ここまでファンサービスに溢れた作品はなかなか無い、喜歌劇『メリー・ウィドウ』 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

ここまでファンサービスに溢れた作品はなかなか無い、喜歌劇『メリー・ウィドウ』

筆者: 長澤直子 更新日: 2021年7月17日

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021 喜歌劇『メリー・ウィドウ』が2021年7月16日、兵庫県⽴芸術⽂化センター KOBELCO⼤ホールで開幕し、7月25日まで上演されます(全8公演)。7月13日に開かれたゲネプロを取材しましたので、独自撮影の写真と合わせてレポートします。この日のゲネプロに出演したのは、ダブルキャストのうち、高野百合絵、折江忠道、高橋維、黒田祐貴、小堀勇介、小貫岩夫、大沼徹、泉良平、志村文彦、押見朋子、森雅史、鈴木純子のみなさん。シングルキャストは、香寿たつき、桂文枝、鳥居かほり、高岸直樹、吉岡美佳、佐藤洋介のみなさん。指揮は佐渡裕さん、演出・日本語台本担当は広渡勲さん、舞台装置の担当はサイモン・ホルズワースさんです。

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021喜歌劇《メリー・ウィドウ》ゲネプロより=撮影・長澤直子

作品は、ニエグシュ役の桂文枝さんが登場して始まります。まだ下りたままの幕には地図が映し出され、物語の背景や人間関係が説明されます。オペレッタの舞台はパリ。第一幕は、ポンテヴェドロ(架空の小国)の公使の館で、国王陛下の誕生日の祝賀会が行われています。

幕が開いて私たちが目にする舞台は、巨大なピアノ。装置からも自然にメロディがあふれ出て聴こえてくるようです。オーケストラは、兵庫芸術文化センター管弦楽団の皆さん。兵庫県立芸術文化センター専属のオーケストラで、オーディションで選ばれた若手演奏家を中心に構成されています。本日のキャストも若手の方が中心。フレッシュなメロディーが、会場いっぱいに響き渡ります。

盛大に催されている宴の裏では、公使のツェータ男爵が気を揉んでいます。莫大な財産を相続した未亡人のハンナ・グラヴァリが、もしも外国人と結婚してしまったら…。ポンテヴェドロの財産が国外へ流れてしまい、国は破産してしまうでしょう。ツェータ男爵は、彼女とかつて恋人同志だったダニロと結婚させようと策を練ります。

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021喜歌劇《メリー・ウィドウ》ゲネプロより=撮影・長澤直子

再会したハンナ(高野百合絵さん)とダニロ(黒田祐貴さん)。二人は意地を張り合い、なかなか歩み寄ることが出来ません。

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021喜歌劇《メリー・ウィドウ》ゲネプロより=撮影・長澤直子

もう1組のカップル、ポンテヴェドロ大使ツェータ夫人ヴァランシェンヌ(髙橋維さん)とフランス人青年カミーユ・ド・ロシヨン(小堀勇介さん)の恋の行方も気になります。人妻とパリジャン。いわゆる「不倫」の関係です。

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021喜歌劇《メリー・ウィドウ》ゲネプロより=撮影・長澤直子

客席とオーケストラピットの間には「銀橋」と呼ばれるステージが設置されています。宝塚歌劇を意識したもので、舞台空間に奥行きを与える演出が効果的でダイナミックでした。男性陣が揃って「女・女・女…」と歌う場面では、女性陣が揃って銀橋の上で踊り歌います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021 喜歌劇『メリー・ウィドウ』のルポの続きと独自撮影の写真5カットを掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

ハンナの「ヴィリアの歌」、高野百合絵は一人ひとりに語り掛けるように

■ダニロの愛を確信したハンナを中心に歌い踊る第二幕のフィナーレは圧巻

■第三幕、香寿たつきが白づくめの男装で登場、嬉しいサプライズも

■20分以上の「グランドフィナーレ」。高岸直樹・吉岡美佳の華麗なバレエも

<佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021 喜歌劇『メリー・ウィドウ』>
2021年7月16日(金)~7月25日(日) 兵庫県⽴芸術⽂化センター KOBELCO ⼤ホール
公式サイト
http://www.gcenter-hyogo.jp/merrywidow/

<出演>
【7月16日(金)、18日(日)、21日(水)、24日(土)公演】
ハンナ・グラヴァリ:高野百合絵
ミルコ・ツェータ男爵:折江忠道
ヴァランシエンヌ:高橋維
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:黒田祐貴
カミーユ・ド・ロシヨン:小堀勇介
カスカーダ子爵:小貫岩夫
ラウール・ド・サンブリオッシュ:大沼徹
ボグダノヴィッチ:泉良平
プリチッチュ:志村文彦
プラスコヴィア:押見朋子
クロモウ:森雅史
オルガ:鈴木純子

【7月17日(土)、20日(火)、22日(木)、25日(日)公演】
ハンナ・グラヴァリ:並河寿美
ミルコ・ツェータ男爵:片桐直樹
ヴァランシエンヌ:市原愛
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:大山大輔
カミーユ・ド・ロシヨン:樋口達哉
カスカーダ子爵:水口健次
ラウール・ド・サンブリオッシュ:晴雅彦
ボグダノヴィッチ:ジョン・ハオ
プリチッチュ:三戸大久
プラスコヴィア:清水華澄
クロモウ:河野鉄平
オルガ:板波利加

【全日出演】
シルヴィアーヌ:香寿たつき
ニエグシュ:桂文枝
エマニュエル:鳥居かほり
オペラ座のエトワール:高岸直樹
オペラ座のエトワール:吉岡美佳
パリのジゴロ:佐藤洋介
[合唱]ひょうごプロデュースオペラ合唱団
[管弦楽]兵庫芸術文化センター管弦楽団

<スタッフ>
[音楽]フランツ・レハール
[台本]ヴィクトル・レオン/レオ・シュタイン
[指揮]佐渡 裕(兵庫県立芸術文化センター芸術監督)
[演出・日本語台本]広渡勲
[装置]サイモン・ホルズワース
[衣裳]スティーヴ・アルメリーギ
[照明]沢田祐二
[振付]川西清彦
[合唱指揮]矢澤定明
[訳詞]森島英子
[衣裳補]小栗菜代子
[演出助手]飯塚励生
[振付助手]大畑浩恵
[映像]三浦景士
[舞台監督]幸泉浩司
[プロデューサー]小栗哲家
[制作]兵庫県立芸術文化センター

こちらは、兵庫県立芸術文化センターの公式YouTubeチャンネルに掲載されている2008年の上演シーンを紹介した動画です。

YouTube「兵庫県立芸術文化センター HYOGO Performing Arts Center」チャンネルより

『メリー・ウィドウ』 関連記事:

⇒すべて見る

香寿たつき 関連記事:

⇒すべて見る

オペラ 関連記事:

⇒すべて見る


佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021喜歌劇《メリー・ウィドウ》ゲネプロより=撮影・長澤直子

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>長澤直子(ながさわ なおこ) オペラグラファー、音楽写真家。ベネックス監督の映画「ディーバ」が切っ掛けでオペラの沼にはまる。年間100回以上ホールに通い詰めるうち、次第に「オペラの魅力を視覚化して発信したい」という思いが強まり、写真を志す。オペラファンの視点を生かした舞台写真撮影を得意とし、レパートリーのイメージに合わせた演奏家プロフィール写真も撮影。アイスクリームがないと生きて行けません。

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.