舞台『サイドウェイ』2021年3月20日から上演、日程・ビジュアル・ストーリー公開 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

舞台『サイドウェイ』2021年3月20日から上演、日程・ビジュアル・ストーリー公開

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2021年1月8日

カリフォルニアワインとピノ・ノワールの魅力を伝え、ワイン産業に多大な影響を与えたといわれるアカデミー賞受賞映画『サイドウェイ』を原作者レックス・ピケット本人が戯曲化した舞台『サイドウェイ』の東京芸術劇場シアターイーストでの上演日程が、2021年3月20日(土・祝)から3月25日(木)に決まり、新たなビジュアルやストーリーが公開されました。出演は、藤重政孝さん、神農直隆さん、壮一帆さん、富田麻帆さん、江浦優大さん、嶋村亜華里さん、片桐はづきさん、日本語上演台本・演出は古川貴義さん(箱庭円舞曲)、音楽は国広和毅さんが担当します。ボトルワイン付きチケットが発売される主催者先行の申込受付は2020年12月25日(金)から始まっており、2021年1月11日(月)23:59までです。

【2021年3月10日・追記】ジャック役で出演予定だった石井一孝さんは体調不調により降板し、神農直隆さんが出演することになりました。初日は当初3月17日(水)の予定でしたが、3月20日(土・祝)に変更となりました。

舞台『サイドウェイ』ビジュアル
舞台『サイドウェイ』ビジュアル

<STORY>

請負でテレビドラマや映画の脚本書きをしているマイルス(藤重政孝)は小説家として一本立ちする夢を捨てきれないまま40代になってしまった。いつまでも離婚の痛手を引きずり神経質なところのある彼は、ワインのことになると一家言もつこだわり派。そんな彼の古い親友で、いまは落ち目の俳優兼テレビディレクターであるジャック(神農直隆)がついに結婚することに。そこでマイルスは、結婚前最後の独身旅行を男2人で楽しもうと、安ワインの味しか知らないジャックをカリフォルニアのワイナリー巡りの旅へと連れ出す。バチェラー・パーティーよろしく、ハメをはずすことしか考えてないジャックに対し、必死にワインの素晴らしさを語って聞かせるマイルスだったがジャックの興味はやっぱりワインより女。そんな二人が訪れたサンタ・イネズ・バレーのワインレストランには店員として勤める女性、マヤ(壮一帆)がいる。マイルスとマヤは顔なじみで互いに興味を惹かれるがなかなか距離を縮められない。一方、マヤの友人でワイナリーのテイスティング・マネージャーをしているテラ(富田麻帆)と一目で惚れ合ってしまったジャックは、いきなり初対面で熱い夜を共に過ごす。そんな二人を横目にマイルスとマヤの関係はどこかぎこちない。見兼ねたジャックが二人をけしかけ上手くいきかけるが、そんなタイミングでジャックが1週間後に結婚するということがバレてしまいマヤとテラは激怒。マイルスとジャックの気ままな二人旅に暗雲が立ち込める。

舞台『サイドウェイ』に出演する(上段左から)藤重政孝さん、石井一孝さん、壮一帆さん、富田麻帆さん、(下段左から)江浦優大さん、嶋村亜華里さん、片桐はづきさん
舞台『サイドウェイ』に出演する(上段左から)藤重政孝さん、石井一孝さん、壮一帆さん、富田麻帆さん、(下段左から)江浦優大さん、嶋村亜華里さん、片桐はづきさん

<CHARACTER>

■マイルス(藤重政孝)
ワイン好きのしがない職業脚本家。小説家を目指して執筆しているが、出版社からは見向きもされず断られ続け落ち込みがち。

■ジャック(神農直隆)
ハリウッドを拠点に活動する鳴かず飛ばずの俳優。現在はテレビディレクターをしながら食いつないでいる。無類の女好きだがふらふらとした生き方を清算して家庭を持とうと試みるが決心がつかない。

■マヤ(壮一帆)
サンタ・イネズ・ヴァレーのワインレストランに勤める女性。あるきっかけからワインの勉強に夢中になり、いつか自分の農場を持つことが夢。

■テラ(富田麻帆)
ワイナリーでテイスティング・マネージャーを務めるバツイチの女性。自由気ままで刺激的な事が大好き。マヤとは気の合う仲間。

■ブラッド(江浦優大)
普段はトラックや重機の運転を仕事にしているが、副業的に葡萄園の害獣駆除も担う、胡散臭い20代後半の若者。

■ビクトリア(嶋村亜華里)
マイルスの元妻。知的で気品がある女性。マイルスと離婚後、証券関係の手堅い男性(マイルスとは真逆の)と再婚している。

■エヴェリン(片桐はづき)
マイルスの小説を出版社に売り込むための仲介役をやっているエージェント。マイルスとは長い付き合いで、彼の小説を気に入っているように見えるが、本音は不明。

サイドウェイ(映画) \1,905+税 発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン (C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.
サイドウェイ(映画) 1,905+税 発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン (C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

<STAFF>
原作・脚本:レックス・ピケット
翻訳:主計大輔
日本語上演台本・演出:古川貴義(箱庭円舞曲)
舞台美術:稲田美智子
照明:南香織(LICHT-ER)
衣裳:KO3UKE
音響:岡田悠(One Space)
ヘアメイク:竹節嘉恵
音楽:国広和毅
演出助手:城田美樹
舞台監督:上田光成(ニケステージワークス)
衣裳協力:WEGO、HARAJUKU CHICAGO、BIG TIME
協力: ap factory、is、キューブ、サードゲートエージェンシー、サンズエンタテインメント、スタジオ・サンパティック
宣伝デザイン:高橋誠己(think-small)
ウェブデザイン:柚木竜也(aboka design)
スチール撮影:安藤毅
PV撮影:角直和(極楽映像社)
PVアニメーション:佐竹大樹
PV製作:深沢麿央
票券:林晴美
宣伝:大林里枝
制作:横田梓水、田中理恵
制作助手:阿部楓
プロデューサー:宋元燮
製作支援:SWING
企画・製作・主催:conSept

舞台『サイドウェイ』フライヤー
舞台『サイドウェイ』フライヤー

<舞台『サイドウェイ』>
【東京公演】2021年3月20日(土・祝)~3月25日(木) 東京芸術劇場シアターイースト
※開場は開演の30分前 
※未就学児入場不可
公式サイト
https://www.consept-s.com/sideways/

<チケット>
■主催者先行:申込受付期間 12月25日(金)10:00〜1月11日(月)23:59
当落発表予定日:1月14日(木)
※ボトルワイン付きチケットは主催者先行期間のみの受付となります。
■プレイガイド先行:2021年1月16日(土)
■一般発売:2021年1月30日(土)
※チケット発売当初は、客席数は70%程度を想定して対応予定です。今後、新型コロナウイルス感染状況により変更可能性がありますので予めご了承ください。
【料金】
一般:8,800円(全席指定・税込)
ボトルワイン付き観劇券:12,000円(全席指定・税込)
配信視聴券:3,300円/ボトル付視聴券:6,500円(税込・ワイン送料別)
※配信日及び受付先は後日発表いたします。
※ボトルワイン付き観劇券はオリジナル・ワインオープナー付きでお届けします。
※ボトルワイン付き観劇券は別途送料1,000円(1本)がかかります。
●conSept公式
主催者先行
https://www.consept-s.com/earlybird/


『サイドウェイ』 関連記事:

⇒すべて見る

壮一帆 関連記事:

⇒すべて見る


<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
■ 2021年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.