「リアルな会話を演劇的に」、『僕はまだ死んでない』矢田悠祐・上口耕平(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「リアルな会話を演劇的に」、『僕はまだ死んでない』矢田悠祐・上口耕平(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年2月13日

舞台『僕はまだ死んでない』が、2022年2月17日(木)から2月28日(月)まで博品館劇場で上演されます。ウォーリー木下さん原案・演出の舞台で、初日の2月17日と2月18日の2公演は、VR映像での生配信も行われます。2021年に、VR演劇として制作された作品が、有観客の演劇版として上演されます。ある日突然病に倒れ、身体が動かせず意思疎通が取れない状態になった主人公と、その幼馴染、父、妻、担当医、5人の登場人物をめぐる物語。2022年withコロナの時代に、終末医療とどう向き合うのかを問いかける作品です。

アイデアニュースでは、主人公・直人役とその幼馴染・碧役を、回替わりで交互に演じる、矢田悠祐さんと上口耕平さんにインタビューしました。合同取材と独自インタビューの内容を、上、下に分けてお届けします。「上」では、本作への出演がきまった時の思い、ウォーリー木下さんとの稽古のこと、直人役を演じるに当たってのお二人それぞれの役作りのこと、稽古の中で感じるお互いへの思い、直人役を演じる難しさなどを伺いました。「下」では、会ったときからお互いに波長が合うと感じていたこと、久しぶりのストレートプレイ出演にあたって思うこと、直人役と碧役のどちらの自分により新しさを感じているかなどについて伺った内容と、両パターンの観劇が難しい場合も踏まえた上でのお客さまへのメッセージを紹介します。

矢田悠祐さん(右)と上口耕平さん=撮影・岩村美佳
矢田悠祐さん(右)と上口耕平さん=撮影・岩村美佳

ーー本作は2021年にVR演劇として配信され、今回は舞台版です。ご出演が決まったときの気持ちをお聞かせください。

矢田:ストレートプレイの舞台に出演することがあまりなかったので、久しぶりだなと感じました。題材が終末医療で命に関わることで、意識しないと触れないような、僕自身もこういう機会がないと考えることがなかなかないので、いいきっかけになると思いました。

上口:僕もストレートプレイがすごく久しぶりなので、単純に挑戦できることが嬉しかったです。命に関わるテーマなので、具体的に「自分だったらどうだろう」と考えるきっかけになりました。目をつぶってきた部分を、正面から見る勇気、覚悟みたいなものを最初に持ちましたね。今回、最初からダブルキャストでというお話は聞いていたので、役を交互に演じていくということにも、挑戦する気持ちがわきました。特に、直人役に関しては、基本的にはベッドに横になっている状態が続いているVR版を観ました。そういう状態で舞台上にいることも初めてですから、未知の体験という感覚で「どうなっていくんだろう」と、いろいろと想像を膨らませていました。

ーーウォーリー木下さんとの稽古で、どのようなことをお話されていますか?演出面と、テーマ性の面からお聞かせください。

矢田:今、話し合っているのは、自分たちの役がどのような状況に置かれているのかについての、細かい背景の部分です。演出は今のところ、全体を通して一周目なので、まだそこまで細かくがちがちに決めているわけではないですよね?

上口:そうだね。

矢田:碧の役だったら碧の解釈をするなど、トライアンドエラーを繰り返しているような感じです。

上口:台本自体が、特に後半にいけばいくほどシリアスな内容になってくるので、会話だけだと、すごく静かな空気になるんです。でも、それがリアルじゃないですか。病室で家族や友人、先生と会話を繰り広げていくときは、基本的に静かな時間が流れていると思うんですよね。今、稽古中に模索しているのは、演劇的に、どういう緩急で、どういう波を作っていくのかです。演者のアイデアと、それを観たお客さんやウォーリーさんの判断などを組み合わせながら、リアルな会話をいかに演劇的に見せるか。そこを矢田くんと一緒にもがきながら「ああでもない、こうでもない」と。

矢田:直人と碧と、入れ替わりながら稽古しているんですよね。

上口:「これだとリアルだけれど、静かだし」「でも、ここを誇張するのは違うんじゃないか」など、いろいろもがきながら答えを探している段階ですね。稽古場で、ウォーリーさんと一緒に、みんなが同じベクトルで、そういうことを考える時間も好きです。ウォーリーさんの言葉や舵の取り方だからだと思うのですが、同じ方向を向いているなと思うんです。とても幸せないい時間です。テーマに関しても、ウォーリーさんの知人が体験されたことや、キャストそれぞれが本についてどう思うか、そういう経験があるか、それに近いような経験があるかみたいなことを3時間くらい話したよね?

矢田:そうですね。最初の日に、結構時間を取っていたただきました。僕はそういう体験がありませんでしたが、あの空間でそれぞれの体験を聞かせていただくことで、自分の考えが変わり、役に反映されています。思いや考え方を全員でシェアできた時間でした。今の稽古場は、何か疑問に思ったら、どのタイミングでも話を聞いてもらえる空間ですね。

ーー今、上口さんが「ウォーリーさんと、演劇的な波をどう作っていくか話し合っている」とおっしゃっていましたが、矢田さんはその点に関して、ウォーリーさんと何かお話しされましたか?

矢田:ウォーリーさんとお話してみると、結構感覚が一緒だったんです。感じていることは同じなのだなと思いました。やり取りがリアルで、お客さんの前で演じるとなると、しんどい感じがするなというところがあるんです。そう感じている部分が、ウォーリーさんと同じだなと思いました。役の感情や、碧がどうしたいと思っているのかという気持ちをすり合わせて、自分の中で腑に落としていくことが難しくもありますが、役者としてやるべきことなので、今模索しているところです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、直人役を演じるに当たってのお二人それぞれの役作りのこと、稽古の中で感じるお互いへの思い、直人役を演じる難しさなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2月14日掲載予定のインタビュー「下」では、会ったときからお互いに波長が合うと感じていたこと、久しぶりのストレートプレイ出演にあたって思うこと、直人役と碧役のどちらの自分により新しさを感じているかなどについて伺った内容と、両パターンの観劇が難しい場合も踏まえた上でのお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■矢田:ウォーリーさんからの参考資料を、YouTubeなどで観て役作りをしている

■上口:ふたりでよかった。波長の合う矢田くんと、同じ問題を一緒に悩めるのが心強い

■矢田:本当にいいなと思う部分は、「いただきます、それ」と、どんどん真似も

■上口:ほとんど体を動かせない直人。目で、感情を本気で伝えるつもりで演技したい

<舞台「僕はまだ死んでない」>
【東京公演】2022年2月17日(木)~2月28日(月) 博品館劇場
公式サイト
https://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2022/bokumada2022/index.html

「僕はまだ死んでない」 関連記事:

⇒すべて見る

矢田悠祐 関連記事:

⇒すべて見る

上口耕平 関連記事:

⇒すべて見る

※矢田悠祐さんと上口耕平さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月13日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

矢田悠祐さん(左)と上口耕平さん=撮影・岩村美佳
矢田悠祐さん(左)と上口耕平さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ゆみk より:

    同じ役を演じているのに、お2人でこうも違う表現になるのか!と観劇して驚きました。特に直人はかなり違って驚きました。セリフや動きは同じなのにすごいです!
    また、直人は寝たきりで目以外は動かせない(たぶんまつ毛も動かせない?)のに、伝わってくるものが沢山ある事にも驚きました。
    すごく見ごたえがありました!

  2. ショコラ より:

    素敵な記事とお写真をありがとうございます。
    波長が合うお二人が良い相乗効果を発揮し役を深めているようで、お二人の関係性も伝わってきました。
    お稽古でいろいろもがきながら答えを探しながら作り上げたこの作品を、17日から観劇するのがますます楽しみになりました。
    明日の続きの記事を早く読みたいです!!

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.