「演出家の指示ではなく、全員で話し合って作る」、高野菜々・広田勇二対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「演出家の指示ではなく、全員で話し合って作る」、高野菜々・広田勇二対談(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2020年12月8日

2020年12月10日(木)に愛知の名古屋市公会堂で、12月19日(土)から東京の草月ホールで上演される音楽座ミュージカル『SUNDAY(サンデイ)』(以下『SUNDAY』)に出演する高野菜々(こうの・なな)さんと広田勇二(ひろた・ゆうじ)さんの対談、後編です。音楽座ミュージカルならではの制作メソッド「ワームホールプロジェクト」について、稽古場での具体的なエピソードも交えて話していただきました。

高野菜々さん(右)と広田勇二さん(左)=撮影・村岡侑紀
高野菜々さん(右)と広田勇二さん(左)=撮影・村岡侑紀

ーーオリジナルミュージカルを創る過程で、自然と「どんどん変わっていく」というやり方になっていったのでしょうか?

広田:僕たちがそうしようとしたわけではなく、音楽座ミュージカルの創設者である相川レイ子が、30年以上前から意図してそうしてきました。「音楽座ミュージカル」では、絶対的な力を持った演出家がいて、その人の指示通りに全部創りり上げるというやり方ではなく、テーマや方向性はリーダーである代表が担いながら、かかわる一人一人が当事者として作品創造に携わっていく「ワームホールプロジェクト」というシステムで作品を創っています。このあり方が、最近の企業で求められる組織の創造に生かせるということで、企業や学校の研修などでも注目されているんですよ。

高野:私たちも企業や学校での研修やワークショップのファシリテーターやトレーナーをやることも多くなってきました。何かを教えるような立場ではなく、一緒に見つけていくための伴走者に近いかもしれません。

ーー高野さんも広田さんも、そのコンセプトに共感されて入られたのですか?

高野・広田:いや全然違います! 元々は、ただミュージカルをしたかっただけですね(笑)。

広田:最初は、なんで研修のファシリテーターをしなければならないんだろう?って思っていましたね。でも、今はやっとつながってきました。これをやることで、舞台の上の表現も磨かれていくんです。研修では、そこで起こる様々なことと丸裸で向き合わなくてはいけません。決まったことをやる、というんじゃない、それがミュージカルの演技にも生きています。

高野:『SUNDAY』もそうですが、ミュージカルを創っているとき、とにかくカンパニー全体で徹底的に話し合って、本音をぶつけ合っていきます。

広田:芝居畑出身の人ほど、それに戸惑うんですよね。演出家からのオーダーを、いかに自分の技術で解決しながら超えていくかというアプローチをするというやり方に、みんな慣れていますから。

高野:馴染めないことも多かったですよね。稽古日なのに、一日中、話し合いで終わることもしょっちゅうなんですよ。あなたはどうしたい?って。もっと稽古しましょうよ、話し合いより踊りや歌の練習もしたいです、なんて思っていました(笑)。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、前代表が、役をおろされて絶望している人に「よかったわね、あなた!」と言った意味や、歌には自信のあった広田さんが入って最初のレッスンの時に全然歌えなくて驚いた理由、今『SUNDAY』をお客さまに届ける意味などについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■広田:前代表は、役をおろされた人にも「よかったわね!」と言っていました

■高野:本音をぶつけ合ううちに、全員で作品を届けたいという気持ちになれる

広田:小手先の技術ではなんともならないんだと気づいたんです

■高野:『SUNDAY』に私も救われました。今いちばん届けたい作品です

<音楽座ミュージカル『SUNDAY(サンデイ)』舞台映像オンライン配信>
【配信日時】2020年12月28日(月)19:00~2021年1月3日(日)22:00
【上演時間】約2時間30分
【視聴料金】4,400円(税込)
【配信場所】イープラス「Streaming+」
https://eplus.jp/sf/detail/0126900009-P0030094P021001

<音楽座ミュージカル『SUNDAY(サンデイ)』>
【ラボシアター】2020年10月31日(土)~11月1日(日) 東京・町田市内の音楽座ミュージカル「芹ヶ谷スタジオ」(この公演は終了しています)
【大阪公演】2020年11月12日(木) 東大阪市文化創造館大ホール(この公演は終了しています)
【広島公演】2020年11月16日(月) 上野学園ホール(広島県立文化芸術ホール)(この公演は中止になりました)
【愛知公演】2020年12月10日(木) 名古屋市公会堂
【東京公演】2020年12月19日(土)~12月20日(日) 草月ホール
※東京公演は完売
公式サイト
http://www.ongakuza-musical.com/works/sunday

<関連リンク>
音楽座ミュージカル 
http://www.ongakuza-musical.com/
高野菜々 Twitter
https://twitter.com/kounonana 
高野菜々 公式ブログ「ななのナナなの♪」
https://ameblo.jp/nana-kouno/ 
広田勇二 Twitter
https://twitter.com/yuji_hirota 

『SUNDAY』 関連記事:

⇒すべて見る

高野菜々 関連記事:

⇒すべて見る

広田勇二 関連記事:

⇒すべて見る

音楽座ミュージカル 関連記事:

⇒すべて見る


※高野菜々さん・広田勇二さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2021年1月7日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

高野菜々さん(左)と広田勇二さん(右)=撮影・村岡侑紀
高野菜々さん(左)と広田勇二さん(右)=撮影・村岡侑紀

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2021年1月掲載分
■ 2020年12月掲載分
■ 2020年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.