「ビルボードライブでのソロは初めて。ワクワク」、日野真一郎インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ビルボードライブでのソロは初めて。ワクワク」、日野真一郎インタビュー(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年3月18日

2021年3月23日(火)にビルボードライブ東京で、3月30日(火)にビルボードライブ大阪で、ソロライブを開く日野真一郎さんにインタビューしました(東京公演の2ndステージは配信あり)。日野さんは、宮原浩暢さん、佐賀龍彦さん、佐藤隆紀さんとの計4人で構成するヴォーカルグループ「LE VELVETS」(ル ヴェルヴェッツ)のメンバーで、日野さんがソロでビルボードライブの舞台に立つのは今回が初めて。インタビューでは、今回のソロライブの内容や公演に向けての想いなどについて伺ったほか、日野さんの幼少期からこれまでについても話していただきました。上下に分けて、2日連続で掲載します。

日野真一郎さんの過去のライブより=写真提供:株式会社エスエル・カンパニー
日野真一郎さんの過去のライブより=写真提供:株式会社エスエル・カンパニー

ーービルボードライブでのライブに向けて、準備はいかがですか。

昨日、リハーサルをしたところです。いつもお世話になっているピアニストの光田健一さんと合わせたことで、アレンジや選曲の方向性が見えてきました。まだちょっと本番までは時間があるので、どんどん違う形になっていきそうです。

ーーリハーサルを繰り返しながら、変わっていくのですね。

段階があるんです。昨日は一番最初のリハーサルだったので、ライブ全体の構成を考えるのがメインでした。全体でどういう世界観にするか。流れをどうもっていくか。それぞれの曲をどう活かすか。そのためには、どんなアレンジが必要か…。もちろん歌うシーンもありましたが、そんなことを相談する場になりました。

ーー日野さんのソロコンサートといえば「Memoria」シリーズがあります。今回のソロライブは、このシリーズの続編でしょうか。

いえ、今までの「Memoria」とは全く別物になります。ビルボードライブさんの空間の雰囲気を大切にしつつ、そこにどう合わせるかという方向で今練っているところです。

ーーライブのコンセプトや選曲は、場の雰囲気に合わせながら考えられているのですか。

はい。ライブをする時には、まずセットを考えます。例えば、LE VELVETSでのコンサートを王宮っぽいステージセットで行ったことがあるのですが、その時には、この空間ならクラシックぽいのがいいのかな、と考えましたね。ソロも同じなんです。「Memoria」は、基本的にホールで行うコンサートなので、ステージの上にどういう世界を作ろうかと考えるところから始めます。でも今回の会場は、ビルボードライブ。既に「ビルボードライブならでは」という世界観がある舞台です。

ーービルボードライブならではの、ライブになりそうですね。

聴いてくださる皆様が、ビルボードライブという空間の中で、どんな曲を聴きたいかという観点で選曲をしています。「ビルボードライブといえばあの曲だ」とか「ビルボードライブで絶対に聴きたいのはこの曲」とか。あの雰囲気の中で、僕がどう合わせてライブを作っていくかというところを楽しんでもらいたいです。本当に素晴らしい空間ですから。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、LE VELVETSが活動を開始した時、第一回目の路上ライブをした場所がビルボードライブが入っている建物に面している道路だったことや、そのビルボードライブでソロライブを開くことについての想い、会場限定のスペシャルカクテルとスイーツに日野さんが盛り込んだ希望、LE VELVETSの魅力などについて語ってくださったインタビュー前半の全文を掲載しています。3月19日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、日野さんが幼少期に歌と出会ったきっかけや、音大で学んだこと、自粛期間中にYouTubeにアップしたピアノ弾き語り動画や、最近出演したコンサート「LOVE SONG COVERS」、コンサートやライブをすることができなかった昨年中にファンの方々から届いた声への想いなどについて話してくださったインタビュー後半の全文を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■路上ライブの第一回は、ビルボードライブが入っている建物に面した道路でした

■今回、初挑戦となる内容も。日野真一郎の新たな姿を、一面も二面もお見せします

■会場には、スペシャルカクテルとデザートを用意。大好きなストロベリーが主役です

■LE VELVETSのハーモニーは、「違う声質」のハモリだからこそ唯一無二

<日野真一郎(LE VELVETS)ライブ>
【東京公演】2021年3月23日(火) Billboard Live TOKYO
【大阪公演】2021年3月30日(火) Billboard Live OSAKA
公式サイト:
ビルボードライブ東京
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=12616&shop=1
ビルボードライブ大阪
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=12617&shop=2
【生配信】(Streaming+)
2021年3月23日(火)18:00~ Billboard Live TOKYO[2nd]
https://eplus.jp/sf/detail/1487220002-P0030010?P4=001&P6=001&P1=0402&P59=1

(写真左上)東阪共通のカクテル「アレグリア」、(右上)東京公演のデザート「ストロヴェリーヌ」、(右下)大阪公演のデザート「スターダスト」、(左下)大阪公演のデザート「ストロヴェリーヌ」=写真提供:阪神コンテンツリンク・ビルボード事業部
(写真左上)東阪共通のカクテル「アレグリア」、(右上)東京公演のデザート「ストロヴェリーヌ」、(右下)大阪公演のデザート「スターダスト」、(左下)大阪公演のデザート「ストロヴェリーヌ」=写真提供:阪神コンテンツリンク・ビルボード事業部

<カクテル・デザート・フード>(公演直前に変更となる場合があります。価格はいずれも税込)

カクテル「アレグリア」(東阪共通)
日野真一郎さんのリクエストから生まれたオリジナルサングリア。ブルーベリー、ストロベリー、パイナップルなどのフルーツをふんだんに使用し、果実味あふれる味わいで口の中がアレグリア(喜び)でいっぱいになります。(アルコール1,500円、ノンアルコール1,300円)

デザート「ストロヴェリーヌ」(東京公演)
日野真一郎さんからのリクエスト、苺を使用したパフェをご用意しました。春の訪れを感じる見た目も可愛らしい苺パフェ。苺の酸味とクリームの滑らかさがマッチ。日野さんのお墨付きです。(2,000円)

デザート「スターダスト」(大阪公演)
日野真一郎さんの公演限定でご用意した文旦と八朔のフルーツサラダ。ミモザカラーとシフォンケーキのチューリップサンドを盛り合わせた一品です。(1,300円)

デザート「ストロヴェリーヌ」(大阪公演)
苺10粒使用した苺尽くしのデザートです。3種のベリーを使用したロールケーキや桜フレーバーやグレープフルーツのゼリー、食感を楽しんでいただける仕掛けが詰まったグラスデザートです。(1,600円)

<関連リンク>
LE VELVETS オフィシャルサイト
https://www.le-velvets.com
日野真一郎オフィシャルTwitter
https://twitter.com/V_S_Hino
日野真一郎 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCb2_qMaPokKBuoY2dEvgAFA/featured
日野真一郎 Instagram
https://www.instagram.com/hinoshinichiro/
日野真一郎ブログ
https://ameblo.jp/shinichiro-hino/
LE VELVETS オフィシャルTwitter
https://twitter.com/le_velvets
LE VELVETS YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC177smUWHIKdpnuVyEDWoCA

日野真一郎 関連記事:

⇒すべて見る

LE VELVETS 関連記事:

⇒すべて見る

ビルボードライブ 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LE VELVETS / PRAYLIST(初回盤/CD+DVD) [CD]
価格:2374円(税込、送料別) (2021/3/10時点)


※日野真一郎さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。この下の応募フォームからご応募ください。応募締め切りは4月18日(日)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

日野真一郎さんの過去のライブより=写真提供:株式会社エスエル・カンパニー
日野真一郎さんの過去のライブより=写真提供:株式会社エスエル・カンパニー

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
■ 2021年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.