています。

 

――今まで、いろいろな舞台を経験されて、いろいろな演出家の方ともお仕事をされてこられたと思いますが、鈴木(裕美)さんは何がそんなに違いますか?

 

違いというよりも、どの演出家さんもやられていることではありますが、台本を丁寧に読み解くこと、戯曲に埋まっている“言葉”という宝物を掘っていく作業で精密に作り上げることはしたことがなかったので。そこが一番の違いですね。

 

――鈴木(裕美)さんとお話をされていて、「ここは!」と思うようなことはありましたか?

 

台本読解です。

 

――今まで普通になっていたけれど、役を演じるために紐解いていくときに、当然やるであろうことを改めて、本当に大事なことだなと思い返すような?

 

まさにそうです。舞台もそうですが、「本を読む」という読解力が一番大切なのではないかなと思っています。もちろん、必要なことはいろいろありますが、まずはこれができないといけない、ここからがスタートラインだと、すごく感じました。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、稽古場での共演者の間での役割分担や古賀大介役とご自身について伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。20日掲載予定のインタビュー「下」では、『TRUMP』シリーズの『COCOON 月の翳り星ひとつ』公演を終えてのお話なども伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■(4人は)とてもバランスがいいのではないか、必要なパーツをもった人たちが集まった

 

■和ませてくれるのは加治さん、僕は青二才感(笑)

 

■今までやってきた役のなかで一番自分に近い、パーソナル的な部分は少し近い

 

■(自分に近いタイプを演じるのは)難しい、逆に変な感覚になる

 

 

<『絢爛とか爛漫とか』>
【東京公演】2019年8月20日(火)~9月13日(金) DDD青山クロスシアター
公式サイト
http://kenran.westage.jp

 

<関連リンク>
舞台『絢爛とか爛漫とか』
http://kenran.westage.jp
安西慎太郎オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/anzaishintaro/
安西慎太郎staff Twitter
https://twitter.com/anzaistaff

 

 

絢爛とか爛漫とか 関連記事:

⇒すべて見る

 

安西慎太郎 関連記事:

⇒すべて見る

 

※安西慎太郎さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月19日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

安西慎太郎さん=撮影・岩村美佳

安西慎太郎さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ゆい より:

    この度は素敵な記事をありがとうございます、いつも楽しく拝見しております。
    安西さんは役の特徴や物語における役割を深く追求されたうえで、物語の登場人物に「人間らしさ」を付加させるのがとても上手な印象だったので、最近演じられた中では恐らく最も普通の人間らしいであろう古賀という役に、固定概念を持ってしまいそうで怖いという感覚をもたれていたのが意外でした。
    安西さんらしい「役に対して思考を止めてしまわないように」という言葉が聞けたのがとても嬉しいです。
    深く掘り下げられたインタビューをありがとうございました。これからも素敵な記事を楽しみにさせていただきます。

  2. かえる より:

    素敵なインタビューをありがとうございます。
    安西くんの役作りやお芝居に対する考え方がとても好きで、インタビューを読むたびにいつも素敵な役者さんだなぁと感じます。
    深く掘り下げて訊いてくださっているので、そこに真剣に考えて向き合って答える姿や、言葉を聞くことができて、とても嬉しく思います。
    お写真も素敵です。(下)の記事も楽しみにしています。

  3. みほこん より:

    役が自分に近いと普通はそこを強みに感じるのが自然で、そこで思考が止まってしまいそうだと言う安西さんがとてもらしいというか、大好きなところです。
    似ているから、こうだではなく、その物語のその役そのものを演じようとするが所以かもしれないですね。
    素敵な記事をありがとうございました!記事これからも楽しみにしています。舞台も楽しみです。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.