「あたたかい作品の空気に触れたくて」『メリー・ポピンズ』、内藤大希(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「あたたかい作品の空気に触れたくて」『メリー・ポピンズ』、内藤大希(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2022年3月4日

ミュージカル『メリー・ポピンズ』が、2022年3月31日(木)から5月8日(日)まで東急シアターオーブで(プレビュー公演あり)、5月20日(金)から6月6日(月)まで梅田芸術劇場メインホールで上演されます。2018年に、日本人キャストで初演された作品の再演です。

原作は、アカデミー賞5部門を受賞したウォルト・ディズニーによる映画『メリー・ポピンズ』のもとにもなった、パメラ・トラバースの小説です。ディズニーとサー・キャメロン・マッキントッシュによって、ミュージカル化されました。たくさんの魔法が仕掛けられた舞台セット、つい口ずさみたくなる「チム・チム・チェリー」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」などの名曲、そして圧巻のダンスシーンなど、見どころが盛り沢山です。

アイデアニュースでは、キャストの方々にインタビューしました。今回は、ロバートソン・アイを演じる内藤大希さんのインタビューを、上、下に分けてお届けします。「上」では、作品への思い、ロバートソン・アイ役のオーディションに臨んだときのこと、初演でロバートソン・アイを演じ、プライベートでも親交のある小野田龍之介さんとのこと、11年ぶりに共演するロバートソン・アイ役のWキャストである石川新太さんのこと、メリー・ポピンズを演じる濱田めぐみさんと笹本玲奈さんについて、内藤さんが役作りの上で大切にしていることや、ミセス・ブリルを演じる浦嶋りんこさんと久保田磨希さんとの稽古で感じることなどについて話してくださった内容を紹介します。

(下)では、ロバートソン・アイと自身との共通点の有無について、『The Song of Stars』で緊張したこと、役に入るスイッチや、ルーティーンのこと、ミュージカルを作る大変さや、そこに関わるスタッフへの思い、お客さまへのメッセージを紹介します。

内藤大希さん=撮影・NORI
内藤大希さん=撮影・NORI

(※このインタビューは2月初旬に実施しました)

――『メリー・ポピンズ』は、ディズニー映画としても知られていますが、どのような印象をお持ちでしたか?

「ディズニー映画」という、そのくらいの認識レベルでした。この作品に入って初めて、「メリー・ポピンズ」は、人の名前だったと知りました(笑)。

――ロバートソン・アイ役のオーディションを受けられたきっかけを教えてください。

『レ・ミゼラブル』で、海外の大きな作品への出演経験はありますが、「ディズニー作品に出てみたい」という気持ちと、「あたたかいお話のカンパニーに参加したい」という思いがあったんです。

――「あたたかいお話」へのご出演を希望されていたのですね。

役者としては、「消耗する」方が好きなんです。誰かを失ったりするなどの辛い役を演じる機会が多いのですが、このような心情的に苦しい役を演じると、充実感があるんです。でも、消耗する作品の次は、あたたかい作品の空気感に触れたくなります。「陰と陽」でいうところの「陽」の部分が強い作品ですね。交互に演じたくなります。

――昨年出演された作品は、『パレード』と『レ・ミゼラブル』でしたから、消耗する方の作品でしたね。

はい。わりと、負の感情が強かったです。

――ロバートソン・アイ役のオーディションには、どのように臨みましたか?

前回演じられていた役者さんを手がかりに、それぞれのイメージを具現化して、オーディションで演じました。プライベートでも仲が良く、初演でロバートソン・アイを演じた小野田龍之介くんならとか。もう中学生さんなら、きっとこうかな、とか。

ロバートソン・アイは、舞台にしか出てこないキャラクターなんです。初演を拝見できていなかったので、いただいた台本のみが情報源でした。ドジな場面ばかりで、話の内容と全然リンクせず、どういう人物なのか、テイストやテンションはどうすればいいのかなど、全然わかりませんでした。

――オーディションを突破し、出演が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

ロバートソン・アイのような役どころは今までになかったので、自分にとって新しくて嬉しい反面、どのような面で自分を生かせるだろうと考えました。オーディションのときはコミカルに演じましたが、実際に舞台で演じるのとはまた違ってくるでしょうから。

――『パレード』に続き、小野田龍之介さんが演じられていた役ですね。

そうなんですよ(笑)。オーディションを一緒に受けるならまた別ですが、役者同士でも情報解禁までは「この作品に出るよ」というのは言えないんです。『パレード』の情報解禁の前に、龍ちゃんと話したときに、「でもあの役はさ、やっぱり若い子がやった方がいいんだよ。若い兵隊だし」と言われてしまったことがあって。「次は龍ちゃんより年上の僕だからヤバイ」ということがありました(笑)。

龍ちゃんは、「歌って、踊れて、お芝居もできて」と、三拍子揃っている役者さんなので、その後に同じ役をやるというのはハードルが高いですが、それができる役者だと思って、僕を選んでいただけたということでもあるので、とても光栄なことだと思っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、11年ぶりに共演するロバートソン・アイ役のWキャストである石川新太さんのこと、メリー・ポピンズを演じる濱田めぐみさんと笹本玲奈さんについて、内藤さんが役作りの上で大切にしていることや、ミセス・ブリルを演じる浦嶋りんこさんと久保田磨希さんとの稽古で感じることなどについて話してくださったことなど、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。3月5日掲載予定のインタビュー「下」では、ロバートソン・アイと自身との共通点の有無について、『The Song of Stars』で緊張したこと、役に入るスイッチや、ルーティーンのこと、ミュージカルを作る大変さや、そこに関わるスタッフへの思い、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「子役」だった新太。11年経った今、一緒にひとつの役作りをしている

■相談室みたいに、お世話になっているめぐさん。初共演の笹本さんには、本物だ!と

■役作りで大事にしているのは、相対する人との芝居を通じ、その時に持つ「生感」

■浦嶋さんと久保田さんとの稽古では、「ベテラン刑事と新米刑事」のバディ感が

<ミュージカル『メリー・ポピンズ』>
【プレビュー公演】2022年3月24日(木)~3月30日(水) 東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階
【東京公演】2022年3月31日(木)~5月8日(日)  東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階
【大阪公演】2022年5月20日(金)~6月6日(月) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://marypoppins2022.jp/
https://horipro-stage.jp/stage/marypoppins2022/

『メリー・ポピンズ』 関連記事:

⇒すべて見る

内藤大希 関連記事:

⇒すべて見る

※内藤大希さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月4日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

内藤大希さん=撮影・NORI
内藤大希さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ちゆみ より:

    興味深い話しが沢山聞けて嬉しいです。
    素敵な写真とインタビューありがとうございました。

  2. らいと より:

    ロバートソンアイという役にどう向き合っているのかはすごく興味があったので、今回のインタビューで知ることができ嬉しいです!
    お写真も内藤さんの持つ雰囲気にぴったりで素敵です!

  3. かな より:

    と~~っても素敵なお写真と読み応えのある記事、ありがとうございます!!
    内藤さんの演じる、どこか影を感じさせる役が大好きですが、今回のコミカルなお役もすごく楽しみです。
    短いシーンでも必ず魅せてくれる内藤さん、お稽古での挑戦や細かい調整があってのことなのですね。大変興味深い内容でした。

  4. なつこ より:

    他ではあまり聞いたことがないお話ばかりで、とても嬉しいです!
    あたたかい作品に出演される内藤さん、インタビューを読んでますます楽しみになりました(^^)
    インタビュー後半も楽しみにしています!!

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.