YouTubeで学ぶ英語:(92)I belong here! I am proud to be Asian! | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

YouTubeで学ぶ英語:(92)I belong here! I am proud to be Asian!

筆者: 松中みどり 更新日: 2021年4月24日

連載「YouTubeで学ぶ英語」の第92回です。コロナ禍が始まって以降、アメリカの都市部ではアジア系アメリカ人へのヘイトクライムが急増中です。特にニューヨークは前年比833%増*という酷さ。ヘイト反対の声を上げ始めた著名な俳優の言葉を中心に、英語の表現を学んでいきましょう。

Sandra Oh Gives Fiery Speech at Rally Against Asian Hate      YouTubeチャンネル NowThis News
Sandra Oh Gives Fiery Speech at Rally Against Asian Hate  YouTubeチャンネル NowThis News

※動画は文章に合わせた位置から再生されます。一度再生した後にもう一度指定位置から再生したい場合は、ページ全体を更新してから再生して下さい。

ドラマ『キリングイブ』や『グレイズアナトミー』で人気の俳優サンドラ・オーさんは、韓国系カナダ人の俳優で、アメリカを拠点に活躍しています。新型コロナウイルスの感染拡大以降、アメリカではアジア系住民に対しての深刻なヘイトクライムが急増。都市部では、高齢者や女性への暴力が大きな問題になっています。特にニューヨークでのヘイトクライム前年度比833%増加*は驚くべき数字です。2021年3月20日ペンシルバニア州ピッツバーグで行われた反ヘイトデモに飛び入り参加して、力強いスピーチをしたのがサンドラさんでした。彼女の言葉を聴いて、(  )の中を書き取ってください。ひとつの(  )にひとつの単語とは限りません。

*この数字は、FACT SHEET: Anti‐Asian Prejudice March 2020  Center for the Study of Hate &Extremism ヘイトと過激主義研究センターの調査によります。 

Hello, my name is Sandra Oh. Pittsburgh, I am so happy and (   1    ) and thank you, Jake and all the organizers, for organizing this. Just to give us an opportunity to be together, and to( 2 ) together, and to feel each other. For many of us in our (  3  ) this is the first time we were even able to voice our fear and our anger. And I really am so ( 4 ) for everyone willing to, willing to listen. こんにちは。サンドラ・オーと申します。ピッツバーグの皆さんと一緒にここにいられることをとても嬉しく、誇らしく思います。ジェイクさんや主催者の皆さん、このイベントを開催してくださってありがとうございます。私たちが一緒になり、一緒に立って、お互いを感じあえる機会を与えてくれて感謝します。私たちの地域に住む多くの人たちにとって、恐れや怒りを声に出すことができたのは、これが初めてなのです。喜んで耳を傾けてくださる皆さんにも、本当に感謝しています。

サンドラさんの言葉に耳を傾けているcrowd:群衆から、答える声があがっています。話の続きを聴いて、(  )の中を書き取ってください。ひとつの(  )にひとつの単語とは限りません。

I will offer – I will ( 5 ) everyone here: if you see something, will you help me? 私は、ここにいる皆さんにお願いしたいんです。何か(ヘイト)を見たら、私を助けてくれますか?

Crowd : Yes! もちろん!

If you see one our sisters and brothers in need, will you help us? もし私たちのシスターやブラザーが困っているのを見たら、助けてくれますか?

Crowd : Yes! もちろん!

And so we must understand as Asian Americans, we just need to ( 6 )our hand to our sisters and brothers and say, “Help me.” and “I’m here.” アジア系アメリカ人として理解しなければならないのは、シスターたちやブラザーたちに手を差し伸べあって、「助けて」とか「私はここにいるからね」と言えばいいということです。

様々なメディアに取り上げられたサンドラさんの力強いチャンツが入っているのが次の部分です。拡声器の向きによって聴こえにくい部分がありますが、この動画には字幕も入っているので大丈夫です。最初は耳だけで確認して、(  )の中を書き取ってください。ひとつの(  )にひとつの単語とは限りません。

And just for one thing, I am proud to be Asian! I wanna hear you say: I am proud to be Asian! そしてもうひとつだけ。私はアジア人であることを誇りに思う! これを皆さんの声で聞きたいです。 私はアジア人であることを誇りに思う!

Crowd : I am proud to be Asian! 私はアジア人であることを誇りに思う!

I belong here! 私の居場所はここだ!

Crowd :I belong here! 私の居場所はここだ!

I am proud to be Asian! 私はアジア人であることを誇りに思う!

Crowd : I am proud to be Asian! 私はアジア人であることを誇りに思う!

I belong here! 私の居場所はここだ!

Crowd :I belong here! 私の居場所はここだ!

Many of us don’t (  7  ) to be able to say that, so I just wanted to (   8  ) to be able to shout that. Thank you so much. 私たちの多くは、このことを言うチャンスがなかったんです。だから大きな声で叫びたかった。そんな機会を与えてくれて、本当にありがとうございました。

こちらは、アジア系の俳優Daniel Dae Kimさんが、アジア系アメリカ人へのヘイトクライムについて議員の前で話した動画です。刃物で顔を切られ殺害された男性、火をつけられた89歳の女性、射殺された人々など、ヘイトクライムの事例をあげて訴え、一国の歴史の中で未来を明確に示す瞬間が今だと、2300万人のアジア系アメリカ人は団結し、目覚めようとしていると話しました。

アメリカにおいて、アジア系の人たちへの差別はこれまでも存在しました。しかし、新型コロナウイルスをトランプ前大統領が”チャイナウイルス”という名前で呼び、差別の意図をもって繰り返し発言していたことが引き金になったのではないでしょうか。国の代表の言葉をいいことに、偏見の強い人たちが、アジア系の人たちを大っぴらに差別し始めました。そんなふうに思えるほど、ひどい事件が続いています。有料部分では、バイデン米大統領がアジア系アメリカ人への悪質なヘイトクライムに言及するスピーチから始まる動画と、CNNのリポーターAmara Walkerさんが経験したヘイトについて語っている動画を紹介します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■聴き取りの答えと解説

Anti-Asian hate crimes関連動画紹介

<関連リンク>
NowThis News YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCn4sPeUomNGIr26bElVdDYg
NowThis News ホームページ
https://nowthisnews.com/
Center for the study of hate and extremism (CSUSB) Fact sheet anti-Asian hate 2020 PDF資料
https://www.csusb.edu/sites/default/files/FACT%20SHEET-%20Anti-Asian%20Hate%202020%203.2.21.pdf

YouTubeで学ぶ英語: 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

〈敵〉と呼ばれても [ ジョージ・タケイ ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/4/22時点)


全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2021年5月掲載分
■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.