「我々は手を取りあって前に進まなければいけない」、加藤和樹インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「我々は手を取りあって前に進まなければいけない」、加藤和樹インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年2月26日

2021年3月6日(土)から3月23日(火)まで、東京芸術劇場プレイハウスで上演されるミュージカル『バーナム』(兵庫公演、神奈川公演あり)に19世紀半ばのアメリカで大きな成功を収めた興行師、P.T.バーナム役で主演する加藤和樹さんのインタビュー、後半です。アイデアニュースの独自インタビュー部分をお届けします。『Kazuki Kato 〜Thank you for coming! 2〜』全国ツアー完走について、加藤さんと中川晃教さん・海蔵亮太さんが登場した『僕たちの冒険! LOVE SONGS を探して!』についてのほか、アーティストデビュー15周年となる2021年が始まって今思っていることを伺いました。

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳
加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

――YouTubeチャンネルに東京公演の映像が公開されていましたが、『Kazuki Kato 〜Thank you for coming! 2〜』全国ツアー完走おめでとうございます。

ありがとうございます。

――終えてみて、いかがですか?

『ローマの休日』もそうでしたが、本当にこういう状況の中で、お客様、ライブハウスの方、劇場の方、皆さんの協力なくしては、成し得ないことだったと思います。いつもの形とは違うものなので、満足感や、お客様のストレスになっているかどうかは、お客様にしか分からないですが、そういうことも含めた上で楽しんでくれているのがすごく分かりました。正直、やっている最中は、毎日不安はありました。どうしても移動を伴うものですし。でも、本当にみんながひとりひとり徹底してやっていたことが功を奏して、自分も含めて感染者もひとりも出さずに終えることができたのは、自信にもなりましたし、同じ業界の人たちにもメッセージになったのではないかと思います。

――『ローマの休日』も、両方完走はすごいですね。

こういう状況下でどうやったらできるんだろうかと、やっぱり我々は考えていかなきゃいけないんだなと、すごく感じました。もちろん苦渋の決断をして、公演中止になった地域もあります。でも、その中で、やればできることを見つけていかないと、いつまで経ってもそこから這い上がってこられない感じがするんですよね。ですので、これが大きな自信となって、ひとりひとりがしっかり気を付ければできるんだということを、もっと知って欲しいというか。もちろん、そこに来るか来ないかという判断はお客様に委ねてしまうことになりますが、我々が「絶対安全です」というものを打ち出して、安心して安全に観に来ていただくことを、こちらが提示するべきなんだと思いました。

――お客様の反応はいかがでしたか?

今回、お客様と直接お話しする機会がなくなってしまったのですが、Twitterのコメントや、事務所に届いたお手紙を読ませていただいて、「迷ったけれど、行ってよかった」という言葉がすごく多かったんです。「こういう状況下で開催してくださって、ありがとうございます」とか。やっぱり自分たちも含めて、緊急事態宣言が一番最初に出た時の暮らしというのは、すごく暗かったですし、これからどうなっていくんだろうという不安がありましたが、それでも動き出したエンタメ業界が、少しずつその明かりを灯していって、また元に戻りつつある状況が、やはり皆さんにとっての光なんだなと、その思いを受け取ったというか。逆にやっていいんだなと、勇気や元気をもらいました。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、加藤さんが『僕たちの冒険! LOVE SONGS を探して!』配信で自らチャットに参加した意味や、アーティストデビュー15周年となる2021年が始まって今思っていること、コロナ禍の中でもポジティブなメッセージしか伝わってこないように思える加藤さんも実はコロナで落ちたことがあることなどについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■(『僕たちの冒険! LOVE SONGS を探して!』にチャット参加)一緒に楽しむのが大事

■面白かったのは、アッキーさんが入ってきたこと。知らなかったんです

■アーティストデビュー15周年でもありますし、忘れられない1年にしたい

■僕もコロナで一回落ちてから「下を向くのはやめよう」と自分に言い聞かせた

<ミュージカル『BARNUM』>
【東京公演】2021年3月6日(土)〜3月 23日(火) 東京芸術劇場 プレイハウス
【兵庫公演】2021年3月26日(金)〜3月28日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
【神奈川公演】2021年4月2日(金) 相模女子大学グリーンホール
公式サイト
https://musical-barnum.jp/

<関連リンク>
ASSIST | 加藤和樹 Official Web Site
http://www.katokazuki.com/
加藤和樹 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/katokazuki-blog/
加藤和樹 Twitter
https://twitter.com/kazuki_kato1007

『BARNUM』 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

Thank you for coming! 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Addicted BOX (TYPE A CD+DVD) [ 加藤和樹 ]
価格:2250円(税込、送料無料) (2021/2/24時点)


※加藤和樹さんのサイン入りチェキを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月25日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。【4月3日追記:おわび】このプレゼントは「3名さま」ではなく「2名さま」が対象でした。おわびして訂正します。

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳
加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. yuki より:

    いつも興味深く拝見させていただいています。
    コロナ禍でツアーとローマの休日を無事に完走した和樹さんがそれらを終えて感じたこと、そしてバーナムにかける思いを、私達と同じ目線で和樹さんを捉え、引き出してくださる岩村さんの記事は本当に嬉しいです。
    今回も素敵なインタビューとお写真をありがとうございました。
    和樹さんの力強い言葉に期待しかありませんが、まだ見ぬバーナムの姿に思いを馳せて開幕を楽しみにしています。

  2. とうふ より:

    バーナムが楽しみになると同時に、和樹さんの色々な思いが伝わってきて嬉しいです。改めて色々な場で活躍されてると同時に、それぞれにしっかり向き合う姿が感じられて本当にファンでいられてよかったと思います

  3. とーや より:

    読みごたえのある記事をありがとうございます。
    和樹からはいつもいつも、前向きな気持ちをもらっています。それは、決して彼が悩んでいないからではなく、悩んでも苦しんでも、立て直して前を向くしなやかな心を持っているからだと思います。改めてその事を感じられる記事でした。
    ありがとうございました。

  4. kyoko より:

    読み応えたっぷりのインタビューと
    素敵なお写真、いつも楽しみにしています。
    今回もありがとうございました。
    自粛期間中、和樹さんが発進し続け、届けて下さった熱い想いやメッセージがどれだけ大きなパワーになったことか…。
    記事を読みながら、改めて感謝の気持ちが溢れてきました。
    これから始まるBARNUMも、本当に本当に楽しみです!

  5. keitatu より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    和樹さんの思いが伝わるインタビューでした。
    これからも楽しみにしています。

  6. より:

    『下』も素敵なインタビューをありがとうございました。
    和樹さんのこういう物事の捉え方や未来への進み方…大好きです。
    共感もできるし、いつも大きなパワーをもらっています。
    『今』だから語れる想いをたくさん聞き出して記事として言葉にしてくださったことに感謝です。
    今後も和樹さんとのインタビュー記事、楽しみにしています♪

  7. きゃら より:

    上下ともに読み応えのあるインタビューでした。
    ツアーもローマの休日も完走し、この状況の中でも繋がりを感じられたのは和樹さんや関わる皆さんの並々ならぬ努力と強い思いゆえのことだと思います。
    BARNUMもきっと最後まで駆け抜けてくれると信じています。この記事を読んでますます楽しみになりました!
    いつも素敵な記事とお写真をありがとうございます。

  8. ゆう より:

    後編の掲載ありがとうございます。
    エンタメへの思い、ファンの目線で見て楽しい嬉しいことを考えて実行して下さるからこそ、私達ファンはいつも幸せを感じられるのだなとインタビューを読み感じました。
    一度落ち込んだからこそ「前を向き進む」ということを強く意識されていること、その思いがポジティブなエネルギーとなって伝わってくるんですね。
    和樹さんに会いに行くと「来て良かった」と同時に「これだけの事をしてくれているのだから私達がその思いを無駄にしてはいけない」という気持ちになります。
    おこがましいですが、これからも同じ空間を共有し作り上げる一員でいたいと思います。
    15周年、盛り上がること間違いなし!ですね。

    最後に、BARNUMへの思い、そして和樹さん自身のエンタメへの思いをインタビューして下さりありがとうございました。
    これからも楽しみにしています。

  9. りり より:

    「上」「下」ともたいへん読みごたえのある記事でした!加藤さんの、BARNUMへの想い、見事に完走したローマの休日とツアーのお話、僕たちの冒険配信時のチャット参加のお話まで余すところなく網羅していただいて、ファンにはとても嬉しい内容でした。ありがとうございます!お写真も素敵でまもなく始まるBARNUMがますます楽しみです!

  10. taro より:

    2日間に渡り、加藤さんの気持ちをたくさんインタビーしていただきありがとうございました。
    コロナ禍での向き合い方に胸が熱くなりました。

    いつも、掘り下げて聴いていただいているので、毎回読むのが楽しみです。
    これからもよろしくお願い致します。

  11. non より:

    僕たちの冒険で和樹さんとあっきーさんがチャットに参加してくれてとっても嬉しかったです。
    いろいろ考えて発信し続けてくださり感謝しかありません。私は今どん底にいますが、和樹さんのポジティブな言葉に救われています。
    15周年も何らかの形でお祝いしたいですね。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.