「声に魔力のようなものが」、『Music is Beautiful』spiインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「声に魔力のようなものが」、『Music is Beautiful』spiインタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年12月24日

『Music is Beautiful ~song & danceで綴るラブストーリー』が、2022年1月21日(金)から1月22日(土)まで、渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールで上演されます。 愛から生まれる人間の究極の美をラブストーリーで表し、オーディエンスに伝えたいことをミュージカル、JAZZ、ラテン、POPSなどグローバルな数々の名曲とダンスのコラボレーションで綴るBeautifulな豪華饗宴です。アイデアニュースでは、出演者のひとりであるspiさんにインタビューしました。インタビューは、上、下に分けてお届けします。「上」では、このコンサートや水夏希さん・日野真一郎さん(LE VELVETS)・西島数博さんとの縁、歌や音楽との出会いにまつわる幼少期のエピソード、自分の声への思い、『ジャージー・ボーイズ』で共演する有澤樟太郎さんとのこと、福井小百合さんのおかげでご自身の歌い方が変わったことなどを伺いました。「下」では、ビリー(山口琇也)さん・坂元健児さん・佐藤隆紀(LE VELVETS)さんに歌い方を相談したこと、spiさんならではの「やりたいこと」を決める方法、社会貢献をしていきたいという思い、ポップス曲とミュージカルのお話、今回のコンサートで表現したいことやお客さまへのメッセージなどについて話してくださった内容を紹介します。

spiさん=撮影・岩村美佳
spiさん=撮影・岩村美佳

――まず、コンサートのテーマについて、どう感じていらっしゃいますか?

光栄ですね。美しいとか実力があると言ってもらえるのは嬉しいことですし、僕自身のテーマは社会貢献や、生まれてきてよかったとちょっとでも思ってもらえるようになって欲しいという気持ちが人に対してあるんです。だから、そういう自分のテーマにも沿っているものなのかなと思います。

――出演のオファーがあった時には、どう思われましたか?

ありがたいなと思いました。僕自身は、縁と人で仕事をさせてもらっているんです。今回は仲よくしている人とご縁があって、スケジュールも空いているからOKですとお受けしたら、以前ご一緒した水夏希さんや日野真一郎くん(LE VELVETS)に再び出会えたり、ご連絡を取ってはいたけれどお会いできていなかった西島数博さんとご一緒できることになり、とても嬉しいです。

――今回のコンサートに限らず、選曲にあたってはいつもどのようなことを考えていらっしゃいますか?

考えるのは2点です。「自分の歌唱力が生きるか」ということと、「皆さんが好きか聞きたいか」ということが、一番大きいですね。僕はよくTwitterで「歌って欲しい曲は何ですか」というアンケートを取るんですが、そこで聞いたことのない曲があると、iTunesやApple Musicで検索します。「リクエスト」というリストが携帯にあり、ライブで新曲を歌うとなると、そのリストの中から選んで「これを歌おうかな」と。

――これまでに、そのリクエストのなかから何割ぐらい応えられていますか?

2割ぐらいです。結構な量があるので。

――今回もそのリストの中から選ぶのでしょうか?

それもあるかもしれませんし、全体のバランスや、演出家さんの意図もありますし、今回はダンサーさんもいらっしゃるので、その方たちが踊れるかどうかもあると思います。全体のパーツのひとつとして、いい曲を歌えればなと思っています。

――spiさんの出演が発表された時に、反響がたくさんありましたね。周りの皆さんの反響はいかがでしたか?

僕と僕のファンの話になりますが、2022年1月は他に何かをやる予定がなかったので、喜んでくれています。月に1回どこかでみなさんに会えるタイミングを与えてくださるのは、すごく運がいいしありがたいなと思います。

――コンサートに向けて、今、楽しみにされていることはありますか?

選曲は何になるんだろうというのは気になります。あとは水さんと久し振りに会った時に、僕のイメージしている水さんでこられるのか、また変わっているのかが楽しみですね。「やってるね」「頑張ってるじゃん」という兄貴肌を押し出した感じなのか、もしくは宝塚を退団されて結構経っているので、「わ~」みたいな女の子な感じなのか、どっちなのか楽しみです。

――水さんと一緒にユニット(Guys☆From The Earth)を組まれていたのは、水さんの宝塚退団直後でしたね。spiさんの中では男役の記憶が残っているんですね。

僕にはそれしかないので、あと、水さんは結構相談に乗ってくれるんです。めちゃくちゃ学んでいて、恩師です。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、歌や音楽との出会いにまつわる幼少期のエピソード、自分の声への思い、『ジャージー・ボーイズ』で共演する有澤樟太郎さんとのこと、福井小百合さんのおかげでご自身の歌い方が変わったことなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2021年12月25日(土)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、ビリー(山口琇也)さん・坂元健児さん・佐藤隆紀(LE VELVETS)さんに歌い方を相談したこと、spiさんならではの「やりたいこと」を決める方法、社会貢献をしていきたいという思い、ポップス曲とミュージカルのお話、今回のコンサートで表現したいことやお客さまへのメッセージなどについて話してくださった内容など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「ハクナ・マタタ」をシンバと一緒に英語で歌っていたら、父と母に「歌上手いね」と

■「聴いていると心にくる」と言ってもらえる自分の歌を、生の波動で聞いてみたい

■樟太郎の芝居は本当にいい。一緒にやりたいと思っていた『ジャージー・ボーイズ』

■福井小百合さんに「型」を教わって、いろいろな歌い方ができるようになった

<『Music is Beautiful~song&danceで綴るラブストーリー~』>
【東京公演】2022年1月21日(金)~ 1月22日(土) 渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
公式サイト
http://www.jpma-jazz.or.jp/concert/2201/220121_1.html

『Music is Beautiful~song&danceで綴るラブストーリー~』 関連記事:

⇒すべて見る

spi 関連記事:

⇒すべて見る

※spiさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2022年1月24日(月)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

spiさん=撮影・岩村美佳
spiさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ファン より:

    様々な作品での人との出会いやお仕事の姿勢、考え方が伺えるとても良質なインタビュー記事でした。
    お写真もとても良かったです。
    有料部分の読み応えがかなりあるので、是非皆さんに読んでいただきたいです。
    spiさんを取り上げて下さりありがとうございます。

  2. spiさんは宇宙の宝 より:

    岩村さんのご質問の中に、ジャージーボーイズコンサートのBegginの色気のお話おっしゃってて、それ〜!めっちゃ分かる〜!となりました
    読み応えのあるインタビューありがとうございます!

最近の記事

■ 2022年1月掲載分
■ 2021年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.