「死と病の場所を希望と癒しの場所へ」、世界最大級の病院船のクルー語る | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「死と病の場所を希望と癒しの場所へ」、世界最大級の病院船のクルー語る

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年3月9日

 

 

海に浮かぶ病院、「マーシーシップス」をご存じでしょうか?最新の医療設備を備えた大型病院船マーシーシップスは、発展途上国を訪れて、医療サービスを受けられない人々を無料で診察、治療、手術もおこないます。

 

また、いろいろな研修をおこなって、船がいなくなっても、地域の医療従事者が患者に医療サービスを提供できるように支援しています。

 

3月8日は1975年に国連が制定した「国際女性デー」です。女性への差別を撤廃し、地位の向上を訴える記念日。マーシーシップスでは、この日にちなんで、ボランティアクルーである、ひとりの女性に注目しました。(PRWEB 2015年3月8日)

 

 

クリシー・クローズさん

クリシー・クローズさん

 

クリシー・クローズさんは2009年アメリカでのキャリアを離れて、アフリカで使命を見つけた女性です。世界最大級の病院船に乗り組み、マダガスカルの医療従事者を訓練する仕事をしています。

 

クリシーさんはヘルスケア教育プログラムを監督する立場なので、様々な医療研修にかかわっています。たとえば、地元の市場で豚の腸を買ってきて、外科の基本的な手技を練習する研修で使ったり、外科手術を安全におこなうためのWHOチェックリストを学ぶクラスを作ったり、アメリカ平和部隊のボランティアに新生児の蘇生法を教えたり、外傷対応訓練をしたり、外科医や麻酔医や看護師の指導教育を準備したり・・・必要なことならなんでもやるクリシーさん。

 

なぜここまで頑張るのかというと、この船がいる間に、少しでも知識と技術を伝えたいからなのです。また、現地の医療スタッフが能力を向上させるだけでなく、クリシーさんたちが持っている情熱やプロ意識を受け継いでくれたらと願っているのです。現場のスタッフがそういう”変身”を遂げれば、ほんの小さなさざ波が大きな連鎖反応をおこして何千人もの患者が助かると考えているからです。

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.