「やるかどうか、未来の自分である『おじいちゃん』に聞く」spiインタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「やるかどうか、未来の自分である『おじいちゃん』に聞く」spiインタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年12月25日

2022年1月21日(金)から1月22日(土)まで、渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールで上演される『Music is Beautiful ~song & danceで綴るラブストーリー』に出演するspiさんのインタビュー、後編です。「下」では、ビリー(山口琇也)さん・坂元健児さん・佐藤隆紀(LE VELVETS)さんに歌い方を相談したこと、spiさんならではの「やりたいこと」を決める方法、社会貢献をしていきたいという思い、ポップス曲とミュージカルのお話、今回のコンサートで表現したいことやお客さまへのメッセージなどについて話してくださった内容を紹介します。

spiさん=撮影・岩村美佳
spiさん=撮影・岩村美佳

――福井小百合さんの歌の特訓のお話が出ましたが、さらに他の方に教えてもらったり、見て学ぶことで、格段に自分が変わってきたということはありましたか?

ビリー(山口琇也)さん、佐藤隆紀(LE VELVETS)さんです。佐藤さんには電話して聞くんですよ。教えてくれるんですが、全然できないんです。他にも坂元健児さんに、「どうやってやっているんですか」と聞いたりしています。その人それぞれのやり方があると思いますので。

――出会ったいろんな人たちから学ばれたことを、自分に合うように取り入れているんですね。もっと欲しい技術はありますか?

まだ歌えない歌がありますから。ジャン・バルジャンとか歌えませんからね。明後日もボイトレに行きますし、まだいろいろ吸収している最中です。

――先ほど撮影のときに、芝居が一番好きだとおっしゃっていましたが、やりたいことやお仕事はどのように選んでいらっしゃいますか?

やりたい人と仕事をしています。やりたくないこと、やりたくない人とはやっていないだけです。

――人で決めていらっしゃるのですか?

はい。僕のベースは、そもそも社会貢献がしたいということです。最終的には「地球貢献」と呼んでいて、もっとグローバルな話になってくるんですが、今、日本で僕にできる社会貢献はミュージカルの輸出だと思っています。日本で作られたミュージカルや舞台、エンタメを世界に輸出することを使命感を持ってやらせてもらっているのですが、まずは、それに当てはまっているかどうか。そこに当てはまったら、その人とやりたいかやりたくないか。そして、スケジュールが空いているか。この3つだけです。

――分かりやすいですね。自分の判断基準が明確に決まっていて、ジャッジしていくんですね。いつからそういう判断をされているんですか?

ずっとそうです。社会貢献とミュージカルが完全につながったのは、ニューヨークに行ってオーディションを受けて、帰ってきてからですね。

――向こうでそれを感じられたのですか?

そうです。「アジア人の枠はありません」と言われて日本に帰ってきて、日本でやればいいと思いました。

――ニューヨークにはどのくらいいらっしゃいましたか?

1か月ほどです。

――もし向こうでチャンスがあれば、もっと長く滞在されましたか?

そうかもしれません。でも、向こうで思ったのは、10年ぐらい列に並ばないとブロードウェイには出られないという結論です。列に並べば出られるでしょうが、その列待ちが長いんです。

――だったら日本に帰ろうと。

はい。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、spiさんならではの「やりたいこと」を決める方法、社会貢献をしていきたいという思い、ポップス曲とミュージカルのお話、今回のコンサートで表現したいことやお客さまへのメッセージなどについて話してくださった内容など、インタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■未来の自分であるおじいちゃんに「やるのとやらないのと、どっちが後悔する?」と

■「歌で人を救えているかも」と実感することもある。もっと社会貢献をしていきたい

■「人類にとって俺ができることってなんだろう」とアンテナを張っている日々

■アンジェラ・アキさんの『手紙』はミュージカル。曲のストーリー性を表現したい

<『Music is Beautiful~song&danceで綴るラブストーリー~』>
【東京公演】2022年1月21日(金)~ 1月22日(土) 渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
公式サイト
http://www.jpma-jazz.or.jp/concert/2201/220121_1.html

『Music is Beautiful~song&danceで綴るラブストーリー~』 関連記事:

⇒すべて見る

spi 関連記事:

⇒すべて見る

※spiさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2022年1月24日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

spiさん=撮影・岩村美佳
spiさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ファン より:

    spiさんの歌う『手紙』は本当に素晴らしいので、記事で扱われて嬉しかったです。
    社会貢献というワードは最近のインタビューでよく聞くのですが、思考やそこにたどり着くまでの経緯も分かってよかったです。
    興味深いインタビューでした。ありがとうございます。

  2. より:

    地球貢献の話はとても興味深く、また、とてもspiさんを尊敬します!
    素敵なインタビューありがとうございました!

  3. ahbon より:

    ジャージーボーイズ2018の際、中川さん伊礼さんの対談を拝読してから、ずっとspiさんをとりあげてほしいなと思っていたので今回のインタビューとても嬉しいです。
    考え方や言葉の選び方に個性と信念があって、でもそれがけしてきつい印象ではなく、優しさと温かさが伝わってくるのはお人柄なんだろうなと思いました。
    手紙はまさにストーリーを見ているようで聴くといつも涙してしまいます。
    これからの活躍がますます楽しみになりました!

  4. あいり より:

    以前からspiさんは独特な人だなぁと思っていましたが、物の考え方というか、脳の使い方がすごく独特なんですね。ちょっと真似してみたくなります。面白いインタビューありがとうございました!

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.