「誇り」、『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』福井晶一・宮尾俊太郎(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「誇り」、『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』福井晶一・宮尾俊太郎(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年12月7日

伝説的コミック『北斗の拳』を初めてミュージカル化した、『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 が、2021年12月8日(水)から12月29日(水)まで日生劇場で、2022年1月8日(土)から1月9日(日)まで梅田芸術劇場メインホールで、同年1月15日(土)から1月16日(日)まで愛知県芸術劇場大ホールで上演されます。アイデアニュースでは、出演者の方々にインタビューしました。最後のご登場は、ラオウ役を演じる福井晶一さんと宮尾俊太郎さんによる対談の合同取材と独自インタビューの内容を、上下に分けてお届けします。

「上」では、稽古の中で感じていることや、ラオウから影響をうける自分の変化、お互いの「すごい」と思うところ、このカンパニーの魅力などについて、合同取材で伺った内容と独自写真を紹介します。「下」は、全て独自取材です。無料部分では、主人公と敵対するヒール役の魅力や面白さについて、有料部分では、2021年最後の舞台にかける想いや、公演中止を経て感じていることなどについて話してくださった内容と写真を紹介します。

福井晶一さん(左)と宮尾俊太郎さん(右)=撮影・岩村美佳
福井晶一さん(左)と宮尾俊太郎さん(右)=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは2021年11月初旬に行ったものです)

――稽古の手応えはいかがですか?

福井:とにかく大変です。本当にいろんな要素が詰まっていて、もちろんミュージカルですから歌もあり踊りもあります。ワイヤーアクションもあり、“北斗の拳”ということで、男たちは毎日筋トレに励んでいます。稽古が始まって1か月半経ちましたが、まだまだやることがたくさんあるような状態ですね。今日、ざっと初通し稽古をやる予定なんですが、道しるべというか骨組みが見えてきています。まだここから積み上げていく段階ですが、何となくミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』ができてきたなというところです。

宮尾:本当に大変です。初日1か月前に、初めての通し稽古ができるというスピードで進んでいますので、もう頭と肉体がパンクしています。1日の時間も足りませんし、回復の時間も正直足りないようなスピードで進んでいます。でも、今ここで1か月前に通せて、ここからあと1か月あるんだと思うと、逆にすごく希望も見えてきました。凄まじいことがたくさん起こっていますので、本当にすごい舞台になるなと感じています。

――ラオウを毎日演じていて、 ラオウから影響を受けるご自身の心の変化はありますか?

福井:ラオウは、誰よりも屈強で強くいなければいけないので、筋トレも本当に大変です。大貫くんが予想以上に鍛えてきていましたし。筋肉が付くことで、自然とラオウの居方が定まってくるところがありますね。また、フランク・ワイルドホーンさんの曲がすごく格好よくて、「拳王軍」としての威厳や強大さを表現してくださっているので、曲に乗ることでラオウを演じるヒントをいただいています。

宮尾:ラオウの「絶対に引かない」そして「自分の信念を曲げずに貫いていく」という姿勢は、僕の中にもある要素だとは思いますが、改めてこのラオウの強さを脚本から感じると、本当に恐ろしいほどの強さなんです。「自分をなんとかラオウに近づける」というよりも、「俺に後退はない、あるのは前進勝利のみ」。毎日これで戦っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、お互いの「すごい」と思うところ、このカンパニーの魅力についてなど、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2021年12月8日(水)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、2021年最後の舞台にかける想いや、公演中止を経て感じていることなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■福井:「前進して新たなところにチャレンジ」する宮尾さんの姿勢に、男気を感じる

■宮尾:演出家にインスピレーションを与えている福井さんを拝見して「素晴らしい」と

■福井:僕らの上に「川口リュウケン」がいるから、安心してラオウ役に集中できる

■宮尾:俳優陣は、振り付けや音楽などが起こす「すごい化学反応」の中で毎日戦っている

<ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』>
【東京公演】2021年12月8日(水)~12月29日(水) 日生劇場
【大阪公演】2022年1月8日(土)~1月9日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【愛知公演】2022年1月15日(土)~1月16日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
公式サイト
https://www.hokuto-no-ken-musical.com/
https://horipro-stage.jp/stage/musical_fons2021/

<関連リンク>
ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳』Twitter
https://twitter.com/musical_fons

<キャスト>

ケンシロウ:大貫勇輔
ユリア:平原綾香・May’n(Wキャスト)
トキ:加藤和樹・小野田龍之介(Wキャスト)
シン:植原卓也・上田堪大(Wキャスト)
リュウケン:川口竜也
トウ・トヨ:白羽ゆり
マミヤ:松原凜子
レイ/ジュウザ:伊礼彼方・上原理生(交互役替わり)
ラオウ:福井晶一・宮尾俊太郎(Wキャスト)

バット:渡邉蒼
リン:山﨑玲奈・近藤華(Wキャスト)
リハク 他:中山昇
青年ラオウ 他:一色洋平
ライガ 他:後藤晋彦
フドウ 他:澄人
フウガ 他:田極翼
青年トキ 他:百名ヒロキ
ダグル(オリジナルキャラクター)他:宮河愛一郎
ミスミ 他:安福毅

飯作雄太郎
岩瀬光世
輝生かなで
坂口杏奈
内木克洋
中野高志
原広実
妃白ゆあ
福田えり
藤田宏樹
LEI’OH
大竹尚

『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 関連記事:

⇒すべて見る

福井晶一 関連記事:

⇒すべて見る

宮尾俊太郎 関連記事:

⇒すべて見る

※福井晶一さんと宮尾俊太郎さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2022年1月7日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

福井晶一さん(左)と宮尾俊太郎さん(右)=撮影・岩村美佳
福井晶一さん(左)と宮尾俊太郎さん(右)=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2022年1月掲載分
■ 2021年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.