「舞台に立ち続け、役柄に寄り添っている方がいい」、小西遼生インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「舞台に立ち続け、役柄に寄り添っている方がいい」、小西遼生インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年2月7日

 

ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』が、2020年4月7日(火)から4月29日(水・祝)まで東京・日生劇場で、5月14日(木)から5月18日(月)まで大阪・オリックス劇場で上演されます。ファラオ役で出演する小西遼生さんにインタビューしました。(下)では、『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』を含む舞台の仕事が2020年はすでに発表されているだけで3本になっていることについて、1月15日(水)に発売になった小西さんのCD『空想改革-KONISHI RYOSEI LIVE 2019-』について、2月10日(月)日、11日(火・祝)に行われる『Special LIVE in TOKYO -MUSEUM-』について、上演中のミュージカル『フランケンシュタイン』に出演している今の思いなどについて伺いました。

 

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

 

――2020年が始まりましたが、今年はミュージカルだけでもすでに3本発表になっていて、例年より多いのではないかと思ったのですが、なぜ今年はそんなにスケジュールを入れているんですか?

 

今まで以上に感じているのが、やはり立ち続けていた方がいいなと。ステージの上に立ち続けて、ずっと役柄に寄り添って過ごしている方が、絶対的に先の自分のためにも、お客様にずっと楽しんでもらうための条件にもなりますし、やはり役者は板の上に立ち続けていないとダメだなと思います。もちろん映像作品だって興味はありますが、僕は普段テレビを観る時間があまり取れなくて。

 

――そうなんですね。

 

僕のなかでは一番贅沢な娯楽は舞台だと思っているんです。

 

――作る側も、観客も、みんなが共通の時間を一緒に過ごすのは贅沢ですよね。

 

そこに行って得られるものは、どこにもない稀有な時間だと思うんですよ。それをやはり、たくさんやりたいなと。

 

――そういう贅沢な時間を提供できる場を、ということですよね。

 

あとはできるだけ、いろいろな心に触れていたい。役柄が変われば、そのために準備することもたくさんありますし、そのなかで影響を受けることもたくさんあります。できるだけ、いろいろなものを見たい。自分も見たいし、皆さんにも見せたい。時間というものに対して、最近は本当に「有限だな」と実感することが多いんです。別になにかがあったわけではないです。自分がそういうことを考えている理由もわからないですが、「時間は無限じゃないんだ」とすごく感じているから、自分が本当にやりたいと思っているものを、できるだけたくさんやりたいですね。

 

――ライブにしても合間をぬってスケジュールを入れていますよね。

 

そうですね。

 

――別にここ休んでもいいわけですが、休まずにスケジュールを詰めていますし。

 

休んでいても、なにもないですからね。

 

――(笑)。

 

休んでいていいことなんて、別になにもないですよ。そもそも仕事が一番充実感があるものなのに、休んでも。別に休みだと思っていないし(笑)。

 

――「こんな時間を過ごしていていいのか」と、逆に不安になるみたいな(笑)。

 

僕らの仕事だけではないと思いますが、結局自分自身がどうあるかは仕事にも出ますからね。どう過ごしていくかや、どういう人間なのかはすべての役柄や自分に出るし、という風に考えると、僕らには休みとかないんですよ。どう過ごしているかも、全部出るから(笑)。

 

――お客様は逆に喜んでいらっしゃると思います。

 

だから、できるだけ皆さんにはいろいろな角度で観ていただけるように。どこで、どういう興味を持ってもらえるかわからないので、興味をもつきっかけになる入り口ができるだけ多くて、多彩な方がいいかなと思っています。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、2020年1月15日に発売されたCD『空想改革-KONISHI RYOSEI LIVE 2019-』について、2月10日(月)日と2月11日(火・祝)に行われる『Special LIVE in TOKYO -MUSEUM-』について、1月8日から出演中のミュージカル『フランケンシュタイン』について伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■「ライブを録った」というより、CDを聴いてもらうためのライブだったりする

 

■「空想トカゲ」が通ったところに色がついて、光がついて世界が変わるイメージ

 

■いろいろな色を見せられるライブにしたい思いを込めて、タイトルを-MUSEUM-に

 

■(フランケンシュタインで)僕が大きく見えるとしたら、相手役のキャッチ力が大きい

 

■(ジョセフ)ファミリーで1日楽しい時間を過ごすために来てもらえるような作品にしたい

 

 

<ミュージカル「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」>
【東京公演】2020年4月7日(火)~4月29日(水・祝) 日生劇場
【大阪公演】2020年5月14日(木)~5月18日(月) オリックス劇場
公式サイト
https://www.josephthemusical.jp/

 

<小西遼生Special LIVE in TOKYO「MUSEUM」>
【東京公演】2020年2月10日(月)~2月11日(火) 天王洲 KIWA
公式ページ
https://konishiryosei.com/contents/291403

 

<ミュージカル『フランケンシュタイン』>
【東京公演】2020年1月8日(水)~1月30日(木) 日生劇場
【愛知公演】2020年2月14日(金)~2月16日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
【大阪公演】2020年2月20日(木)~2月24日(月) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/frankenstein2020/
特設サイト
https://www.tohostage.com/frankenstein/

 

<関連ページ>
小西遼生 / LIVE Recording Album「空想改革」2020.1.15 Release 全曲視聴
https://www.youtube.com/watch?v=FvKdHc3uS_A&feature=youtu.be

 

<関連リンク>
小西遼生 公式サイト
https://konishiryosei.com/
小西遼生 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/
小西遼生オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/ryosei_konishi_official/
小西遼生&スタッフ公式Twitter
https://twitter.com/ryosei_konishi

 

 

 

 

『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』 関連記事:

⇒すべて見る

 

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※小西遼生さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月6日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. まひろ より:

    いつも素敵な表情のお写真をありがとうございます(^^)インタビューも内容がいつも濃くて、楽しみがとても膨らみます♪ジョセフも楽しみだ~♪

  2. たろみ より:

    小西さんの世界観は独特ですが、こんな風に記事にしていただけると、なるほどなぁ〜って思える方もたくさんいるのでは(^^)最近、小西さんデザインのグッズが出てきて、努力とクリエイティブな面を見れることができて嬉しいです。ライブの構成だったり工夫しているところも、きっと小西さんの作品の一部ですね。ライブ音源化も嬉しかったです。地方組なので、なかなかライブに行けないので、置いてけぼりにならなくて助かります(笑)
    フランケンシュタインの再演、ずっと楽しみにしていました。小西さんが出演している舞台はいろいろと観てきましたが、フランケンシュタインは、とても体力を使いますね。初演も観ましたが、また観たくなる作品です。ジョセフ〜も、楽しみにしています。それにしてもこちらのお写真、、チラッとお肌が見えてドキドキします(*∩ω∩)
    いつも小西さんを記事にしていただき、ありがとうございます。

  3. ことり より:

    「もう小西さんの頭のなか、おもしろくて不思議でしょうがない」─この岩村さんのお言葉に激しく頷いてしまいました(笑)。毎回、聞きたかったことや、その場の流れでしか引き出せなかったであろうお話が聞けるので楽しみにして待っておりました(^^) いつも同じコメントで申し訳ないですが、本当に読み応えがあって、素晴らしいインタビューをありがとうございます!素敵なお写真もたくさんありがとうございます(^^)

  4. saki より:

    以前から言葉の伝え方、感性が素敵な方だなと感じていた俳優さんです。
    作り手さんの頭の中を覗けて面白いインタビューでした。
    「ジョセフ~」も楽しみにしています。

  5. みきぽんぽん より:

    小西さんの舞台、音楽への深い心情や想いが言葉として私たちに余すところなく伝わってきた素敵なインタビューありがとうございました。舞台に立ち続けたいというコメント拝見できたことが舞台ファンとして嬉しいことです。
    そしていつでも観る側が聞きたい視点も踏まえて相手方からコメントを引き出してくださる岩村さんの記事をこれからも楽しみにしています。

  6. ゆうり より:

    自分の見ている世界が、他人にはどう見えているのか、幼い頃からとても不思議でした。
    小西さんにはその子どもの頃と変わらない純粋な部分がきちんとあって、それが人を引き付ける魅力なのかなと思います。
    空想改革何度も聴いています。ライブ楽しみにしています。

  7. ちゅん より:

    小西さんのインタビューは特に、一緒に舞台を創る・LIVEをやる・音楽を作る(役者以外の)アーティストさんたちのお名前をたくさん伺うことができて、「ものづくり」の職人芸、仕事に対する拘りぶりが伝わってきてとても嬉しいです。
    『ジョセフ―』も本当に楽しみ!!

    アイデアニュース様の記事作成も職人気質の誠実さを感じます。
    毎週興味深い内容を届けていただけて、感謝しております。

  8. ロゼ より:

    小西さんの頭の中には無限に広がる夢の世界があるのだなぁ。
    空想改革を聞き、ライブやこのインタビューを読むと、空想改革=小西遼生そのもののような。
    カラフルで非現実的な不思議な世界って感じがしてなりません。
    素敵なお話を引き出して下さってありがとうございます。
    また近いうちにインタビューを見たいです。

  9. ぽち蔵 より:

    後半もお写真、インタビュー共に素晴らしく、有難く拝読しました。
    小西さんの頭の中のイメージが具現化され、それを観ることの出来る喜びをライブでいつも感じています。
    これからも小西さんのやりたいことを応援していきます!

  10. あきしゃん より:

    上下とも素敵な写真と記事にジョセフが今から楽しみです。
    いつも素敵な写真と記事ありがとうございます。
    岩村さんの撮影する写真が大好きです。
    魅力さを感じます。

  11. 小夜子 より:

    読み応えのあるインタビューをありがとうございました
    こちらが聞いてみたいと思う内容で一気に読ませていただきました。
    小西さんは舞台での表現力が凄いとおもうのですが、インタビューのお話もわかりやすく面白いですよね。とても魅力的です。写真もステキですね
    フランケンシュタインは本当にハマりました。ジョセフも楽しみです

  12. まみろう より:

    素晴らしい記事をありがとうございます。
    小西さんはご自分の考えていることをあまり明かさない印象があるのですが、岩村さんのインタビュー記事は、知りたかった事を聞き出してくださっていると感じます。
    ジョセフはもちろん、フランケン地方公演もライブもますます楽しみになりました。
    ありがとうございます(^^)

  13. in your dream より:

    作品全体を愛して大事にする小西さんの想いたとても伝わってきました。
    フランケンシュタインは初演からのファンですが、小西さんのお芝居に毎回熱狂しています。
    名古屋、梅田までどうぞ出演者の皆様、スタッフの皆様が充実感MAXの公演でありますよう
    心からお祈りしています。
    私も梅芸の千穐楽までしっかり作品を愛し続けます!

  14. みゆき より:

    盛り沢山の内容のインタビューありがとうございます。
    これから拝見する「フランケンシュタイン」と「ジョセフ」が益々楽しみになりましたし、ライブに行く前に小西さんの音楽に対するお考えを知ることができて嬉しいです。


最近の記事

■ 2020年2月掲載分
■ 2020年1月掲載分
■ 2019年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.