「ミュージカルの魅力を、アイドルやシンガーの友達に」、髙橋颯インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ミュージカルの魅力を、アイドルやシンガーの友達に」、髙橋颯インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年6月17日

2021年8月8日(日)から8月29日(日)まで東京の東京建物Brillia HALLで、9月4日(土)から9月12日(日)まで大阪の新歌舞伎座で、9月25日(土)から9月26日(日)まで愛知の愛知県芸術劇場 大ホール上演されるミュージカル『ジェイミー』に出演する髙橋颯(WATWING)さんのインタビュー、後半です。今回、『ジェイミー』に森崎ウィンさんとのジェイミー役のダブルキャストで出演することや、ディーン役が佐藤流司さんと矢部昌暉(DISH//)のダブルキャストであること、2020年1月に『デスノート THE MUSICAL』にエル役で出演してダブルキャストの夜神月役のおふたり(村井良大さんと甲斐翔真さん)と共演したことなど、ダブルキャストの作品出演についてのほか、ミュージカルへの想い、WATWINGメンバーの古幡亮さんと観たミュージカル作品などについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

髙橋颯さん=撮影・岩村美佳
髙橋颯さん=撮影・岩村美佳

ーージェイミーもプリティもダブルキャストですね。

ダブルキャストについても、演じ方や向き合い方が、その人ならではの魅力があると思うんです。たくさん経験されている方から学びたいなと思っています。

ーー先日出演されていた『デスノート THE MUSICAL』では、髙橋さんはシングルキャストでしたが、ダブルキャストの夜神月役のおふたりとご一緒していかがでしたか?

あまり違いがわからない、ということはありました。どっちの月(ライト)とやっても同じなんです。単純に、村井良大さんと甲斐翔真さんとの関係性がふたつある、というだけで。そういう意味では、片方との関係性が、もう片方の関係性に通じる感じだったので、つくる上で楽しかったです。

ーー今回は、多くの役がダブルキャストですし、関わる方々もいろいろいるおもしろさも、ありますね。

そうですね。早く立ち稽古始まらないかな、と思っています。ディーン(佐藤流司さんと矢部昌暉(DISH//)のダブルキャスト)にもまだお会いしていないですし。

ーーディーンに対しては、いかがですか?

学生時代の嫌なタイプの人を、たくさん思い浮かべました。でも、ディーンをも愛したいなと思います。役を作っていく上では、そういういたずらをされたトラウマだとか、嫌な言葉をかけられたクラスの強い生徒に対してのバイアスが、振り切れずに引きずったままだと、あまりよくないなと思います。コントロールができないと思うんです。当時自分が感じていたことは、そこに向き合うきっかけになるなと思っています。

ーー台本に、16歳について「最高の自分と、最悪の自分が同居している時代」と書いてあるのが、すごくおもしろいなと思いました。

印象的ですよね。

ーーどう思われましたか?

率直に、嫌だなと思いました。最高でいたいなって。でも、大人になってからいままで、感じたことのない複雑な気持ちになったり、抑えられない苛立ちが、ふときたり。学生のときは、こんなにつらかったんだと思ったり。反対に最高の瞬間もあるから、情緒不安定ですよね(笑)。

ーー思春期ですもんね。

「これが高校生なんだ」と思ったし、自分が高校生のときも、こうだったんだと思うと、すごく遠い過去のようで身近にも感じました。この作品を大人にも子どもにも届けたいです。特に、日本の学生は悩んでいる人も多いですよね。だから、いろいろな人に本当に届けたいです。特に、個人、個性を大事にしている作品だから、僕自身も大事にしたいですし、ひとりひとりを理解して寄り添っていきたいです。

<取材協力:衣裳>
JOHN SMEDLEY
O.T.A
STIR

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ミュージカルへの想い、WATWINGメンバーの古幡亮さんと観たミュージカル作品などについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■アイドルやアーティスト、シンガーの友達に、ミュージカルの魅力を伝えたい

■古幡亮と『アリージャンス』『ビリー・エリオット』を観に行くと「いいな」って

■コロナを言い訳にせず、DMでもいいから、もっとディスカッションしないと

■皆さんのお力をお借りして、一緒に作り上げます。楽しみにしていてください

<ミュージカル『ジェイミー』>
【東京公演】2021年8月8日(日)~8月29日(日) 東京建物Brillia HALL
【大阪公演】2021年9月4日(土)~9月12日(日) 新歌舞伎座
【愛知公演】2021年9月25日(土)~9月26日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール公式サイト:
https://horipro-stage.jp/stage/jamiemusicaljp2021/

<キャスト>
ジェイミー・ニュー:森崎ウィン/髙橋颯(WATWING)
マーガレット・ニュー:安蘭けい
プリティ:田村芽実/山口乃々華
ディーン・パクストン:佐藤流司/矢部昌暉(DISH//)

ファティマ:伊藤かの子
ミッキー:太田将熙
サイード:川原一馬
サイ:小西詠斗
ベックス:鈴木瑛美子
ヴィッキー:田野優花
ベッカ:フランク莉奈
リーバイ:MAOTO
(五十音順)

ミス・ヘッジ:樋口麻美
ミス・ヘッジ(女性役U/S):実咲凜音
トレイ,ライカ(男性役U/S):永野亮比己
※U/Sアンダースタディ

ライカ・バージン:泉見洋平
トレイ・ソフィスティケイ(ヒューゴ/ロコシャネル役カバー):吉野圭吾

レイ:保坂知寿
ジェイミー父/サンドラ・ボロック:今井清隆
ヒューゴ/ロコシャネル:石川 禅

学生役SWING:
亀井照三
笹尾ヒロト
佐藤みなみ
山村菜海

<関連リンク>
髙橋颯オフィシャルサイト
https://www.futakahashi.com
髙橋颯オフィシャルブログ
https://lineblog.me/futakahashi/
髙橋颯twitter
https://twitter.com/fu_takahashi
髙橋颯instagram
https://www.instagram.com/fu_takahashi_official/
WATWING(ワトウィン)|ホリプロオフシャルサイト
https://www.horipro.co.jp/watwing/
WATWING(ワトウィン)twitter
https://twitter.com/watwing_info
WATWING(ワトウィン)instagram
https://www.instagram.com/watwing_official/
WATWING(ワトウィン)YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCWZWatauQ4KemO7Upy35fbw

『ジェイミー』 関連記事:

⇒すべて見る

髙橋颯 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WATWING / to plAce 【CD】
価格:1430円(税込、送料別) (2021/6/6時点)


※髙橋颯さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月16日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

髙橋颯さん=撮影・岩村美佳
髙橋颯さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. みや より:

    颯ジェイミーのキーワードは「理解」なのかなと思いました。
    苦手だったり嫌いだったりする相手でも、ただ目を背けて蓋をするのではなく、知って、理解して、その人の考えや人生を否定しないというのは、言葉にすると簡単ですが、実践するのは相当難しい気がします。
    否定されたくないし、否定したくない。ジェイミーの葛藤はそんな所からも込み上げてくるのかもしれないと、新しい角度からこの作品を観れそうな気がしました!
    開幕が本当に楽しみです。

  2. すけさん より:

    先日の歌唱披露も良かったですし、高橋颯くんの得意なダンスも活かせる役だと思い、楽しみにしています。

最近の記事

■ 2021年7月掲載分
■ 2021年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
ボールペン 「ミャンマーへ送る春の花」Facebookページより
¥0(税込)
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.