「オペラ歌手は武士。一本の名刀を生涯かけて鍛える」、北川辰彦インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「オペラ歌手は武士。一本の名刀を生涯かけて鍛える」、北川辰彦インタビュー(下)

筆者: 井内美香 更新日: 2021年5月11日

2021年6月12日(土)と6月13日(日)に日生劇場で上演される、NISSAY OPERA 2021『ラ・ボエーム』に出演する北川辰彦さんのインタビュー、後半です。オペラ歌手の飲み会とミュージカル俳優の飲み会の違いから、オペラ歌手を「武士」に例える理由、オペラ歌手になりたいという若者へのアドバイス、コロナ禍になって物事の考え方が変わったことや、読んでいる漫画と演技の関係などについて語ってくださったインタビュー後半の内容を紹介します。

北川辰彦さん=撮影・長澤直子
北川辰彦さん=撮影・長澤直子

——ちなみにオペラ歌手の飲み会と、ミュージカル俳優の飲み会、どっちが騒がしいのでしょうか(笑)?

それは断然ミュージカル俳優ですね。声の大きさは圧倒的にオペラ歌手ですが、ミュージカルの現場は、僕もそんなにたくさん経験しているわけではありませんが、よく討論になるんですよ。「お前の演技はさぁ」みたいな。オペラではそれはほとんどないんです。オペラ歌手は「お前のあそこがいいよね」、という褒め合いになります(笑)。

ミュージカルももちろん褒め合いますが、言い合うことも多い。みんな本気になって、「俺の芝居はさ」、「お前の芝居はさ」、という議論をする場面を結構見ました。だからすごいなと思って。それで、その次の稽古は積極的にぶつかり合う。なりふり構わず皆が何かをやり始めることに僕はとても好感が持てました。

——ミュージカル俳優は飲み会で討論して、ぶつかり合う。オペラ歌手は褒め合う、と。

オペラ歌手は身体が楽器でマイクもありませんから、「もう歌えない」ってなってしまったら大変なんです。まず身体という楽器を作ることを高校生くらいから始めるので…。

——ある意味、ミュージカルの世界がちょっと羨ましかったり?

羨ましいかどうかは分からないですけれども(笑)、僕はいつもオペラ歌手という職業を、武士に例えるんです。声を鍛えることは刀を一本鍛え上げるのと変わらない。決して折ってはいけないし、美しく、かつ切れる名刀を生涯かけて打っていくんですよね。出来上がった刀はまた研いで、戦って。オペラの発声は剣道のようなもので、何々流みたいな流派も一生かけて勉強していく。戦っている最中にちょっと欠けた刃をまた綺麗に直して、絶対折れないように鍛えていくんです。声は、一度折れたら二本目は作れない、二度と作れない剣なので、その一本をいかに大事にするかということです。

——今まで考えたことがなかったけれど本当にそうですね!

僕はオペラ以外もよく歌うので、刀の使い方も場合によって色々変えています。刃がちょっとギザギザの剣になっているかもしれません(笑)。僕はもちろんオペラ歌手ですし、それは他にどのようなレパートリーを歌っても変わりはありませんが、オペラの楽しみは声だけではないと思っていますし、オペラも、色々な作品を歌ってみるという姿勢を保っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、オペラ歌手になりたいという若者へのアドバイス、コロナ禍になって物事の考え方が変わったことや、読んでいる漫画と演技の関係などについて語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■チャンスは声をかけてこない。チャンスなのか分からないものにどれだけ手を伸ばせるか

■コロナ禍になって物事の考え方が変わりました。色々なジャンルの歌を聴いてもらいたいと

■僕は漫画をバイブルにしていて、顔の表現なども含めた色々な表現を盗んでいます

■以前『ラ・ボエーム』でコッリーネ役を演じた時、ロドルフォの肩に手をかける前に…

<NISSAY OPERA 2021『ラ・ボエーム』>
【東京公演】2021年6月12日(土)・6月13日(日) 日生劇場
公式サイト
https://opera.nissaytheatre.or.jp/info/2021_info/la-boheme/

<関連リンク>
NISSAY OPERA 2021『ラ・ボエーム』
https://www.nissaytheatre.or.jp/schedule/boheme2021/
北川辰彦 Twitter
https://twitter.com/tatyan1129
ザ・ジェイドTwitter
https://twitter.com/TheJADE9

『ラ・ボエーム』 関連記事:

⇒すべて見る

北川辰彦 関連記事:

⇒すべて見る


※北川辰彦さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月10日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

北川辰彦さん=撮影・長澤直子
北川辰彦さん=撮影・長澤直子

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>井内美香(いのうち・みか) オペラに魅せられ、スカラ座に通うためにイタリアに移住。ミラノで20年以上の間、オペラに関する執筆、イタリア語通訳と翻訳、オペラ来日公演コーディネイトの仕事に携わる。2012年より東京在住。最近の癒しはYouTubeで猫動画を見ること。 ⇒井内美香さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年6月掲載分
■ 2021年5月掲載分
■ 2021年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.