「言葉にできない苦痛を」、『僕はまだ死んでいない』内海啓貴インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「言葉にできない苦痛を」、『僕はまだ死んでいない』内海啓貴インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年1月30日

VR(ヴァーチャルリアリティ)技術を活用し、演劇ならではの臨場感を360度の映像でオンラインで楽しめる形にしたVR演劇『僕はまだ死んでない』が、2021年2月1日(月)から配信されます。新型コロナウイルス感染症が拡大するなか、もし身近な存在の人が倒れたら、家族や友人、自分は何を想い、何を選択するのか。VR演劇『僕はまだ死んでいない』は、病に倒れて体を動かすことができなくなった人とその周りの人たちの人間模様を描いた作品です。アイデアニュースでは、主演の内海啓貴さんにインタビューし、収録の感想や作品への思いなどを伺いました。

内海啓貴さん=撮影・岩村美佳
内海啓貴さん=撮影・岩村美佳

――撮影はどんな風に?

僕は劇場での収録だけでなく、海辺でロケもしました。黄色いブランコをロケ地に持っていって、海辺でブランコをしながら、錦鯉と一緒に芝居をしました。

――撮影を終えられて、VR演劇についてどう思われましたか?

舞台でもあり、映像でもある、新しい演劇です。舞台でお客さんの生のリアクションがあるのとはまた違って、どういう仕上がりになるのかわからないということが、ひとつの答えでもありますね。どこから観られているかわからないので。

――360度ですもんね。

今回は僕主観のVRなんです。お客さんが舞台上にいる感覚になれることって、なかなかないと思います。観ていてどういう風に映るのか、僕もまだわかりませんが、普通の舞台よりも、お客さんが僕に感情移入しやすい作りになっていると思うので、細かいところまで楽しんでいただけたらいいなと思っています。

――作品の物語について、どう思われましたか?

僕の役は、意識はあるけれど体が動かなくなってしまう病気になってしまうんです。ロックトインシンドローム(閉じ込め症候群)という症状で、ヨーロッパの有名雑誌編集長が、その状態になったあと瞬きだけで小説を書いたという実話もあります。誰もがなる可能性のある病気なので、もし自分だったらと考えました。寝そべって、何もしゃべらずに目だけのお芝居もしましたが、自分の思いを言葉にできないってこんなに苦痛なんだと思いました。その苦痛、自分が動けないことを突き詰めていくと、自分に残っているものは自分の過去の記憶や想像しかなくて、そこに逃げ込むしか生きるすべはない。僕の台詞にもありますが、想像の世界で生きている感覚があるんです。難しかったですが、本当に繊細に作っていこうと思いました。

病室のセットが開いて、黄色いブランコが出てくるシーンがあるんですが、お客さんがもしこの病気になってしまったら、こういう風に想像の世界で生きていたりすることになると思います。僕の芝居で何かを受け取ってほしいなと思いました。

コロナ禍の中でこの作品をやることは、絶対に意味があると思います。今は病院に面会に行くこともできないですし、なかなか演劇も体験することもできないですよね。この時代に、生死に関わる作品を創ることは大事なことですし、命の大切さを大事にしながら創っていきたいと、プロデューサーの方々と話していました。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、演じる側にとって通常の映像作品とVR演劇がどう違うのかや、内海さんが今回演じた白井直人役と自身が似ている点や、今回の作品で見せたいと思った部分などについて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。1月31日(日)掲載予定のインタビュー「下」では、作品についてのほか、内藤さんに1年前に『アナスタシア』出演でアイデアニュースのインタビューに初めて登場していただいてからの1年などについても伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■VR撮影は10分・20分の長回しで、噛んだら最初から。緊張感が…

■子どもに対する思いなど、役として新しい挑戦もたくさんありました

■あの症状で、どういう風になったら自分は幸せなのかと考えながら

■「俺は想像の世界で生きやすくなったんだよ」という変化を見せたかった

VR演劇『僕はまだ死んでない』
VR演劇『僕はまだ死んでない』

<VR演劇『僕はまだ死んでない』>

原案・演出:ウォーリー木下
脚本:広田淳一
音楽:吉田能

出演:内海啓貴 斉藤直樹 加藤良輔 輝有子 渋谷飛鳥 瀧本弦音 木原悠翔

配信チケット販売: 発売中~2021年2月28日(日)23:59
閲覧開始:2021年2月1日(月)18:00 より
閲覧期間:7日間

VR演劇『僕はまだ死んでない』 公式サイト
https://stagegate-vr.jp/

<関連リンク>
内海啓貴オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/utsumi-akiyoshi/
内海啓貴|サンズエンタテインメント
http://www.suns.fm/akiyoshi-utsumi/
内海啓貴Twitter
https://twitter.com/utsumi_akiyoshi

『僕はまだ死んでない』 関連記事:

⇒すべて見る

内海啓貴 関連記事:

⇒すべて見る


※内海啓貴さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは 2月28日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

内海啓貴さん=撮影・岩村美佳
内海啓貴さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.