「体を動かすのが好きでジュリアードのダンス科に」、青山航士インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「体を動かすのが好きでジュリアードのダンス科に」、青山航士インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2020年3月19日

 

【2020年4月8日、編集部追記】ミュージカル『ボディガード』東京公演は、4月13日(月)~26日(日)まで東急シアターオーブでの上演が予定されていましたが、新型コロナウイルスに関する政府による緊急事態宣言の発令、及び地方自治体の自粛要請を受け、全公演を中止することが4月8日に発表されました。当初4月3日(金)~19日(日)を予定しておりましたが、このうち、4月3日(金)~12日(日)の公演を中止し、一部の公演を4月19日(日)~26日(日)に振り替えて上演させていただく予定でした。作品の製作委員会は「公演を楽しみにしてくださっていた皆様にはご迷惑とご心配をお掛け致しますこと、心よりお詫び申し上げます。お客様と、出演者・スタッフの安全確保を最優先に考え、大変心苦しい限りではございますがこの度の決定と致しました。主催者といたしましては、一刻も早い終息を願い感染抑止に努めて参りたいと存じます」としています。中止となった公演の払い戻し方法につきましては、公演のホームページでご案内しております。
公式ページ
http://bodyguardmusical.jp/

 

2020年3月24日(火)から大阪・梅田芸術劇場で、4月3日(金)から東京・東急シアターオーブで上演されるミュージカル『ボディガード』日本キャスト版に、現役FBI特別捜査官のレイ・コート役などで出演する青山航士さんにインタビューしました。14歳から21歳までアメリカに留学して厳しい全寮制の高校に通ってジュリアードのダンス科に学んで得たことや、『お気に召すまま』『パジャマゲーム』『CHESS』などで外国の振付家と一緒に仕事をしてきたこと、「ダンスリーダー」の具体的な役割などについても伺いました。

 

青山航士さん=撮影・NORI

青山航士さん=撮影・NORI

 

 

――直前まで『CHESS』の振付助手をニック・ウィンストンさんの元でされていましたね。ニックさんとのお仕事は?

 

『パジャマゲーム』(2017年)が初めてで、2回目です。

 

――『パジャマゲーム』のときは、演出にはトム・サザーランドさんがいらっしゃいましたが、『CHESS』ではニックさんが演出・振付両方ということで、いかがでしたか?

 

僕が想像していた通りというか。キャストの人は逆に驚いていて、歌がメインなのでそんなに踊らないだろうって感じだったんですよ。でも僕はその話をいただいて、ニックが来られなかったので僕がオーディションもさせていただいて。で、振りも考えてこんな感じで、結構踊ろうみたいな。ニックは、もともとやっぱりダンサーあがりなので、人を動かして演出するんだろう、ストーリーもそうだけど、多分動きで演出するだろうな、ってどっかで頭にあったので、「あぁ、やっぱりな」って。で、フタを開けたら、みんな「え? こんなに踊るの!?」って。だから僕は、知っていたのでそういう意味ではサプライズじゃなかったんですけど、ただ、大変でしたね(笑)。しかも振助をやるのも2回目だったんです。

 

――1回目は?

 

1回目は、柚希礼音さんが出演された『お気に召すまま』(2017年)です。最近外国の振付家の現場に入ることが多くて。

 

――やはり語学力も買われて。

 

英語もしゃべれるし、最近は振付の仕事もさせていただいてるので、振付もわかるから、ただ通訳するだけじゃなく、ちゃんと振付家の意図を分かって伝えるから。だから確かに使い易いのかなと思って、雇う方は(笑)。『お気に召すまま』のときは、ロリン・ラタロという振付師で、僕がジュリアード出身なんですけど、ロリンは後輩だったんですよ。年代は被ってないんですけど、学歴を見たらジュリアードのダンス科出身で「俺もジュリアード出身だよ。俺は年は上だけどね」って(笑)。そしたら「えー、そうだったのか!」って。

 

――もうそこで掴みはOKという感じですね(笑)。いまジュリアードのお話がありましたけど、十代で単身アメリカ留学をされたんですよね。

 

14歳から21歳ですね。

 

――ダンスのために留学となったのは?

 

もともと体を動かすのが好きだったんですけど、とくにダンスに意識があったわけじゃないんです。うちの親父が音楽関係でラジオ局で働いている人で、外国人タレントを扱うことが多かったので、レコードだったり、タレントのプロモーションビデオだったりという資料はいっぱいあったんですね。だからそれを見ていて、ジャネット・ジャクソンや、ホイットニー・ヒューストン、いろんな人のビデオ見ていて、そこから「こうやって、歌って踊って表現するのがかっこいいな」と本能的に思って。で、僕以外は、みんな音楽一家なんです。みんなピアノをやってたり、僕もちっちゃいときはやってたんですけど、落ち着きがなくて。エレクトーンとかもやってたんですけど、もうまったくじっとしてられないタイプで。少年野球をやっていたので、とにかく遊びに行きたい、遊びに行きたいで、もうじっとしてるのがイヤでイヤで。それで、中学において進路とか考えたときに、僕だけなんで音楽の才能ないんだろうかって考えて。そこからやっぱり、体を動かすのが好きで、そういう目標みたいなものに出会って、体を動かすことでなにか仕事したい、となったのがきっかけで、どうせやるなら本場でやろうって。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、アメリカに留学して厳しい全寮制の高校に通うようになって得たものや、「ダンスリーダー」の具体的な役割、『ボディガード』をご覧になるお客さまへのメッセージなどを伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■親父も出張でアメリカに行ったりしてて、どうせやるなら本場で良いものを身につけろと

 

■留学中の高校は全寮制ですごい厳しかった。でも厳しくなかったらたぶん、やめてました

 

■「ダンスリーダー」は、本番に入ってからのダンスのクオリティを千穐楽まで保つのが役目

 

『ボディガード』は、ミュージカルコンサートを観ている感じで、愛が溢れて楽しい作品

 

 

<ミュージカル『ボディガード』日本キャスト版>
【大阪公演】2020年3月24日(火)~3月29日(日) 梅田芸術劇場メインホール
※3月19日(木)~3月22日(日)の公演は中止
【東京公演】2020年4月3日(金)~4月19日(日) 東急シアターオーブ
※新型コロナウイルスの影響で中止
http://bodyguardmusical.jp/

 

<関連リンク>
『ボディガード』公式 Twitter
https://twitter.com/BodyguardNIPPON
青山航士 ブルーマウンテン Cafe
http://aoyamakoji.jugem.jp/
F-spirit 青山航士
http://www.f-spirit.co.jp/f_artist_04aoyama.html

 

 

 

 

『ボディガード』 関連記事:

⇒すべて見る

 

青山航士 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※青山航士さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月18日(土)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

青山航士さん=撮影・NORI

青山航士さん=撮影・NORI

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.