「ジェイミーから毎日勇気をもらって」、『ジェイミー』髙橋颯インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ジェイミーから毎日勇気をもらって」、『ジェイミー』髙橋颯インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年6月16日

ミュージカル『ジェイミー』が、2021年8月8日(日)から8月29日(日)まで東京の東京建物Brillia HALLで、9月4日(土)から9月12日(日)まで大阪の新歌舞伎座で、9月25日(土)から9月26日(日)まで愛知の愛知県芸術劇場 大ホール上演されます。アイデアニュースでは、先日掲載した森崎ウィンさんに続き、同じく主役のジェイミー役をダブルキャストで演じる、髙橋颯(WATWING)さんのインタビューを、上、下に分けてお届けします。

ミュージカル『ジェイミー』は、イギリス発の大ヒットミュージカルで日本初上陸。英BBCで放送されたドキュメンタリーが原作で、「自分らしく生きる」という普遍のテーマを、感動的な歌とダンスでみずみずしく表現した人間賛歌です。ジェンダー、人種、宗教など、根強い差別を抱えた現代社会へのメッセージ、そして、親子の普遍的な愛を描いています。イギリスのロックバンドであるザ・フィーリングのリードシンガー、ダン・ギレスピー・セルズによる音楽が新しく、作品の魅力のひとつです。

髙橋颯さん=撮影・岩村美佳
髙橋颯さん=撮影・岩村美佳

ーー出演が決まったときはどんな印象でしたか?

とっても嬉しかったです。作品自体は、このお話を頂いてから初めて知ったのですが、台本を読ませていただいて、ジェイミーのキャラクターや音楽を調べていくうちに、「これを自分が演じられるんだ」とすごく嬉しかったですね。

ーー特に、どこに惹かれましたか?

ジェンダーレスな役を演じられることが嬉しいなと思いました。

ーーそれは、なぜ?

以前、配信で小劇場のお芝居をやったときに、オムニバス形式で7節あり、僕はそのうちの6節に出演して、女性を6役演じたんです。演じてみて共感できる部分が色々とあり、もし役を演じていなかったら考えもしないことをたくさん考えるので、またそういった役と向き合えることが楽しみです。

ーー母親役の安蘭(けい)さんは、宝塚で男役されていたから、日常とは違う性を演じるおもしろさみたいなところを、話せるかもしれないですね。

確かにそうですね。

ーードラァグクイーンというのはいかがですか?

ドラァグクイーンは女性になる、とも違います。僕の個人的な直感ですが、これは、いわゆる「高校生が夢を求めて、なりたいものになる。その職業がドラァグクイーン」というか。

ーーさまざまなジェンダーがありますが、台本を拝見して曲も聴かせていただきましたが、ジェイミーはどうなんだろうと。「男の子でいたいけど、ときどき女の子になりたい」と言ったり、明確に書かれているわけではないようですが、その辺りは、どう捉えていますか?

今まさに模索中です。いろいろなパターンを妄想と想像してから、演出家の方に言われたことをやるという感じになると思います。細かいところの表現があるのか、ないのかは、まだわからないですね。でも、どちらにせよ、歌も芝居の経験もまだまだですし。そういう面では、本当に頑張らなきゃいけないと思っています。

<取材協力:衣裳>
JOHN SMEDLEY
O.T.A
STIR

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「ジェイミー」と24時間一緒に過ごし「僕がジェイミーを励まさなくちゃいけない日だってあるのに、ちょっとまだ負けています」という今の日々について、この作品の楽曲などについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6月17日(木)掲載予定のインタビュー「下」では、Wキャストでの出演について、ミュージカルに対する想いなどについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■僕がジェイミーを励まさなくちゃいけない日もあるのに、まだ負けています

■『デスノート THE MUSICAL』のエル役の時は、お互いに投影し合って

■パワフルな曲、しっとりした曲、ダンスミュージック…。こんなに幅広いんだと

■プリティが歌う「It Means Beautiful」を聴いて、僕は自己中心的だと気づいた

<ミュージカル『ジェイミー』>
【東京公演】2021年8月8日(日)~8月29日(日) 東京建物Brillia HALL
【大阪公演】2021年9月4日(土)~9月12日(日) 新歌舞伎座
【愛知公演】2021年9月25日(土)~9月26日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール公式サイト:
https://horipro-stage.jp/stage/jamiemusicaljp2021/

<キャスト>
ジェイミー・ニュー:森崎ウィン/髙橋颯(WATWING)
マーガレット・ニュー:安蘭けい
プリティ:田村芽実/山口乃々華
ディーン・パクストン:佐藤流司/矢部昌暉(DISH//)

ファティマ:伊藤かの子
ミッキー:太田将熙
サイード:川原一馬
サイ:小西詠斗
ベックス:鈴木瑛美子
ヴィッキー:田野優花
ベッカ:フランク莉奈
リーバイ:MAOTO
(五十音順)

ミス・ヘッジ:樋口麻美
ミス・ヘッジ(女性役U/S):実咲凜音
トレイ,ライカ(男性役U/S):永野亮比己
※U/Sアンダースタディ

ライカ・バージン:泉見洋平
トレイ・ソフィスティケイ(ヒューゴ/ロコシャネル役カバー):吉野圭吾

レイ:保坂知寿
ジェイミー父/サンドラ・ボロック:今井清隆
ヒューゴ/ロコシャネル:石川 禅

学生役SWING:
亀井照三
笹尾ヒロト
佐藤みなみ
山村菜海

<関連リンク>
髙橋颯オフィシャルサイト
https://www.futakahashi.com
髙橋颯オフィシャルブログ
https://lineblog.me/futakahashi/
髙橋颯twitter
https://twitter.com/fu_takahashi
髙橋颯instagram
https://www.instagram.com/fu_takahashi_official/
WATWING(ワトウィン)|ホリプロオフシャルサイト
https://www.horipro.co.jp/watwing/
WATWING(ワトウィン)twitter
https://twitter.com/watwing_info
WATWING(ワトウィン)instagram
https://www.instagram.com/watwing_official/
WATWING(ワトウィン)YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCWZWatauQ4KemO7Upy35fbw

『ジェイミー』 関連記事:

⇒すべて見る

髙橋颯 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

STEP (初回限定盤 CD+DVD) [ 高橋颯 ]
価格:2071円(税込、送料無料) (2021/6/6時点)


※髙橋颯さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月16日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

髙橋颯さん=撮影・岩村美佳
髙橋颯さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. みや より:

    このインタビューを読んで、髙橋さんの純粋で真っ直ぐな在り方にとても感動しました。私がジェイミーに抱いているイメージに近くて。
    私の記憶にある彼はかなり昔の姿で、あれからたくさんの経験をして今の姿に孵化したのかなと色々想像させてくれるインタビューでした。
    ジェイミーも孵化するお話なんじゃないかなと想像しているので、颯ジェイミーが羽ばたく瞬間を観て聴くのが今から楽しみです。

  2. yukko☆ より:

    岩村さんが進行をされていたデスノートTHE MUSICALの事前イベントもとても楽しい時間を過ごさせていただきましたが、こちらの記事も目の前で颯さんが楽しくお話しをしているのが浮かぶような臨場感たっぷりの素敵な記事でした。ジェイミーと一緒に過ごしている颯さんは、時々ジェイミーのせいにする事もあっても、Lとよりも役と仲良くなれているように感じました。デスノートで舞台上でLでしか無かった颯さん、Lよりも周囲の人との関わりが深いジェイミーをよりリアルに演じてくれるに違いないと楽しみにしています。この瞬間の想いや表情を捉えた貴重な記事をありがとうございます。

  3. マイコ より:

    今夏、髙橋颯さんが日本初演の
    「JAMIE」ミュージカルでJAMIEを演じると知りとても楽しみにしている者です。前回のDEATHNOTE のエル役で、その憑依した演技力とパフォーマンスに私はすっかり魅せられてしまいました。
    今回のJAMIE も また 違った魅力のある人物像でこの役柄をどんな風に演じてくれるのか今からワクワクしています。
    颯さんの役作りの仕方はいつも真剣で深いと感じていましたが、こちらの記事を通してより具体的に颯さんの取り組み方を知ることができ楽しく読み進めさせて頂きました。
    すでにJAMIEと共に生活し始めている颯さんが真っ赤なハイヒールで舞台に立つ今年の夏が本当に楽しみです👠
    可愛いお写真もありがとうございました😊

  4. HIROちゃん より:

    岩村さん、こんにちは。以前、「デスノート THE MUSICAL」公開前のイベントでお会いしてからのファンです。素敵なお写真と記事、そしてインタビューの際の柔らかい物腰が大好きです。役者さん達の生の声を上手く引き出して下さいますね。高橋颯くんのエル、歌声と演技に釘付けになりました。これからのご活躍がとても楽しみな方です。「ジェイミー」必ず、行きますね。今回のお写真、赤いハイヒールを抱えての笑顔もとても素敵です。ありがとうございました。

  5. Kumiko☆ より:

    颯くんの考察にくわえて、ジェイミーと一緒に過ごしていることや色々な楽曲のことなども読んで、8月にジェイミー達に会い生歌を聴くことができるのがさらに楽しみになりました。私も、今から9月の名古屋まで、ジェイミーと仲良く過ごしたいです!

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.