「曲ごとに作品を思い出して」、25周年記念CD「Connect」濱田めぐみ(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「曲ごとに作品を思い出して」、25周年記念CD「Connect」濱田めぐみ(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年1月22日

濱田めぐみさんのミュージカルデビュー25周年記念CD「Connect」が、2022年1月26日(水)に発売されます。アイデアニュースでは濱田さんにインタビューさせていただき、収録されている全曲について伺いました。インタビューは、上、下に分けてお届けします。

「上」では、25周年を迎えられての思い、CD収録曲の「追憶」(『スコット&ゼルダ』)・「遥かな調べ」・「サヨナラは日曜日に」(『Tell Me on a Sunday』)・「Unrequited Love」・「イシスとオシリスのように」(『王家の紋章』)・「マーダー・バラッド」(『マーダー・バラッド』)について伺いました。「追憶」を選んだ理由、『Tell Me on a Sunday』で経験された一人芝居ならではのこと、『王家の紋章』の難曲のこと、レコーディング時の浦井健治さんとのエピソード、「マーダー・バラッド」の曲としての特徴などについても紹介しています。

「下」では、CD収録曲の「その日に私が」(『フランケンシュタイン』)・「お砂糖ひとさじ」・「どんなことだってできる」(『メリー・ポピンズ』)・「私の殺意」(『メタルマクベスdisc1』)・「夢やぶれて」(『レ ・ミゼラブル』)・「もっと高く」(『アリージャンス〜忠誠〜』)・「Come What May」(『ムーラン・ルージュ』)について伺いました。共演された柿澤勇人さんと中川晃教さん、佐藤隆紀さん(LE VELVETS)のこと、客演された劇団⭐︎新感線のこと、デュエット曲を決めるにあたり『グリーン&ブラックス』で共演された井上芳雄さんとお話しされたこと、25年間ずっと作品のファンでもあるという『レ・ミゼラブル』にファンテーヌ役で出演したことへの思い、「もっと高く」で感じたエルファバとのリンク、CDのタイトルやジャケットに込めた思い、2022年の抱負などについて話してくださった内容を紹介します。

濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳
濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳

——25周年を迎えられた感覚は、いかがですか?

四半世紀ですよね。でも全く何にも変わってないんですよ。役者としての資質がそうさせるのかもしれないですが、ずっと走り続けてきた感覚です。ベースは何も変わらずに、止まらずにきたら、25年経っていてすごいなと思いました。

——気づいたら、25年経っていたんですね。

市村(正親)さんは50年、石丸(幹二)さんも30年。先輩方に、すごい方がたくさんいらっしゃいますからね。

——今回のCDの選曲は、どのように考えられたのですか?

前回のCD発売から5年経っているので、この5年間で演じた作品の曲をメインに選曲しました。

——CDを聴く人も、一緒に振り返られる感じですね。

そうですね。上演順に収録されているので、一曲ごとに思い出していただけますね。

✳︎✳︎✳︎

——ぜひ全曲についてお話をお聞かせください。まず、『スコット&ゼルダ』の曲の中から、「追憶」を選ばれたのはなぜですか?

『スコット&ゼルダ』は、ゼルダが「現在から過去を見ていく」という話です。ウエンツ(瑛士)くんが演じるスコットとの結婚生活のことが散りばめられていて、特殊な2人の関係性だったということがこの歌で表されています。ゼルダはこの時、精神病棟に入っているんですね。その精神病棟に、山西(惇)さんが演じるベンというライターが訪ねてきます。ベンが、面白おかしいゴシップ記事を書くためにゼルダと話をするところから回想が始まっていくんです。

最後、精神病棟に入っているゼルダが、「私はここに入っているけれども、私はおかしいとは思っていないのよ。私の周りの世界がおかしいのよ」と言うんです。彼女が、自分の人生で一番大切だった人を想って歌うラストのこの曲で、幕が閉まるんです。作品のコンセプトの一番重要なところを突いている曲なので、思い入れも深いですし、歌っているとやはり思い出しますよね。

ゼルダはベンに、「いろいろあったけれど、スコットは作家としてすごかった。あなたは今の自分の仕事を正しいと思ってるの? 面白いと思ってるの?」と突きつけるんですね。文字を書く仕事をしたりしているスタッフさんが観た時に、ゼルダの「あなたはどうなの?それで面白いの?」という問いかけにすごく共鳴してくださったりしていました。

——クリエイターの人たちに刺さる作品だと耳にします。みなさん、この曲を入れてほしいと思っていらしたでしょうね。

今でも、そうした話を聞くことがあるので、やっぱりそういう作品なんだなぁと思います。当時、この作品を見て「ぐっさり」やられた人はたくさんいらしたみたいですね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「遥かな調べ」・「サヨナラは日曜日に」・「Unrequited Love」・「イシスとオシリスのように」・「マーダー・バラッド」についてやレコーディング時の浦井健治さんとのエピソードなど、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。1月23日掲載予定のインタビュー「下」では、CD収録曲の「その日に私が」・「お砂糖ひとさじ」・「どんなことだってできる」・「私の殺意」・「夢やぶれて」・「もっと高く」・「Come What May」について伺いました。また、共演された柿澤勇人さんと中川晃教さん、佐藤隆紀さん(LE VELVETS)のこと、客演された劇団⭐︎新感線のこと、デュエット曲を決めるにあたり『グリーン&ブラックス』で共演された井上芳雄さんとお話しされたこと、25年間ずっと作品のファンでもあるという『レ・ミゼラブル』にファンテーヌ役で出演したことへの思い、「もっと高く」で感じたエルファバとのリンク、CDのタイトルやジャケットに込めた思い、2022年の抱負などについて話してくださった内容など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■一人芝居『Tell Me on a Sunday』は、全員の注目が私に。この5年間で一番のきつさ

■「イシスとオシリスのように」は、とんでもない難曲。何度も歌わないと唇に入らない

■『王家の紋章』再演直後のレコーディング。浦井くんは絶好調で、超絶メンフィス

■「火が跳ねる」という言い方が、ポップスならではと思った「マーダー・バラッド」

<ミュージカルデビュー25周年記念CD「Connect」>
2022年1月26日(水)発売
公式サイト
https://horipro-shop.com/products/detail/925

■「Connect」収録曲
01追憶(スコット&ゼルダ)
02遥かな調べ(Tell Me on a Sunday)
03サヨナラは日曜日に(Tell Me on a Sunday)
04Unrequited Love(王家の紋章)
05イシスとオシリスのように(王家の紋章)ゲスト浦井健治
06マーダー・バラッド(マーダー・バラッド)
07その日に私が(フランケンシュタイン)
08お砂糖ひとさじ(メリー・ポピンズ)
09どんなことだってできる(メリー・ポピンズ)
10私の殺意(メタルマクベスdisc1)
11夢やぶれて(レ・ミゼラブル)
12もっと高く(アリージャンス~忠誠~)
13Come What May(ムーラン・ルージュ)ゲスト井上芳雄

ミュージカルデビュー25周年記念CD「Connect」 関連記事:

⇒すべて見る

濱田めぐみ 関連記事:

⇒すべて見る

浦井健治 関連記事:

⇒すべて見る

※濱田めぐみさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月22日(火)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳
濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. kiyoen より:

    濱田めぐみさんの25周年の記事掲載ありがとうございました。
    めぐさんの劇団四季時代には、あいにく拝見できていませんが、四季退団後の最初の公演を観て、めぐさんの歌唱力に驚き、そして歌唱からのお芝居にもひきつけられて、ずーっとファンとして、今も応援しています。
    これまでを振り返ってのめぐさんからのコメント、そしてかかわられてきた方々からのコメントも嬉しいです。
    ありがとうございました。

  2. ゆってぃ より:

    曲への想いを読むと、改めて観劇時の思い出や感想がよみがえってきます。
    (上)の中では王家の紋章でのアイシスの絶唱に涙腺が大崩壊したことも。

    こうしてみると名曲揃いですね。
    共演者へのコメントもあって嬉しい限りです。
    (下)も楽しみにしています。

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.