「『黒い絵』の背景を知るのがすごく面白い」、『ゴヤ』小西遼生インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「『黒い絵』の背景を知るのがすごく面白い」、『ゴヤ』小西遼生インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年4月5日

オリジナルミュージカル『ゴヤ -GOYA-』が、2021年4月8日(木)から4月29日(木・祝)まで東京・日生劇場で、5月7日(金)から5月9日(日)まで名古屋・御園座で上演されます。アイデアニュースでは、ゴヤの親友サパテールを演じる小西遼生さんにインタビューしました。上、下に分けてお届けします。オリジナルミュージカル作品ならではの面白さや、スペインの激動期とその時代の絵画について、小西さんが演じるサパテールや、ゴヤ役の今井翼さんについて伺いました。

小西遼生さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん=撮影・岩村美佳

――新しいオリジナルミュージカルの創作の現場はいかがですか?

楽しいですよ。台本はできあがっていますが、新しいものを作るということで、本当に毎日のように変わっています。やっぱり生のセッションで作っていくのが(鈴木)裕美さんのスタイルというか、「自由にやってみて」とまず最初に役者にやらせてくださる方なので、時間がない中で細かいところまで作り込むのは大変ですが、大枠を固めつつ、遊びどころは遊んだり、みんなで試行錯誤しています。

ゴヤのお話として、今回の台本の中で見せなきゃいけないところは的確に裕美さんが示してくれるので、本当に物作りをしている現場だなと感じます。なので、すごく楽しいです。マスクをしなければならなかったり、ストレスフルな今の状況ですが、裕美さんは以前と作り方を変えずに人とのやり取りの中で生まれるものとか、間とか、そういうものを大切に作ってくださるので、「ああ、クリエイティブな時間だなぁ」と。

――台本を拝見したり、ゴヤについて調べたりしながら、全然知らなかったなということがたくさんありました。

スペインのことは知らない人が多いでしょう。

――間に出てくるフランス革命とかはよく知っているけれど、みたいな(笑)。

帝劇の常連の皆さんが知っているものは、フランスものや、ハプスブルク家などだと思いますが、今回の『ゴヤ』はスペインの激動の歴史なんです。

――よく知られたことが背景にあって、そうじゃないところを主軸に描いているスペインの新しいところはいかがですか?

ゴヤを描くとなると、特に激動の時代を描くことになります。その背景を知る楽しみも、僕の中であるんです。文献を読んだりもしていますね。こういう時代の中で、ゴヤは、若い時から自由というものに自分の創意工夫をしていたり、人に流されずに生きようとする姿勢が、一貫して変わりません。そういう力強く生きている人のエネルギーと、現代にはない激動の中でそれを貫き通すことの大変さみたいなところが、読めば読むほど、稽古で具現化すればするほど、相当なエネルギーが必要な生き方だなと感じたり。

また、スペインの歴史というよりは、たったひとりの男の生き様を描く物語でもあります。その割に「あ、俺も知ってる」という人が出てきたりするのが面白いですね。フロリダブランカ伯爵や、フランス革命の時代に侵略される側だから、ナポレオンが出てきたりします。

――ナポレオンなど、誰もが知る人物が、脇役で出てくるということですね。

「こんな人物もいたんだ」と改めて思ったりします。あとは、画家の話なので、絵画の背景を知るのも面白いですよね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ゴヤの生きた時代の絵画について、小西さんが演じるサパテールとゴヤの関係などについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。4月6日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、ゴヤ役の今井翼さんについて、音楽やミュージカルとしての面白さについてのほか、2021年の年明けから出演した『ポーの一族』についても少し伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■色彩豊かな絵を描いていた人が、おぞましい「黒い絵」を描く。その背景に物語が

■サパテールはゴヤの親友であり、幼少期から一緒にいる唯一無二の理解者

■(日生劇場で親友役というと…)怪物になる作品よりは、もっとリアリティが

■「君さえいれば、世の中何もいらない」と、BLじゃないかというくらいに仲がいい

<ミュージカル『ゴヤ -GOYA-』>
【東京公演】2021年4月8日(木)~4月29日(木・祝) 日生劇場
主催:松竹
【名古屋公演】2021年5月7日(金)~5月9日(日) 御園座
主催:御園座・東海テレビ放送・中日新聞社
公式サイト
https://www.shochiku.co.jp/engekiw/lineup/musical_goya/

<関連リンク>
小西遼生オフィシャルサイト
https://konishiryosei.com
小西遼生|株式会社キューブオフィシャルサイト
https://www.cubeinc.co.jp/archives/artist/konishiryosei 
小西遼生 twitter
https://twitter.com/ryosei_konishi
小西遼生 instagram
https://www.instagram.com/ryosei_konishi_official/

『ゴヤ』 関連記事:

⇒すべて見る

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴヤ「戦争と平和」 (とんぼの本) [ 大高 保二郎 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/4/3時点)


※小西遼生さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月5日(水)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小西遼生さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. にこ より:

    ゴヤ東京公演は中止になってしまい、残念ながら観ることは叶いませんでしたが、素敵な記事とお写真でとてもワクワクさせて頂きました。ありがとうございます!名古屋公演が、無事に出来ますように。

  2. さち より:

    毎回、岩村さんの記事を読んでその舞台への期待が高まります。
    『ポーの一族』では遼生さんへのインタビューが無かったので物足りなく思っていました。なので今回ゴヤでまた岩村さんのインタビューとお写真が見れてとても嬉しいです!
    ポーのことも聞いて下さりありがとうございます。
    『ピーターパン』でも遼生さんのインタビューが読めることを楽しみに待っています!

  3. ちゅん より:

    公演を観劇してから拝読しました。
    ゴヤが日比谷でも馴染みの深いモーツァルト等の芸術家とも近いフランス革命期のヨーロッパを生きたことは全然知らず、逆にその時期のスペインから時代を見る面白さを感じています。
    サバテールの立ち位置も、狂言回しのような状況俯瞰的なところもありつつ、戦乱に巻き込まれていく2幕等、興味深い役どころで、個人的に観劇後、まだこれからも観劇予定のあるタイミングでお話伺えてよかった!
    ミュージカル『GOYA』の世界、まだまだ楽しませていただきます。

  4. まかろん より:

    ゴヤについていろいろ知ることが出来そうで楽しみです。
    ゴヤの親友役で同級生とのことで、お二人の掛け合いも興味深いです。
    スペインが大好きなので、コロナで旅行も出来ないこの時期に舞台を通してスペインの風を感じたいと思います。
    ラストまで体調に気を付けて頑張ってください。

  5. あのは より:

    コロナ禍の中、精力的に活動されてる方に頭があがりません。今回の小西さんの話は観劇に制限がある客にとってとてもワクワクするものでした。GOYAとても楽しみにしています。より深く世界観を理解するため原作も早速入手してみました。

  6. たろみ6317 より:

    ゴヤの黒い絵、観劇前にゴヤを勉強しようと思って、ネットで見ました。しかも夜中に。とても怖かったです苦笑
    ロマンチックな、恋人への手紙を書いていたゴヤの心の身体の変化がどうなっていくのか。。
    小西さん演じるサパテールの親友としての表現も楽しみにしています。
    いつも小西さんを記事にして下さり、ありがとうございます。お写真もとても素敵です。

  7. ロゼ より:

    毎回読み応えのある記事をありがとうございます。
    写真もテーブルに寄りかかるのとか、とっても素敵です。

    制作発表の時にもアブナイ関係と仰っていましたが、ゴヤとの仲よしっぷりを見るのが楽しみです!
    スペインという熱い情熱的な国の方の人生を、ハグもままならない今、礼儀を重んじる日本でミュージカルにするなんてすごいなぁと思ってます。
    この鬱屈したご時世でも劇場にいる間は思いっきり楽し見たいと思います。

  8. Mayu より:

    あまり知らなかったゴヤについて、もっと知りたくなりました!
    どんな舞台になるのか楽しみです。

  9. ちゅう より:

    インタビューありがとうございました。
    私はゴヤ、大好きです。10年前の上野・西洋美術館での「ゴヤ-光と影」展には何度も足を運びました。
    そのときに購入した図録を手に、ページをめくりながら開幕を待ちわびております。
    公演、楽しみにしております。

  10. M より:

    いつも魅力的な記事とお写真ありがとうございます。開幕が待ちきれません。もっともっとゴヤのこと知りたくなります。楽しみです。

  11. clover より:

    益々楽しみになって来ました
    それと
    いつも素敵なお写真
    癒されました

  12. ミーたん より:

    毎回、貴重なインタビューをありがとうございます。益々、舞台が楽しみになりました。

  13. ゆき より:

    いつも本当に素敵なお写真と記事をありがとうございます。

    恥ずかしながらゴヤという人物を、この舞台の事が発表されるまで知りませんでした。
    なので、全くどんな舞台になるのか想像もつきませんが、小西さんのお仕事が楽しそうな様子はたっぷり伝わってきました。

    後半も楽しみにしています。

  14. くう より:

    インタビュー興味深く拝見しました。『ゴヤの手紙』(岩波書店)を予習で読んだのですが、この濃密な関係をどう表現するのか、小西さんのインタビューと合わせてさらに楽しみになりました。

  15. ぽち蔵 より:

    「ゴヤ」での小西さんインタビュー待っていました。
    いつもながら見たいお写真、聞きたいお話をありがとうございます。
    後編も楽しみにしています!

  16. みゆき より:

    小西さんが一から作品を創り上げる難しさと喜びを心から楽しんでらっしゃるのが伝わってきました。関西公演が無くて拝見できないのがとても残念です。無事に全公演が上演できることを祈ります。

  17. K より:

    今回も素敵なお写真と楽しそうなインタビュー、ありがとうございます。
    明日も楽しみにしています🎵

  18. アンリ より:

    初見のゴヤ、どんな感じのものなのかなと今からわくわくしています。
    今までにはないような衣装なのもまた楽しみです。
    会見の時に翼くんに相方は心の中にいる的な発言でばっさりきられてしまっていた小西さんw
    このインタビューでも仲の良さがさらにわかりました。
    最近はガラッと違う役柄が続いているので、また新しい小西さんが見れることを楽しみに劇場に向かいたいとおといます。

  19. ponkiti より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます
    今回もすごく読み応えがあり
    舞台を観に行くのが今から楽しみです

最近の記事

■ 2021年6月掲載分
■ 2021年5月掲載分
■ 2021年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.