YouTubeで学ぶ英語:(87)米大統領就任式で話題になった詩人がトーク番組に登場 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

YouTubeで学ぶ英語:(87)米大統領就任式で話題になった詩人がトーク番組に登場

筆者: 松中みどり 更新日: 2021年2月13日

連載「YouTubeで学ぶ英語」の第87回です。2021年1月20日に行われた米大統領就任式で話題をさらった詩人のアマンダ・ゴーマンさんが、エレン・デジェネレスさんのトーク番組「エレンの部屋」に登場した動画で学びましょう。オバマ前大統領夫妻とのやりとりなど、就任式での経験を軽妙に語ります。

The Obamas’ Conversation Amanda Gorman Heard at the Inauguration   YouTubeチャンネル TheEllenSHowより
The Obamas’ Conversation Amanda Gorman Heard at the Inauguration YouTubeチャンネル TheEllenSHowより

※動画は文章に合わせた位置から再生されます。一度再生した後にもう一度指定位置から再生したい場合は、ページ全体を更新してから再生して下さい。

アマンダさんが就任式で詩を朗読するように言われたときの様子を聴いて、(  )の中を書き取ってください。ひとつの(  )にひとつの単語とは限りません。

Ellen: When did you find out that you were going to write the ( 1 ) poem?  就任式の詩を書くことになったのはいつですか?

Amanda: I found out on December 30th. I basically had a Zoom call with the presidential ( 1 ) committee. And they (   2    )of being ( 1 ) poet. And I screamed and I danced in my socks and it was just an amazing night.  12月30日に知りました。大統領就任式委員会からZoomで連絡が入って、就任式で詩を読む役割をオファーされたんです。私は叫び声をあげて、靴下のままで踊りました。素晴らしい夜でした。

Ellen: It’s dangerous to dance in your socks because they’re ( 3 ). Be very careful when you dance in your socks.  靴下で踊るのは危険ですよ、すべりやすいから。靴下で踊るときは十分注意してね。

もっと練習したかったけれど十分時間がとれなかったというアマンダさんに、エレンさんが問いかけます。「演壇にあがったとき、何を思って微笑んでいたの?」アマンダさんの答えを聴いて、(  )の中を書き取ってください。ひとつの(  )にひとつの単語とは限りません。

Ellen: Just I mean you had the whole world watching you and you just were (    4    ) And just it was, it was, I just, I didn’t know you but I was so proud because I can imagine what that moment was. When you arrived at the ( 5 ), there was a – you smiled for a minute. What was that moment? What were you smiling about? 全世界があなたを見ていたわけだけど、あなたはとても穏やかで雄弁だった。私はあなたのことを知らなかったけど、それでもとても誇りに思いました。あの瞬間がどんなものが想像できたから。演壇に登ったとき、あなたは少しの間微笑んでいたでしょう。あの時はどうだったの?何に微笑んでいたの?

Amanda : Well, there’s this beautiful moment where I step up to the ( 5 ) and it’s in this incredible location where I can see the Washington Monument. I can also see the Lincoln Memorial all in my (  6   ), and just feeling part of that history as the descendant of a slave. And I also smile because when I got up to the ( 5 ), I heard people below, which you can’t really see, clapping for me. And it was just this really surprising moment that, wow, people are really excited to hear what I have to say, to hear poetry. What an opportunity for our country and the world. And so I kind of giggle to myself, and then (  7  ). そうですね。演壇に上がったときは美しい瞬間で、そしてロケーションも信じられないほど素晴らしかったんです。ワシントン記念塔が見えるんですよ。それからリンカーン記念堂も視線の先にあります。奴隷の子孫として歴史の一部になったように感じていました。それから、演壇に上がると、みなさんからは見えない下の方にいる人たちが、拍手をしてくれているのが聞こえたんです。本当に驚きの瞬間で、「ワオ、みんな私が言わなければならないことを、つまり詩を、本当に聞きたいと思ってくれている」と感じました。私たちの国と世界にとってなんという機会なんだと思い、自分自身にちょっと笑いかけて、そして(詩の朗読を)始めたんです。

今回の『エレンの部屋』でのインタビューで一番面白かった部分です。オバマ前大統領夫妻とのやりとりをユーモラスに語るミランダさんの言葉を聴いて、(  )の中を書き取ってください。ひとつの(  )にひとつの単語とは限りません。

Amanda: And my mom kind of leaned in, and she (  8  ) that’s A-Rod! And I (  8  ) do you want to get a photo? She said, “Already done. Already did it.” And it was funny because I was there. And I remember Michelle Obama like being close and she kind of kept yelling at Barak, like stop hugging people, like stop (    9    ) people. And then when I was done, she kind of like pushed him out the way, and gave me just the biggest, warmest Michelle Obama hug. 母が寄りかかってきて、こんなことを言いました。「あそこにいるの、A-Rod*よ!」私が「写真撮りたいの?」と聞いたら、「もう撮ったわ」って。その場にいたからとても面白かったです。それから、ミシェル・オバマさんが近くにいらっしゃって、バラク・オバマさんに人と抱き合うのはやめなさいとか、人に近づくのはやめてと大きな声で呼びかけ続けていたのを覚えています。それなのに、私が詩を読み終えた後で、彼女はバラク・オバマさんを押しのけて私に、特大で一番温かいミシェル・オバマハグをしてくれました。


*A-Rod :米国の元プロ野球選手で、野球解説者のアレクサンダー・エマニュエル・ロドリゲス氏の愛称。婚約者のジェニファー・ロペス氏が、就任式で「This Land Is Your Land」「America the Beautiful」を歌った。

2021年2月7日(日本時間2月8日)に行われるアメリカンフットボールNFLの王座決定戦スーパーボールで、アマンダ・ゴーマンさんは詩を朗読します。コロナ禍でコミュニティに貢献した教師、看護師、退役軍人を称えるオリジナルの詩を披露するそうです。楽しみです。タイムの表紙も飾ったアマンダさん、これからもますます注目され、活躍の場を広げていくことでしょう。

<有料会員限定部分の小見出し>

聴き取りの答えと解説

アマンダ・ゴードンさんCNNインタビュー動画の一部解説

<関連リンク>
Amanda Gorman インスタグラム
https://www.instagram.com/amandascgorman/
Amanda Gorman ツイッター
https://twitter.com/theamandagorman
エレンの部屋 ホームページ
https://www.ellentube.com/

YouTubeで学ぶ英語: 関連記事:

⇒すべて見る


全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.