「ケンシロウより強くなってしまうらしくて(笑)」、平原綾香・May’n対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ケンシロウより強くなってしまうらしくて(笑)」、平原綾香・May’n対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年12月3日

2021年12月8日(水)から12月29日(水)まで日生劇場で、2022年1月8日(土)から1月9日(日)まで梅田芸術劇場メインホールで、同年1月15日(土)から16日(日)まで愛知県芸術劇場大ホールで上演されるミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 で、ユリア役を演じる平原綾香さんとMay’nさんによる対談インタビュー、後半です。無料部分では、フランク・ワイルドホーンさんの楽曲でユリアを表現することや、その楽曲を歌える幸せについて、有料部分では、ミュージカルに出演することとソロアーティストの違い、ソロアーティストがユリアを演じる難しさなどのお話を紹介します。

(写真左)平原綾香さん(写真右)May’nさん=撮影・岩村美佳
(写真左)平原綾香さん(写真右)May’nさん=撮影・岩村美佳

――製作発表でも1曲披露されていましたが、フランク・ワイルドホーンさんの楽曲でユリアを表現されてみて、いかがですか?

May’n:もちろん素晴らしい楽曲たちだなと思います。ユリアの楽曲もそうですし、皆さんの楽曲も本当にメロディも綺麗ですし、コンサートのように楽しめるくらいポップス感といいますか、音楽が本当に聴き応えがあって、歌っていても楽しいなと思います。歌稽古をしていると、歌いやすかったり、楽しかったりという気持ちもありつつ、これをユリアとして持って行くにはどうしようとか、ユリアだったらこういう風に歌うかなとか、お芝居と音楽を結び付ける作業が、今は自分の中で課題だなと思っています。

――どんな課題がありますか?

May’n:元々自分がやろうとしていたユリア像では、歌えない歌が結構多いんです。音楽をお芝居に合わせるというよりは、音楽に芝居を近づけるというのも、ミュージカルの大事なところではあると思いますので、音楽に持って行くテンションをお芝居が作っていければと思います。お稽古でもっとユリアを知っていきたいと強く思っています。

――平原さんはいかがですか?

平原:私は、とにかくびっくりしました。『ジキルとハイド』の「Someone Like You」という曲がありますが、『ジキルとハイド』についてはよく知らなかったんですが、その曲だけとてつもなく好きで、ミュージカルの曲だと知らずに聴いていたんです。「私もいつかこんな曲を作りたい」と、憧れだったんです。

May’n:そうだったんですね!

平原:こういう曲を作れる人になりたいと思っていました。大好きで聴いていたんですが、「フランク・ワイルドホーンさん? あれ…? この方かな?」と気付いて。憧れの人に会えてしまいました。

――動画コメントのなかで、ワイルドホーンさんとの出会いが「自分の音楽人生を変える」とおっしゃっていましたよね。

平原:そうなんです。フランクさんは、ずっと音楽の中に浸かっている人なんですよね。音楽を作ろうと思って作るのではなくて、常に音楽の中にいらっしゃるんです。一瞬一瞬が魔法で、どんどん消えていくアイデアを、一生懸命掴んでいらして。音楽の神様みたいな方のメロディを歌えるのは、こんなにも幸せなのかと感じています。しかも新作で、私たちがこの作品を作るわけじゃないですか。

May’n:そうですね。私たちの歌を聴いて、メロディをちょっと変えられたところもありましたものね。

平原:そう! 私は初めてのことなんです。『ラブ・ネバー・ダイ』『ビューティフル』『メリー・ポピンズ』は、全部外国作品で大元がいらっしゃるから、日本初演とはいえども初演ではないじゃないですか。今回は初演だから、とにかく嬉しいですね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ミュージカルに出演することとソロアーティストの違い、ソロアーティストがユリアを演じる難しさなどインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■May’n:歌詞がすごくややこしくて、「1番と2番が少し違う」みたいな

■平原:演出家も作曲家もいて、自分で作らなくてもいいミュージカルは「癒し」

■May’n:「守りたい」と思わせるのは大変。本来の私たちは戦いたがっていますから

■平原:ユリアになるには、「こぼしたら自分で拭きに行っちゃうタイプ」をやめなきゃ

<ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』>
【東京公演】2021年12月8日(水)~12月29日(水) 日生劇場
【大阪公演】2022年1月8日(土)~1月9日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【愛知公演】2022年1月15日(土)~1月16日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
公式サイト
https://www.hokuto-no-ken-musical.com/
https://horipro-stage.jp/stage/musical_fons2021/

<関連リンク>
ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳』Twitter
https://twitter.com/musical_fons

<キャスト>

ケンシロウ:大貫勇輔
ユリア:平原綾香・May’n(Wキャスト)
トキ:加藤和樹・小野田龍之介(Wキャスト)
シン:植原卓也・上田堪大(Wキャスト)
リュウケン:川口竜也
トウ・トヨ:白羽ゆり
マミヤ:松原凜子
レイ/ジュウザ:伊礼彼方・上原理生(交互役替わり)
ラオウ:福井晶一・宮尾俊太郎(Wキャスト)

バット:渡邉蒼
リン:山﨑玲奈・近藤華(Wキャスト)
リハク 他:中山昇
青年ラオウ 他:一色洋平
ライガ 他:後藤晋彦
フドウ 他:澄人
フウガ 他:田極翼
青年トキ 他:百名ヒロキ
ダグル(オリジナルキャラクター)他:宮河愛一郎
ミスミ 他:安福毅

飯作雄太郎
岩瀬光世
輝生かなで
坂口杏奈
内木克洋
中野高志
原広実
妃白ゆあ
福田えり
藤田宏樹
LEI’OH
大竹尚

『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 関連記事:

⇒すべて見る

平原綾香 関連記事:

⇒すべて見る

May’n 関連記事:

⇒すべて見る

※平原綾香さんとMay’nさんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2022年1月2日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

(写真左)平原綾香さん(写真右)May’nさん=撮影・岩村美佳
(写真左)平原綾香さん(写真右)May’nさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2022年1月掲載分
■ 2021年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.