「豪華ゲスト」で福井晶一 『Premium Birthday Live 2019』、「フルスイング」も披露 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「豪華ゲスト」で福井晶一 『Premium Birthday Live 2019』、「フルスイング」も披露

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2019年12月8日

 

福井晶一さんが2019年11月9日、東京のLIVING ROOM CAFE&DINNGで『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』を開催しました。ライブは二部構成で、第一部には濱田めぐみさんが、第二部は海宝直人さんが参加しました。『エビータ』『ジキル&ハイド』『アイーダ』『ジャージー・ボーイズ』などの名曲が披露され、濱田さんからのリクエスト曲として『エリザベート』の「私が踊る時」を福井さんと濱田さんがデュエットすると紹介された時には、客席から驚きの声が…。また、野球をされていた福井さんのために書き下ろされた朗読劇の中からオリジナル楽曲「フルスイング」が物語性豊かに披露されたほか、福井さんと海宝さんがデュエットした後には「近くで見たいでしょ?」と福井さんが海宝さんを連れて会場を回るなど、ゆったりとした空気のなかで贅沢な時間が流れました。オフィシャルのレポートが届きましたので、ご紹介します。アイデアニュース有料会員限定部分には、ライブを終えた感想を福井さんと濱田さん、福井さんと海宝さんにそれぞれ伺ったお話と、無料部分には掲載していないライブの写真6枚を掲載しています。(撮影・文:岩村美佳)

 

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

 

 

2019年11月9日(土)に、福井晶一さんが『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』を開催しました。会場のLIVING ROOM CAFE&DINNGは、温かみのあるインテリアが素敵なおしゃれな空間。美味しい食事を楽しんで、ライブでは福井さんの豊かな歌声を堪能する、贅沢な時間になりました。さらに、福井さんが「大事な節目節目でご一緒してきた豪華なゲスト」と紹介したおふたり、第一部の濱田めぐみさん、第二部の海宝直人さんとのデュエットは、ここでしか聞けないプレミアムな歌声でした。ライブの様子をお届けします。

 

バースデー翌日に開催された今回のライブ。「これまでに関わってくださった、応援してくれたすべての皆さんへの感謝の思いを込めたライブです」とご挨拶。第一部は“太陽”をイメージした「the sun of the Nile」、第二部は“月”をイメージした「Oh,What A Night」というオリジナルカクテルも用意されていました。ジャズスタンダードナンバー「Fly Me to the Moon」からスタートしたライブは、ピアノとパーカッションとヴァイオリンという、それぞれの音がシンプルに際立つ編成です。福井さんの艶やかで情感あふれる豊かな歌声を、ゆったりとした空気のなかで味わいます。福井さんが出演した『アメリカンラプソディ』でご一緒したジャズピアニストの佐藤允彦さんとのご縁で出演した愛知県岡崎市のジャズライブの話も織り交ぜて、大人の雰囲気の会場にあわせてセレクトしたナンバーとのことでした。2曲目は松田聖子さんの「SWEET MEMORIES」。小学生の時にCMで聞いた曲と当時を振り返りながら、大人になって聞くと染みる曲ですよねと語りかけました。

 

次は、『エビータ』メドレーです。「星降る今宵に」「飛躍に向かって」「空を行く」の3曲を立て続けて歌います。「星降る今宵に」では客席に近づいて愛を歌いかけたりも。アルゼンチンの景色が次々に浮かぶような、ドラマティックなナンバーが続きます。『エビータ』はアンドリュー・ロイド=ウェバーの作曲ですが、福井さんはロイド=ウェバー作品のなかでも一番好きだそうです。「ロック、クラシカル、いろんなジャンルの複雑な楽曲が入っていて、魔術をかけられているみたい」と話していましたが、この3曲だけでもその幅広さを感じる選曲です。『エビータ』は福井さんが劇団四季の研究所を出てすぐに出演した作品で、先輩方にいろいろ教わりながら、悔しい思いも嬉しい思いもたくさん経験した大切な作品とのこと。当時は踊りが苦手でしたが、激しいダンスがあり、毎日稽古して何とか頑張り、その努力が後の『キャッツ』に繋がっていったという秘話も話していました。さらに、「共にいてアルゼンチーナ」のなかで青年将校が歌う一節「つかのまの勝利に過ぎぬ~♪」という低音パートをオーディションで歌うことになり、当時初めて浅利(慶太)さんに声を認識してもらったとのエピソードも。この歌は1997年版『エビータ』CDに入っているそうです。

 

続いては、福井さんの2枚のCDに収録されている曲です。『Blessings~いつもそばに』に収録されている『ジキル&ハイド』から「時が来た」、『VOCE』に収録されている「ユー・レイズ・ミー・アップ」を続けて歌いました。CD製作をしていた当時に、故郷である北海道で地震が起こり、何か北海道に向けてメッセージを送れる曲をと「ユー・レイズ・ミー・アップ」を収録したお話も。もちろんただ曲を聴くだけでもそのメッセージは伝わってきますが、ご自身の思いをその言葉で伺うと、より深まります。福井さんのクリアな声が静かに広がっていく時間は、暗闇の向こうから差し込む光が降り注ぐ、美しくも力強いエネルギーに満ちていました。

 

そして、今回のハイライトのひとつだったのが、オリジナル楽曲「フルスイング」。この曲が出来たいきさつを説明すると、福井さんの出身校でもある舞台芸術学院演劇科の同期が集まった劇団ペテカン主宰・濱田龍司さん、同劇団員・四條久美子さん、シンガソングライター井上侑さんがパーソナリティーをされているラジオ『ミドラン』に福井さんが出演した際、ペテカン脚本・演出家の本田誠人さんが福井さんのために朗読劇を書き下ろしたそう。福井さんが高校まで野球をされていたことから作られたオリジナルストーリーで、プロ野球選手の引退を描いた切なく温かい物語です。その時に作った短いメロディを元に、ライブ用に作ってくれた曲だそうです。優しいメロディと福井さんの表現力で、一気に物語世界に引き込まれ、彼が懸命に生きた時間と、思うようには行かなかったやるせなさ、支えてきた家族の温かさに思いを馳せました。

 

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

 

 

続いては『アイーダ』コーナー。力強い「勝利ほほえむ」は、会場から手拍子が起こりました。「ラダメスの手紙」をしっとりと歌うと、その手紙のメッセージに応えるように、客席後方から1部ゲストの濱田さんが登場。「星のさだめ」をデュエットで聞かせました。ラダメスとアイーダの時を超えたふたりの再会を喜び、客席からはため息がこぼれました。一転、トークになると、すっかりくだけるふたり。学生時代からの長い縁を振り返り、楽しいトークが止まりません。今年の『レ・ミゼラブル』バルジャンとファンテーヌ役で共演した話などで大いに盛り上がりました。ノリに乗った濱田さんのトークに、ついていく福井さんという、コンビのようなおふたりの様子も面白かったです。次回の共演作品ミュージカル『シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ』のお話では、おふたりの大切な作品への思いを語っていました。

 

濱田さんのソロナンバーは『ウィキッド』から「魔法使いと私」。一気に会場の空気を動かし、力強く歌い上げます。エルファバのパワーに圧倒されました。「もう一曲デュエットを」と濱田さんからのリクエストで『エリザベート』から「私が踊る時」。意外な選曲に客席からも驚きの声があがりました。これまで数々の組み合わせで聞いてきた楽曲ですが、超実力派のおふたりによる大人のデュエットは新鮮で、聞きごたえたっぷりでした。このタイミングでバースデーサプライズでバースデーケーキが登場! 濱田さんのバースデーソングで運び込まれる豪華なケーキを手に大喜びの福井さんです。

 

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

 

 

後半戦はジブリ映画『風立ちぬ』の主題歌でもある「ひこうき雲」、中島みゆきさんの「糸」と続きます。耳に馴染んでいる有名なポップス曲も、福井さんの歌声で聞くとよりドラマティックになり、また違った印象が生まれます。「46歳になって、これまでの人との出会いを深く感じて、応援していただいている皆様のおかげで、長く歌い舞台に立てています」と改めて感謝の思いを言葉にしました。最後の曲は、福井さんの代表作品のひとつである『美女と野獣』より「愛せぬならば」。ビーストの苦悩を歌い上げました。客席の温かい拍手に応えて再び登場し、アンコールは『レ・ミゼラブル』より「彼を帰して」を歌いました。

 

第二部は『アイーダ』に変わって『ジャージー・ボーイズ』の楽曲「My Eyes Adored You」をしっとりと聴かせます。続いて『君の瞳に恋してる』が始まると自然と手拍子が起こりました。ゲストの海宝さんが客席後方に登場して歌い始めると、さわやかな空気が吹き込みました。ステージに並んで一緒に歌いはじめると、楽しそうにぴょんぴょん跳ねる海宝さん。その姿に目を細めて共に盛り上がる福井さん。手拍子も一層大きくなって、一気に盛り上がります。おふたりの共演作品『ジャージー・ボーイズ』は、ちょうど一年前の11月10日がチームWHITEの大千秋楽でした。懐かしいチームWHITEが蘇ります。ふたりの出会いは『美女と野獣』パン屋さんとチップ。海宝さんのデビュー作品で、「なんとなく覚えています。福井さんは優しいパン屋さんのイメージ!」と振り返ります。2015年で再びの共演となった『レ・ミゼラブル』や、『ジャージー・ボーイズ』の思い出話に、大いに盛り上がりました。

 

海宝さんのソロナンバーは『ヘラクレス』から「Go the Distance」。伸びやかな歌声に会場中が聞き惚れるひとときでした。そして福井さんと海宝さんのデュエット2曲目は、海宝さんのリクエストで『シークレット・ガーデン』から「Lily’s Eyes」。「男性ふたりのデュエットが非常に少ないのですが、この曲を思いつきました。福井さんの声で、めちゃめちゃ素敵な歌になると思いリクエストしました」とのこと。兄・アーチボルドパートを海宝さん、弟・ネヴィルパートを福井さんが歌うという組み合わせが、意外にもしっくりくるのが役者ならでは。ここでしか聞けない一曲となりました。歌い終わると、「近くで見たいでしょ?」と海宝さんを連れて会場を回る福井さんがとてもおちゃめ。すると、海宝さんのバースデーソングで、2種類目のバースデーケーキが登場です。お祝いは何度でも嬉しいですよね。

 

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

 

 

第二部のアンコールは、『アイーダ』から「勝利ほほえむ」。力強い楽曲の前向きなパワーにのって、今後の活躍に期待が高まる時間となりました。福井さんの様々な歌声を堪能できるのはもちろんのこと、福井さんのバースデーをお祝いしようと集まった、お客様の温かい空気が素敵な時間でした。アットホームで癒し効果もたっぷり、五感で記憶に残るライブでした。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ライブの第一部を終えた感想を福井さんと濱田さんに、第一部を終えた感想を福井さんと海宝さんに、それぞれ伺ったお話と、無料部分には掲載していないライブの写真6枚を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■福井:(濱田さんの)アイーダの登場良かったでしょ。アイーダが乗り移ったと思いました

 

■濱田:「私が踊る時」はキーや声質が晶一にぴったり。無理無駄がなくてハマっていて素敵

 

■福井:『ジャージー・ボーイズ』、楽しかった。いつもカーテンコールで飛んでたもんね(笑)

 

■海宝:「Lily’s Eyes」はいい選曲でしょ? 絶対に晶一さんの声で歌ったらいいと思ったんです

 

■福井:最高のバースデーライブになりました。お客様にも満足していただけたので、それが一番

 

 

<『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』>
【東京公演】2019年11月9日(土) LIVING ROOM CAFE&DINNG (この公演は終了しています)
出演:福井晶一(Vo.) 山本佳祐(Pf.) 亀井友莉(Vn.) 北森正樹(perc.)
ゲスト:濱田めぐみ※15:00公演回 海宝直人※19:00公演回
https://livingroomcafe.jp/event/20191109

 

 

 

 

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』 関連記事:

⇒すべて見る

 

濱田めぐみ 関連記事:

⇒すべて見る

 

海宝直人 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』より=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年1月掲載分
■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.