「ふたりともお調子者」、小西遼生・伊礼彼方(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「ふたりともお調子者」、小西遼生・伊礼彼方(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年9月25日

2022年9月25日(日)から9月30日(金)まで東京・Bunkamuraオーチャードホールで、10月7日(金)から10月10日(月・祝)まで福岡・キャナルシティ劇場で上演される、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』にトキ役で出演する小西遼生さんとジュウザ役で出演する伊礼彼方さんの対談、後編です。「下」では、長年親交のある二人に、幅広くお話していただきました。最近の互いの出演作や役を見て思っていること、アドリブについて、小西さんの『ピーターパン』のフック船長や、伊礼さんの『レ・ミゼラブル』のジャベール、『ミス・サイゴン』のエンジニアの話、伊礼さんの芝居には、鴻上尚史さんの演劇論が基礎にあるのではという話、小西さんが演劇論を勉強していた頃のこと、「ミュージカルを芝居にしたい」と以前からお互い話していたということなどについてお話ししてくださった内容と、再演にあたっての、お客さまへのメッセージを紹介します。

小西遼生さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳

――この機会に、おふたりで話しておきたいことはありますか?

伊礼:『ピーターパン』しかり、『北斗の拳』もだけれど、ちょっと路線を変えてきた? 何か新しいチャレンジしようとしてる?

小西:いや、基本的にはやらせたいと思ってくれる人がいるからやる。だから『ピーターパン』や『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』などの、最近の結構はっちゃけた役というか、自由度の高い役や、お馬鹿な役とか。チャレンジというよりかは応えるつもりでやってるかな。「何でもできるよ」みたいな。

伊礼:じゃあ、そういう年齢に差しかかってきたんだ。

小西:お客さんや関係者が持ってくださっているイメージって、今までに演じてきた役柄の経歴なんだと思うけど、意外と思われる役をくれる人が、今までそんなに多くなかったのかもね。

伊礼:増えてきたんだね。やらせてみたいってことだ。でもそれをちゃんと体現できてるんだもんね。『ピーターパン』は観れてないけれど、あの陽気な写真を見た時に「多分ここまでやるんだろうな」というイメージはできた。

――今年は拝見できませんでしたが、初演はすごく面白かったです。

伊礼:やり切ってましたか?

――はい。舞台に登場されたときの、姿勢や立ち姿から凄かったですね。

伊礼:動画で見て、結構行ききってるなと。男は40歳も過ぎると、小西くんもいろいろ考えているのかなと思って。

小西:以前に比べたら、今はむしろ柔軟になったね。求められたものは何でもやるつもりだし、自ら挑戦したいと思うこともないことはないけれど、基本的には必要なことをやっているつもり。

伊礼:なるほどね。最近出演している作品が今までとテイストが違うから面白いなって。

小西:確かに「そんなイメージがなかった」という人が多いんだけど、俺の中では全然そんなことはなくて、役との乖離はいつもあまりないから。自分からしたらこれも自分だよ、って。

伊礼:それは分かる。俺もそうだから。そういうイメージを持たれているだけなんだよね。

小西:クールな役をやっても、これもこっちだよとも言えるから、自分自身を決めつけない。そんなもんじゃん。

伊礼:分かる。なるほどね、面白いね。

小西:俺は結構、文学的な作品や、繊細な話、陰鬱な物語、ちょっと小難しいものも好きだから、そういう作品もやっぱり楽しい。そしてお客さんに自分のいろんな面を見てもらいたいということではなく、常に作品に必要なピースとしているつもりでやっている。伊礼くんこそ、最近特に幅広い役柄や作品をやってるよね?

伊礼:色の幅が広がった感じがする。自分自身もそうなんだけれど、それは年齢がそうさせているのか、ようやく周りがそれをさせてもいいと思ってもらえるようになったのか。こちらはいつだってやれる準備はできていたはずなのに、周りがようやく使ってくれた。

小西:お互い同じことを感じてるね。昨年初めて『ピーターパン』に出演する時、演出の森新太郎さんには、衣装合わせで初めてお会いして。それまでに、『生きる』の小説家役とかを観てくださっていて、所謂シュッとしたイメージをもたれていたみたいなんだけど。

森さんはとにかく格好良く見せたくなくて、まず見た目から滑稽に見せるために衣装を剥がれ、白塗りメイクをしてみたりして、「それで何か面白いことやってみて」と言われて色々やってみせたら、「あれ!? お前、元々そっちなんだ」と言われて。

伊礼:(笑)。

小西:もう森さんを笑わせるために稽古してた気がするけど、楽しかったよ。キャストも若い子も多いから、率先してちょっとやったほうが士気も上がるし。

伊礼:その勇気がすごいなと思うんです。僕も初演のジュウザでは、実は稽古場でアドリブを一回もやってなくて、稽古場でやったところで面白くないと思っているんです。観客じゃないから、スタッフを笑わせようという気があまりない。カメラの前でも面白いことがあんまりできないんですよ。

――「カメラの前では、面白いことができない」と、昔からおっしゃっていますよね。

伊礼:そう、スペイン語講座の時から。

小西:スペイン語講座やってたの!?

伊礼:NHKでやってたんだけど、面白くできないの。でも、トークショーでお客さんを目の前にすると全然違うんです。だからジュウザのアドリブも、ゲネぐらいから始めました。小西くんは、森さんを笑わせようとチャレンジできるのが、すごいなと思う。

小西:もちろん役の上でだよ。お客さんの前に出したら、何を指標にするかというと、「あの時、森さんが笑ってたから面白いだろう」と。

伊礼:なるほどね。

小西:それで笑わなくても、「俺のせいじゃないもん。森さんが笑ったから、面白いもん」と思ってやってました(笑)。

――そうすると、アドリブではないんですね?

小西:いろんなものを稽古で試していくんです。アドリブって毎回違うことをやることだと思われがちだけど、その場で芝居を生むのがアドリブなんです。だから同じセリフ、同じ芝居でも、その場で生まれた言葉や感情ならアドリブ。そういう意味では、アドリブでやっていましたね。

伊礼:その指標が、俺にとってはお客さんで、演出家じゃない。演出家が笑わなくてもお客さんが笑うと思ってやっているから、本番でやる。芝居でのコメディーは、僕には難しくてできないかも。でも、お客さんをトークで笑わせるというのは経験上あるので、どうすればこの空気感を上手く使えるかということについては、すぐに頭が回転する。だから、持っている武器が違うんだね。

小西:もちろん、お客さんからもたくさんもらうけどね。ふたりともお調子者だしね。

伊礼:そうね。だから尊敬するよね。

――逆の役をやったら、どうなるんだろうと思いますね。

小西:伊礼くんの『ピーターパン』のフック船長見たいよね。

伊礼:ゴリゴリのイケメンにやるから。

小西:意外とこれまで、その路線だったんだよね。

伊礼:そうなんだよね。

小西:森さんがイメージしてたのは、ブロードウェイのメアリーマーティン版『ピーターパン』でシリル・リチャードが演じたフック船長。

伊礼:それは、三の路線だったの?

小西:いわゆる白塗り貴族みたいな感じで、自分では高貴ぶってるんだけど、周りから見たら滑稽で、くすりと笑えるおバカなお山の大将。でもなんだか憎めないみたいな。

伊礼:ああ!

小西:森さんは、フック船長をそんなイメージにしたかったんだけど、対面した結果「お前は元からそっちじゃん」となった(笑)。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、伊礼さんの『レ・ミゼラブル』のジャベール、『ミス・サイゴン』のエンジニアの話、伊礼さんの芝居には、鴻上尚史さんの演劇論が基礎にあるのではという話、小西さんが演劇論を勉強していた頃のこと、「ミュージカルを芝居にしたい」と以前からお互い話していたということなどについてお話ししてくださった内容と、再演にあたってのお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■伊礼:最近、求められていることに応えたい気持ちのほうが、強くなってきている

■小西:伊礼くんの演劇論の基礎は鴻上さん? 僕も本をほぼ全シリーズ読んで実践した

■小西:芝居に飢えていた伊礼くん 伊礼:ストレートプレイばかりやっていた頃も

■伊礼:非常に情熱のある大貫勇輔を筆頭に 小西:他人事や別世界の物語ではない

<『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』>
【東京公演】2022年9月25日(日)〜9月30日(金) Bunkamuraオーチャードホール
【福岡公演】2022年10月7日(金)〜10月10日(月・祝) キャナルシティ劇場
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/musical_fons2022/

『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 関連記事:

⇒すべて見る

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

伊礼彼方 関連記事:

⇒すべて見る

※小西遼生さんと伊礼彼方さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月25日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小西遼生さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 有沢 より:

    三浦さんと大貫さんのインタビューに続き、上下読ませて頂きました。福岡公演大楽のカーテンコールの時も思いましたが、仲良しですね!
    お二人ともずっと喋っていられそうな雰囲気を感じられる対談でとても面白かったです。

  2. らぶりぃ より:

    お2人の対談、お仕事に対する意識や姿勢がよく分かる読み応えのある記事を有難うございました。
    歌は芝居のように、逆も然りというお考えに同感を覚えます!
    コロナ禍はまだ終息とはいえませんが、一層のご活躍をお祈りいたします。

  3. マギー より:

    本当に面白い対談です。
    「ミュージカルをもっと芝居にすべき」ってとても共感できると思います。
    今回の公演を拝見して、「なるほど」「流石に」よくわかりやすく理解していました。ミュージカルにおける芝居存分に堪能しましたよ。

  4. トカゲ より:

    初演は仕事とのタイミングが合わず、観劇が叶わなかったのですが、再演は3回観ることができました。
    ケンシロウ・トキ・ラオウの青年時代のシーンで大人のトキが一緒に歌うシーンが好きでした。
    観劇した3回とも彼方ジュウザでとても楽しかったです。そして、3回とも平原綾香ユリアでした。
    小西さんのトキのキレイなワイヤーアクションは毎回感動でした。

  5. まひろ より:

    久しぶりの小西さんと伊礼さんの対談、フィストオブノーススター北斗の拳の開幕前のお互いに思うことから、82年組で共に演劇界で歩いてきた道筋や思う演劇論が聞けて凄く嬉しかったです。お二人ならではの内容に素敵なお写真で、上下巻共に読み応えのある記事でをありがとうございました。

  6. さっち より:

    小西さんの最近の役どころについて、伊礼さんと同じように思っていたので「やっぱりそう思う?」と膝を打つような気持ちでした。よくぞ訊いてくださった、と(笑)
    また、先日の『ピーター・パン』や『ジョセフ~』について公演前に取り上げられなかったのを残念に思っていたので、ここでそれについての話も聞けて良かったです。
    2015年の対談も久しぶりに読み返すととても面白いですね。
    こういうインタビューを掲載してくださるから、アイデアニュースさんの購読は止められません。

  7. ささっぱー より:

    いろんな舞台で伊礼彼方さん小西遼生さんが出るなら見てみようかな?と思わせるお2人です。
    北斗の拳2022version なんとか拝見できました。初演の「熱くていい舞台なんだけど、冷静になるともやっとする」部分がかなりスッキリとしてより集中して引きずり込まれました。
    また小西トキの、初演のお二人とはまた違う、ラオウの罪をも我が罪と感じているような佇まいは忘れられません。
    伊礼ジュウザも、ベトナムの合間という厳しいスケジュールの中、再演に出てくださりありがとうございます!あの場面大好きです笑
    お二人の次の舞台も楽しみです。

  8. にょん より:

    おふたりのお仕事への取り組み方についてのお話がとても印象的でした。また年を重ねてどのように変化していくのか楽しみです。
    これから共演の機会があることを祈っていますが、もしなくても定期的に2人の対談を企画していただきたいです!!

  9. ロゼ より:

    ミュージカルを芝居にと同じ思いをもった同世代の方が、今は影響力のある中堅で活躍なさってる。
    昨日初日を拝見したのですが、本当に伝えたい思いの詰まった舞台でした。
    こういったお話しを引き出して掲載してくださるアイデアニュースさんに感謝です。

  10. より:

    おふたりのインタビュー、深いのに楽しくてすごく読み応えがありました、ありがとうございました
    小西トキ、楽しみです
    写真も素敵ですね❣️

  11. 曉シャオ子 より:

    伊礼くんと息がピッタリで
    楽しませて貰いました。
    いつも素敵な記事と写真ありがとうございます

  12. なっつ より:

    伊礼さん、小西さんのお話はかなり読み応えがありました。
    正直初演のメンバーが良かったので再演が決まりキャストが変更となった時はかなりがっかりしました。
    あの熱量に心動かされたのだと思います。
    今は新キャストと旧キャストの皆さんがどういう風に交わるのか楽しみにしています!
    同級生コンビは殆ど接点のない役どころなので、また何かの機会に拝見できたら嬉しいです。

  13. みやび より:

    お二人の仲の良さ漂うインタビュー、役者としてのお互いの考え方、佇まい、お写真も素敵でした。初演は観ておりませんでしたが、再演でお二人の世紀末のお姿拝見したいと思います

  14. ぽち蔵 より:

    上下ともに物凄い深い読み応えの中に、82年組の仲良しさも感じてクスッとしてしまいました。
    いつも素晴らしいインタビューとお写真をありがとうございます。
    配信組ですが楽しみで仕方ありません!

  15. みゆ より:

    初演の時は、はじめ北斗の拳をミュージカルとはどんな感じになるのだろうと思っていましたが、熱いお芝居に感動し、大好きな作品になりました。今回小西さんをはじめ再演から新たに参加された方々によってまたどう作品が新たに生まれ変わるのか、今からとても楽しみです。
    伊礼さん、小西さんのお芝居にかける情熱、思いも記事で拝見して益々楽しみになりました。
    今回の北斗の拳では、中々絡むシーンはないですが、またガッツリ共演されるお芝居も拝見したいです。

  16. みゆき より:

    お二人の仲の良さとそれぞれのお芝居に対するお考えがよくわかるインタビューでとても読み応えがありました。相手の意見を尊重しながらもご自身の中にしっかりとした芯をお持ちのお二人。どんどんお話が深まっていくのが面白かったです。いつかがっつり絡みがあるストプレを拝見したいな。

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.