「人による違いを出しやすい役」、『メリー・ポピンズ』石川新太インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「人による違いを出しやすい役」、『メリー・ポピンズ』石川新太インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2022年3月23日

2022年3月31日(木)から5月8日(日)まで東急シアターオーブで(プレビュー公演あり)、5月20日(金)から6月6日(月)まで梅田芸術劇場メインホールで上演されるミュージカル『メリー・ポピンズ』に、ロバートソン・アイ役で出演(内藤大希さんとWキャスト)する石川新太さんにインタビューしました。上下に分けて2日連続で掲載します。「上」では、海外の演出家と初めて仕事をすることについて、ロバートソン・アイ役について、 ダブルキャストの内藤大希さんとどのように稽古が進んでいるかなどについて伺った内容を、「下」では相手役のミセス・ブリル役が浦嶋りんこさんと久保田磨希さんのダブルキャストであることによる違いのほか、この春に石川さんが音楽大学を卒業(インタビューは卒業前に実施)されたこと、ミュージカル俳優を目指す学生の方へのアドバイスについても伺った内容を紹介します。石川さんの写真とサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。

石川新太さん=撮影・伊藤華織
石川新太さん=撮影・伊藤華織

――オーディションは、コロナ禍を反映してリモートで行われたそうですね。対面との違いはありましたか?

海外の演出家さんとのお仕事は初めてだったので、ちょっと緊張していました。通訳さんを挟んで会話するので、伝わる部分と伝わらない部分があるかもしれないという心配と、画面越しで多少のタイムラグもあるので、うまくコミュニケーションが取れるかなと思っていたんです。でも始まってみたら、全然そんなことはなくて、オーディションですけど「welcome」なムードを出してくださる、すごく気さくな方たちでした。ひとつのシーンを題材にして、そのシーンの説明を細かくしてくださったあと、半分ワークショップのような感じで「じゃあ、こういうふうにやってみて」と。普通にお稽古をしてるみたいで、楽しかったです。

――歌やダンスは?

歌はそのシーンの中で歌う感じなんですけど、ダンスは画面越しに振付けのリチャードさんが振り写しをしてくださって、その後にカメラを引きの画角にして、画面越しに踊るんです。リモートでは難しいと思っていましたが、やってみると意外と大丈夫で「できるな」って。向こうも、ちゃんと全身が見える画角で、カメラアングルとかすごく気を遣っていただきました。

――海外の演出家さんとのお仕事は初めてなんですね。

海外の作品の出演経験はありますが、演出家は日本の方がほとんどだったと思います。

――『ニュージーズ』(2021年、2020年)や『ジャージー・ボーイズ』(2016年、2018年)もそうでしたね。

日本版の演出だったので、海外版の演出でやるのは初めてだと思います。英語ができそうに見られるんですけど、できないんです。

――英語で素敵に歌っていらっしゃるお姿を拝見していたので、意外な気がします。

英語歌詞で歌うこともあるけれど、喋れないです(笑)。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、海外の演出家と初めて仕事をすることについて、ロバートソン・アイ役について、ダブルキャストの内藤大希さんとどのように稽古が進んでいるかなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。3月24日(木)掲載予定のインタビュー「下」には、相手役のミセス・ブリル役が浦嶋りんこさんと久保田磨希さんのダブルキャストであることによる違いのほか、この春に石川さんが音楽大学を卒業(インタビューは卒業前に実施)されたこと、ミュージカル俳優を目指す学生の方へのアドバイスについても伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■階級が顕著な時代で、ロバートソン・アイは労働階級。上・中流階級との間の壁は壊せない

■15歳から勤めていて、15歳で仕立ててもらった服をずっと着続けているから衣装が寸足らず

■「使えないなりに一生懸命仕事をしたいけれど、何をしていいのかわからない」のがキュート

■物の受け渡しや移動の段取りが多いので、内藤大希さんと必死に覚えていっている感じ

<ミュージカル『メリー・ポピンズ』>
【プレビュー公演】2022年3月24日(木)~3月30日(水) 東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階
【東京公演】2022年3月31日(木)~5月8日(日)  東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階
【大阪公演】2022年5月20日(金)~6月6日(月) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://marypoppins2022.jp/
https://horipro-stage.jp/stage/marypoppins2022/

『メリー・ポピンズ』 関連記事:

⇒すべて見る

石川新太 関連記事:

⇒すべて見る

※石川新太さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月23日(土)です(このプレゼント募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

石川新太さん=撮影・伊藤華織
石川新太さん=撮影・伊藤華織

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.