「カッコいいのやろう、というノリで」、『ジョセフ…』小西遼生インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「カッコいいのやろう、というノリで」、『ジョセフ…』小西遼生インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年2月6日

 

【2020年4月8日、編集部追記】『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う政府からの緊急事態宣言を受け、全期間中止されることが4月8日に発表されました。中止によるご入場券の払戻しにつきましては公式サイトをご確認ください。
https://www.josephthemusical.jp/

 

ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』が、2020年4月7日(火)から4月29日(水・祝)まで東京・日生劇場で、5月14日(木)から5月18日(月)まで大阪・オリックス劇場で上演されます。ファラオ役で出演する小西遼生さんにインタビューしました。(上)では、なぜこの作品に出演しようと思ったか、作品について、小西さんが歌う曲について、共演者について、「王」という役どころなどについて伺いました。

 

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

 

『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』は、『キャッツ』や『オペラ座の怪人』を生み出した作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーさんと、『エビータ』『ライオンキング』などの作詞を手掛けたティム・ライスさんが、まだ学生時代だった頃に初めてタッグを組んで生み出した、両巨匠の原点ともいえるミュージカルです。イギリス・ウェストエンドで上演された際も好評を博し、1982年のトニー賞にノミネートされました。旧約聖書「創世記」の「ジョセフの物語」をベースに、波乱に満ちたジョセフの人生が全編楽曲で綴られます。数奇な運命を辿るジョセフの人生に相応しく、ロック、バラード、シャンソン、カントリー、ロカビリー…と、実に多彩で様々なジャンルの楽曲が演奏されます。

 

 

――この作品に出演しようと思ったきっかけや、惹かれたところはどこですか?

 

日本人キャスト版として初めて上演されるからですね。前例があって誰かがやったことがある作品よりは、基本的には新しいものをやりたいんです。まだ誰もやったことのない役や作品の方が、挑戦するひとつの動機として、いつも優先的に考えているので、アンドリュー・ロイド=ウェバーさんという巨匠の作品にも関わらず、今までやってこなかった作品ということにも興味がありました。実際に音源を聴いてみたときに、ある意味すごく新鮮だったんですよね。ミュージカルって、全ての曲が繋がって、ひとつの作品というイメージが強いですが、本当にオムニバスのアルバムを聴いているような感じで。

 

――1曲ずつテイストが違いますね。

 

いろいろな聴いたことのあるような感じの曲が入っていて、おもしろいなと思って。僕が歌う「SONG OF THE KING」という曲は、そのまんま(エルヴィス・)プレスリーですが、僕はあの時代の音楽が好きなんですよ。

 

――60年代?

 

そうです。そもそもプレスリーが好きで、家でピアノでプレスリーのバラードを弾いたり、歌ったりしているくらい好きです。

 

――じゃあ、ぴったりですね。

 

楽しいですね。だから、やりたいなと思いました。そして、今までお仕事をしていて信頼があるプロデューサーの方たちが僕の名前を出してくれたというだけでやりたいと思いました。何に信頼があるって、あの方達のセンスが好きなんですよ。選んでいる作品だったり、今までお仕事してきた作品だったり、『ジェーン・エア』や『End of the RAINBOW』など、個人のセンスがすごく好きで。だから、今回もすごくセンスのいいものを作ろうとしているんだなという思いがあって、出演させていただくことにしました。

 

――新しいことへの挑戦と、人への信頼ですね。「この人たちと仕事がしたい」と。

 

そういうことですね。やはり信頼というのは、結局自分の安心ではなくて、お客様にチケット代を払っていただいて、次に観ていただくものとしての信頼なんですよ。やはり来ていただくからには、センスがいいものを観ていただきたいですし、新しいものを観ていただきたい。楽しい音楽だったら本当に上質に楽しんでいただきたい。僕のなかではそういうものを作る方達なんだという認識がありますし、育てていただいた人達でもあるから、今の段階でできることで、ちゃんとお返しをしたい。お客様にも、その方達にも、という気持ちです。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、この作品で小西さんが歌う「SONG OF THE KING」について、共演者について、「王」という役どころなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2月7日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、小西さんがリリースしたCD『空想改革-KONISHI RYOSEI LIVE 2019-』と2月10日と11日に小西さんが開く『Special LIVE in TOKYO -MUSEUM-』、出演中のミュージカル『フランケンシュタイン』などについても伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■半分ミュージシャンとして参加しそうな感じがする作品、歌い手としての要素もある

 

■(シルビアさん、村井國夫さん)また一緒に言い合えるのがうれしい(笑)

 

■王とはどういうものなのか世界の文献を見ようかな、レミのときは日曜礼拝に通って

 

■アンドリュー・ロイド=ウェバーが才能の溢れ始めた頃に作っていて、軽快

 

 

<ミュージカル「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」>
【東京公演】2020年4月7日(火)~4月29日(水・祝) 日生劇場
【大阪公演】2020年5月14日(木)~5月18日(月) オリックス劇場
※※全期間中止となりました

公式サイト
https://www.josephthemusical.jp/

 

<関連リンク>
小西遼生 公式サイト
https://konishiryosei.com/
小西遼生 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/
小西遼生オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/ryosei_konishi_official/
小西遼生&スタッフ公式Twitter
https://twitter.com/ryosei_konishi

 

 

 

 

『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』 関連記事:

⇒すべて見る

 

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※小西遼生さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月6日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. たろみ より:

    いつも小西遼生さんの記事を書いてくださりありがとうございます。
    個人的な思うことなのですが、小西さんの魅力って、分かりやすいのはこちらの写真のように、美しい、かっこいい、どこか可愛い(笑)ルックスはもちろん、役作りのために歴史的背景だったり、本を読みこんだり、そういった努力を続けていく姿勢だなと思っています。小西さんは俳優なので一般人とは違いますが、そういった姿勢は尊敬できますし、私もそういう風になりたいなといつも感心させられます。
    今回の、ここの記事にたどり着いた方が小西さんの魅力に気づいて、ファンが増えたら素敵だなぁって思いました。
    いつもありがとうございます。

  2. 夏希 より:

    作品に対してもカンパニーに対しても観客に対しても、真摯で誠実な方だなぁ…!とある意味ビックリしています笑
    そういう深いところまで知ることができて本当にありがたいです…。
    ジョセフ〜はジャニーズ好きな妹と初めて同じ舞台を観る予定なので、より一層楽しみです!

  3. ゆうり より:

    すてきなお話とお写真をありがとうございます。
    小西さんのお芝居と音楽に真摯な姿勢が大好きです。

  4. メイ より:

    このお衣装、ホントにステキですよね。
    ファラオの小西くんに会えるのを楽しみにしています。

  5. にょん より:

    小西さんがファラオ役…!とのことでワクワクしながら記事を拝見しました。
    とても濃いお話を聞けて、ますます公演が楽しみになりました!

  6. 聖奈 より:

    演じる側から見た作品の特徴や、注目すべき点がわかって興味深く読ませていただきました。
    何より小西さんご本人がこの作品を演じることを純粋にとても楽しみにしていることが伝わってきて、ますます劇場に足を運ぶのが楽しみになりました!
    後半の記事も楽しみです。

  7. もも より:

    小西さんが、ファラオ?!?!っていうことでチケットとりました。村井國夫さんやシルビアさんもいらっしゃるし、お衣裳が前田さん!もう楽しみです。

  8. ロゼ より:

    とっても情報量の多いインタビューで、読み応えがあって、嬉しいです。

    見た目からしてロックだなぁと思っていたら、プレスリーなファラオなんですね。
    オリンピックに向けて、恐らく異様に盛り上がってる東京の日比谷で旧約聖書のお話のミュージカル。
    しかも全部歌!
    小西さんのファラオがどうなるのか、初日が楽しみです。
    明日の下のインタビューも期待してます。

  9. IZU より:

    いつも素敵なインタビュー&写真を有り難うございます‼️
    今回も読み応え十分です

  10. るるるん より:

    日本では初めてになる作品。
    遼生さんがオリジナルキャストとして一から作品を作られ、それを観せてもらえることがとても楽しみです❗️
    今年は出演作品が多いのも、めちゃくちゃ楽しみです❣️

  11. clover より:

    全く無知ですが
    読んでいて
    ワクワクしてきました

    それと
    お写真
    素敵過ぎて💕💕

    岩村さん
    遼生さんの良さを
    とっても知ってらっしゃる🎵

    何度も読み返してしまう

  12. 白狐 より:

    今回も素敵な写真をたくさんありがとうございますm(_ _)m
    《エルビス・プレスリー》と言えば袖の下にひらひらが付いた服装しか思い付きません(ゴメンナサイ)
    ファラオ❣️どんな風に歌うのでしょう〜〜凄く楽しみです(。ゝ∀・)ノ

  13. ともとも より:

    インタビュー記事を読んで、4月のミュージカルがとても楽しみになりました。音楽メインという所でワクワク感がとても高まります。インタビュー(下)も楽しみにしています。今回もとびきりのお写真をありがとうございます!

  14. ミィキィ より:

    素敵な写真ありがとうございます。ぜひ観に行きたいです。

  15. しょこ より:

    読み応えのあるインタビューに素敵な御写真!!
    本当にありがとうございます!
    インタビュー(下)も楽しみにしています。

  16. ぶんちゃん より:

    楽しみで仕方ありません♬
    沢山観劇しますね(^^)
    素敵な写真と、インタビューをありがとうございます。

  17. ぽち蔵 より:

    今回も素晴らしいお写真と、読みたい事を読ませて下さるインタビューをありがとうございます。
    明日の後半も楽しみです!

  18. あきしゃん より:

    素敵なファラオに楽しみです。
    素敵な写真と記事ありがとうございます

  19. そよ より:

    いつも素敵な記事とお写真をありがとうございます!
    記事では小西さんの音楽とミュージカルへの想いが丁寧にたくさん引き出されていて後編も楽しみです。
    そして素敵すぎるお写真……!
    いつもため息が出るようなお写真ばかりですけれど、今回のお写真も小西さんらしさがきちんと写し込まれているような気がします。
    お写真欲しいです(笑)

  20. みゆポン より:

    こんにちは。
    今回も楽しく拝見させて頂きました。
    下も楽しみにしております。


最近の記事

■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.