「入り込む力がすごい」「想いをなでてくれる」、平間壮一・小関裕太(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「入り込む力がすごい」「想いをなでてくれる」、平間壮一・小関裕太(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年12月16日

2022年2月1日(火)から2月13日(日)まで東京・日本青年館ホールで、2022年2月24日(木)から2月27日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールで、日本初上演されるミュージカル『The View Upstairs-君が見た、あの日-』で、ウェス役を演じる平間壮一さんとパトリック役を演じる小関裕太さんの対談インタビュー後編です。無料部分では、お互いの魅力、印象に残っているお互いの出演作品、タイムスリップしたら行きたい時代などについて伺った合同取材の内容を、有料会員限定部分では、平間さんと小関さんが今年を振り返って思うこと、「演じる」ということなどについて話してくださった独自取材の内容を紹介します。写真はすべて独自撮影です。

平間壮一さん(右)と小関裕太さん(左)=撮影・岩村美佳
平間壮一さん(右)と小関裕太さん(左)=撮影・岩村美佳

ーーお互いに、最も尊敬し、魅力に感じていらっしゃるところはどこでしょうか?

平間:入り込む力ですね。すごいと思います。僕の演じ方とは真逆だと思うんです。裕太は多分、役の中に入ったら、その役が広がっていく感じ。調べに調べ尽くして、役に入り込んでいく印象があります。一方で僕は基本的に、「自分がこの役だったら、どう考えるか」と考えます。自分の中に役を入れるんです。「平間壮一がファッションデザイナーだったら、こう考えるかな」という感じです。

小関:あまり意識したことがありませんでした。嬉しいです。僕は、先日『ドン・ジュアン』を観に行かせていただいたのですが、壮一さんは、声も身体表現も、パワーがやっぱりすごいんです。元々ダンスをされていて、体幹がめちゃくちゃすごいので、体幹と共に声が目に見えるといいますか。僕、「身体のどこを使っているのだろう」という観点で人の声を聴くのですが、壮一さんには「ストーン」と突き抜けたものがあるなと感じます。特に『RENT』が好きです。動きはもちろん、意思の強さもあるし、ああ、かっこいいなあと。同じエンジェル役を演じても、僕はあんなに強くは演じられないなと思いました。

ーーお互いに、「ここは男から見ても惚れるなあ」というところはありますか?

平間:ビジュアル撮影のときに、「この人、付き合ったらグイグイ引き寄せてくれるんだな」と感じました。

小関:恥ずかしい!(笑)

平間:普段は後輩だから、礼儀正しくて可愛らしいし、しっかりしているという印象なんです。どちらかというと「可愛い」感じなのですが、この日は裕太も気合が入っていて、本当に「グッ」と引き寄せる力に、「あ、男!」ってなりましたね。

小関:嬉しいような、恥ずかしいような。

平間:多分、裕太と付き合ったらこういう感じなんだろうなと思いました。

小関:そうだと思います。

平間:だからもう、みんな大好きですよ!

小関:いやいやいや! 壮一さんは、昔からそうなのですが、やっぱり「優しい」です。男に対しても優しいです。女性はもちろん、ファンの方にも。そういう面をすごく見てきました。「ハンサムライブ」という年1回のライブでは、毎回必ずオープニングと最後で話すコーナーがあるんです。基本は「今日はよろしくお願いします」と「今日はありがとうございます」なのですが、言葉選びにすごく個性が出るんです。「ハンサム」への意気込みや思いもみんな違うんです。その中でも特に、「ありがとう」という思いを強く持っていらっしゃって、伝え方もジェントルなんですよ。

平間:へえー!

小関:欲しい言葉を投げてくださるんです。「想いをなでてくれる」ような言葉を持っていらして、当時10代だった僕は「かなわないなあ」と思っていました。ちょっと真似しようと思う部分もありましたが、自分にボキャブラリーがないなと感じました。本当に、優しい言葉をたくさん持っていらっしゃる方だなと思います。

ーー小関さんが先ほど『RENT』が印象に残った話をされていましたが、平間さんは、小関さんの作品の中で、どれが印象に残っていますか?

平間:『わたしは真悟』です。裕太すげーわ! って思いました。

小関:あれ、めちゃくちゃ大変でした。

平間:それも聞いていたけれど、俺は観に行ったとき、そんなの感じなかった。

小関:今、報われました! 今も反省点というか、こうすればよかったなという思いがあるので嬉しいです。

平間:「裕太、すごい白井晃さんにコテンパンにやられながら頑張っているみたいだから、観に行ってあげて」とアミューズの社員の方から聞いていたんですよ。でも全然、「え! めっちゃ素敵じゃん」という感じでした。

小関:僕が舞台に出たら空気が変わるというシーンから始まるのですが、ステージに一歩踏み出したら、僕の役がそこから始まってしまうので「出たくない」と思っていました。

平間:あるよね。そういうの。

小関:もしも僕がここで歌を止めたらどうなるのだろうと客観視しながらも、ずーっと喋っていたんです。場を止めてはいけないので。精神的にすごくキツかったです。

平間:いや、全然良かったよ。似合うなと思いました。階段から降りてくるシーンも覚えています。

小関:嬉しいです。純粋に。

ーー話は変わりますが、今回は「タイムスリップ」する設定ですよね。お二人は、どの時代にタイムスリップしたいですか?

平間:弥生時代に行きたいです。縄文時代でもいいけれども、その辺りの時代です。どうやって布や食器ができたのかとか。文字がどうやって伝わってきたのだろうとか。生で見たいです。

小関:僕は、1853年です。ペリー来航の年ですね。「黒船が来航した衝撃」を、当時の人の感覚を持ちつつ、感じたいです。黒いでっかい物体が、いきなり現れて、恐ろしい気持ちになるという感覚を味わってみたいです。

平間:洋服なのにチョンマゲもいいよね。

小関:和洋が混ざっていますよね。

平間:混ざってきた最中を見てみたいよね。

小関:江戸から明治になっていく最中、面白そうだなあ。


<取材協力>
ヘアメイク:Emiy(エミー)
スタイリスト:吉本 知嗣 Satoshi Yoshimoto

※アイデアニュース有料会員限定部分には、平間さんと小関さんが今年を振り返って思うこと、それぞれにとっての「演じる」ということなど、独自インタビューの全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■小関:役を実感するのは作品が終わった後。「演じよう」という感覚がなくなってきた

■小関:「もっと」という思いにもどかしさも。いろいろな感情を新たにした一年

■平間:「頑張って」から「力を抜いて」へ。2回目の『ドン・ジュアン』で感じた進化

■平間:来年は、お客さまなどの「より近くにいる人」が幸せになれるルールを決めたい

<ミュージカル『The View Upstairs-君が見た、あの日-』>
【東京公演】2022年2月1日(火)~ 2月13日(日) 日本青年館ホール
【大阪公演】2022年2月24日(木)~ 2月27日(日) 森ノ宮ピロティホール
公式サイト
https://theviewupstairs.jp/

『The View Upstairs-君が見た、あの日-』 関連記事:

⇒すべて見る

平間壮一 関連記事:

⇒すべて見る

小関裕太 関連記事:

⇒すべて見る

※平間壮一さんと小関裕太さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは1月15日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

平間壮一さん(右)と小関裕太さん(左)=撮影・岩村美佳
平間壮一さん(右)と小関裕太さん(左)=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. moe より:

    この度は素敵なお写真と記事をありがとうございました!有料部分のお写真がカッコよくて素敵でした!
    昔からの付き合いであり同じ事務所でもある小関さんと平間さんが、お互い違うタイプだからこそ「ここが素敵、魅力的」と思い合える関係性がすごく良いなと思いましたし、お2人のお芝居を見るのが楽しみになりました!「多様性」が強く求められている現代において凄く影響力のある作品だと思います。2月、楽しみにしています!

  2. megumi より:

    交流の長いお二人ですが、ここまで深くお互いについてのお話を聞けたのは初めてだったので、今回初めて知るお話や想いが沢山あり、貴重なお話を聞くことができてすごく嬉しかったです。お互いの想いに胸が熱くなりました。そんな2人が舞台上でどんな化学反応を見せるのか、何倍も楽しみになりました。とても読み応えのある素敵なインタビューをありがとうございました。

  3. みみ より:

    過去の作品のお互いの演じた役についてのお話を聞けたのが嬉しかったです!作品が終わってしまうとなかなか演じた作品の話を聞けることは少ないので、どんなことを考えて舞台に立っていたのかも知れて貴重でした。

  4. ゆう より:

    平間さんと小関さんの関係性や舞台への想いがストレートに伝わってくるとても良い記事でした。写真も素敵です。
    このお二人と他のキャストの皆さんが一つの舞台を作り上げる中でどんな化学反応が生まれるのか…2月の観劇が更に楽しみになりました!

  5. sayaka より:

    お二人の魅力溢れる素敵な記事をありがとうございます。とても素敵な表情ですね。舞台を観る前から、このようにお二人の舞台に対する様々な想いを知ることで、観る側も舞台への想いが強くなり、より楽しみになりました。
    舞台当日は、同じ空間で素敵な時間がつくれることを今からワクワクしています!

  6. とまと より:

    付き合いの長いお二人ならではの目線でのお話、たくさん聞けて嬉しかったです。お写真もとっても素敵でした。いつもファンに寄り添ってくれるこんなに素敵な俳優さんがいるってこと、もっとたくさんの人に知ってほしいです。どんな舞台になるのか、どんな2022年になるのか、今、ワクワクしています!ありがとうございました。

  7. umi より:

    平間さんと小関さんの関係性が感じられながらも、それぞれの思いに踏み込んだ素敵な記事をありがとうございます。写真もあまり見ることのない表情のものや今年のベストだと思えるものもあり、あわせて堪能しました。
    (岩村さんの写真好きです。これからもよろしくお願いします。)

最近の記事

■ 2022年1月掲載分
■ 2021年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.