「君のために死ねると信じさせてくれる。ふたりとも」、加藤和樹&小西遼生対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「君のために死ねると信じさせてくれる。ふたりとも」、加藤和樹&小西遼生対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年11月14日

 

2020年1月8日(水)から2月24日(月)まで東京・愛知・大阪で上演されるミュージカル『フランケンシュタイン』にアンリ・デュプレ/怪物役で、ダブルキャストで出演する加藤和樹さんと小西遼生さんのインタビュー、後半です。おふたりのそれぞれのアンリと怪物を、どう思っていたか、ふたりのビクターについてどう思っていたか、この作品のテーマと魅力、再演にどう取り組むかなどについて伺いました。

 

加藤和樹さん(左)と小西遼生さん(右)=撮影・岩村美佳

加藤和樹さん(左)と小西遼生さん(右)=撮影・岩村美佳

 

 

――お互いの役はご覧になりましたか?

 

加藤:観ますよ。

 

小西:もちろん。

 

――おふたりのそれぞれのアンリと怪物をどう思っていましたか?

 

小西:途中からは観ていないもんね。本番に入っちゃって。

 

加藤:そうですね。

 

――稽古の最後の記憶ではいかがでしょうか。

 

加藤:やはり自分とは違うアンリだし怪物がいたという、その真っ直ぐさですね。僕はすごく印象的なのは、遼生さんの目のお芝居の強さだったり、目で語るものがすごくあるなと。それはアンリがビクターを見る目線もそうだし、怪物としてビクターを見る時の目がまるで違うんですよ。舞台、遠く離れているところでもわかるぐらいの力をすごく持っているから、これはもう強みというか、真似できないものだなと。真似しようと思ってもやはりできないですし。それはすごく印象的な二面性、アンリと怪物でしたね。

 

小西:(照れながら)ありがとうございます(笑)。

 

加藤:いえいえ(笑)

 

小西:稽古中から見せてくれるものを参考にしているところも結構あって。自分と違うからこそ「あ、そういう風にこの役を作れるんだ」という部分とか。すごく良いなと思うのは、和樹は結構昔気質(かたぎ)な感じなんですよ。コツコツと時間をかけてじっくりコミュニケーションもするし、役も作っていくし、それが真っ直ぐなんですよね。

 

――加藤さんご自身の気質ですね。

 

小西:そう。稽古中から見たり、参考にしたりしてると、やはり魅力的なんですよ。説明しづらいですが、あの役をやっている和樹は魅力的なんです。普段の和樹をそこまで知らなくて、ご飯をよく作ってきてくれる“お母さん”の和樹しか知らないから(笑)。

 

加藤:そうですね(笑)。

 

小西:対照的ですが、すごく似ているなと思うところもちょっとある気がしています。その似ているところを役にした時に、消化の仕方が全然違うんです。普段の根は、ふたりともそんなにワッと明るいほうじゃないですね。

 

――どちらかというと“陰”ですよね。

 

加藤・小西:そうですね。

 

小西:でも、和樹が役を演じている時はエネルギッシュで、エネルギーを外に出せるタイプなんですよ。僕は沸々とやっていて、ある瞬間にワッと出すところはある。思いっきりワッと行っちゃうのも素敵なんだなって、いいなぁって、見ながら思っていました。

 

――ということですが、加藤さんいかがですか?

 

加藤:いやぁ、もう嬉しいです。照れますね。

 

 

<取材協力>
加藤和樹さんの衣裳
Kazuki Nagayama(STUDIO FABWORK 03-6438-9575)

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、加藤さん自身と小西さん自身の似ているところと似ていないところ、ふたりのビクターについてどう感じていたか、再演への思いなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■小西:僕のほうが最初に誰にでも行くんですが、意外と壁があるから(現場全員笑)

 

■小西:前回葛藤したのは友情物語をどこまでやるか。思想や信念の話だとも思う

 

■加藤:アンリとしては、このために生きてきたと言っても過言ではないものがある

 

■加藤:孤独をみんな感じているから、“孤独感の共感、共有”が好きなんだと

 

■加藤:「前回より良かったね」と言われるように 小西:期待以上のものに

 

 

 

 

<ミュージカル『フランケンシュタイン』>
【東京公演】2020年1月8日(水)~1月30日(木) 日生劇場
【愛知公演】2020年2月14日(金)~2月16日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
【大阪公演】2020年2月20日(木)~2月24日(月) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/frankenstein2020/
特設サイト
https://www.tohostage.com/frankenstein/

 

<関連リンク>
ASSIST|加藤和樹Official Web Site
http://www.katokazuki.com/
加藤和樹オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/katokazuki-blog/
加藤和樹Twitter
https://twitter.com/kazuki_kato1007
小西遼生 公式サイト
https://konishiryosei.com/
小西遼生 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/
小西遼生オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/ryosei_konishi_official/
小西遼生&スタッフ公式Twitter
https://twitter.com/ryosei_konishi

 

 

フランケンシュタイン 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※加藤和樹さん&小西遼生さんのサイン入りチェキ写真を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月13日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. マヒロ より:

    いつも素敵なお写真とインタビュー記事をありがとうございます。再びアンリと怪物に向き合うお二人の想いや気持ちに再演の幕開けが益々楽しみです。

  2. りえ より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    上下の記事でお二人の役への考え方、
    それぞれのビクターへの考え方がよくわかり、
    さらに観劇するのが楽しみになりました。
    4組とも観る予定なのでそれぞれの違いを
    楽しみたいです。

  3. yso より:

    いつも素敵はインタビュー記事ありがとうございます。
    今回の記事は小西さんと和樹さんの関係性や個性の違いがよくわかり、興味深かったです。
    フランケンシュタインの再演初日が益々楽しみになりました。

  4. ささっぱー より:

    この作品がほとんどの方が同じ役で再演されるとは思ってもいませんでした。
    再演というものの難しさは一観客の思う以上にあると思います。
    何か変わるのか または変わらないのか とても楽しみにしております。

  5. かなみかな より:

    来年も楽しみな作品です。初演では日生だけで終わりきれず、大阪、大楽の名古屋まで行きました。来年は日生だけで我慢出来るかと思ってましたが無理そうなので柿澤小西回の大阪楽を抑えてしまいました…こちらのインタビューは役者さんの表に出さないけど知りたい部分を文字にして頂けるので、自分の解釈がどっちなんだろうと思う時に助かります。開幕してからもインタビューをして頂けたら嬉しいです。

  6. ことり より:

    今回もとても読みごたえのあるインタビューでした。いつも、それが知りたかった聞きたかったということを聞き出してくださって本当にありがとうございます!一度ゼロに戻して新たに作り上げられるフランケンシュタイン、ますます楽しみになりました♪

  7. りんりな より:

    今回も前半後半、興味深く読ませて頂きました。コツコツ、自分でシャーチューから全て作り込む一本気な加藤さんと、鳥瞰とミクロの目を持ち、俯瞰して物事に当たる小西さんの役へのアプローチが良く見えて、こんなインタビューはやっぱり岩村さんだから引き出せるんだよな〜と、とても面白く読ませて頂きました。今度のフランケンではどんな感想を自分が持つのか、更に楽しみになりました。

  8. ゆう より:

    前半に続き後半も読ませていただきました。
    インタビューされた方が作品を愛して下さってるのがわかる掘り下げ方、話の広げ方で聞きたかったお話をありがとうございます。
    再演への期待が更に高まるインタビューでした。

  9. おず より:

    岩村さんならではのフランケン愛に溢れたインタビューになっていて読み応えがありました。お二人の真摯な役作りを知ることができて1月の観劇がますます楽しみです!

  10. クリスン より:

    いつも良質な記事と素敵なお写真をありがとうございます!
    Wビクターの話など、とても読み応えのある内容でした。
    来年のパワーアップしたフランケンシュタインの再演を、心待ちにしています。

  11. 雅美 より:

    (下)も素敵なインタビュー記事ありがとうございます。再演に対する熱い思いを引き出すインタビュー、読んでてますます楽しみです。またまたお写真が素敵で☆
    観る側は自由に、とのお二人の言葉ですが、気持ち新たに観劇したいと思います。期待以上のものを期待して(笑)来年まで待ちたいと思います。

  12. りい より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。壁の話やそれぞれの役作り、Wビクターの話から私達観る側の話題など、とても読み応えのある記事でした。フランケンシュタイン、観られる日を楽しみにしています。

  13. りかりん より:

    さすが岩村さんのインタビューという気がいたしました。フランケン愛がなくてはお二人からこんな素敵なお話を引き出していただけないのでは?と感激です。役のお話だけでなく、普段の加藤さんの様子なども小西さんから出たり、たいへん嬉しい記事でした。ありがとうございます。

  14. ぽち蔵 より:

    ものすごく納得しながら読みました。
    そして、お二人の真摯な姿が伝わってきてとても良かったです。
    ありがとうございました。

  15. ロゼ より:

    壁のお話を引き出してくださってありがとうございます(笑)
    孤独が好きな男の人が好きなお客…
    言われてみれば、確かにそうかも。
    非現実の舞台に生きるキャストの方と同じ時間を共有して、感じられるものに価値があるから高いお金を支払う。
    贅沢な時間を、また崇高なフランケンシュタインで共有が出来る喜び。
    是非とも稽古中も取材をお願いします。

  16. まみろう より:

    読み応えのある記事でした。
    おふたりとも、真摯に作品に向き合っておられるのがよく伝わってきます。
    上演がますます楽しみになりました(^^)
    ありがとうございます。

  17. みゆき より:

    小西さんと加藤くんの対談ありがとうございました。
    「フランケン愛」溢れる岩村美佳さんだからこその質問は「そこが知りたかった!」と思うものばかりで嬉しくなりました。
    お稽古が始まったら、今度はメインキャスト個人でのインタビューも拝見したいです。

  18. みゆポン より:

    こんにちは。昨日に続き楽しく拝見させていただきました。
    壁のお話しがおもしろかったです。笑っちゃいました。
    見に行くのがますます楽しみになりました。
    ありがとうございました。

  19. あきしゃん より:

    素敵な写真と記事ありがとうございます
    来年が楽しみです。
    写真当たりますように


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.