「キャリアを積めば積むほど自分を疑って」、小野田龍之介(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「キャリアを積めば積むほど自分を疑って」、小野田龍之介(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年4月5日

2022年3月31日に開幕し、5月8日(日)まで東急シアターオーブで、5月20日(金)から6月6日(月)まで梅田芸術劇場メインホールで上演されるミュージカル『メリー・ポピンズ』に、バート役で出演する小野田龍之介さんのインタビュー後編です。「下」では、バートの役作りをする上での面白さ、久しぶりに踊る役を演じるにあたっての想いや周りからの反応、メリーを演じる濱田めぐみさんと笹本玲奈さんとのこれまでの共演経験を踏まえて感じること、ミュージカルの魅力について、30歳になられた今思うことやこれからのチャレンジについて話してくださった内容と、お客様へのメッセージを紹介します。

小野田龍之介さん=撮影・岩村美佳
小野田龍之介さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは、2月中旬に行いました)

――先ほどインタビューの中でおっしゃっていた、ショーアップされた部分について教えてください。バートは、タップダンスや見せ場のナンバーも多いかと思いますが、面白さや大変さについてはいかがでしょうか。

素晴らしいからこそ大変だと思うのですが、大変さについて語ろうとすると、「大変です」としか言えないです(笑)。  

――では、面白さのほうをぜひお願いします。

動きひとつ、音ひとつ、段取りひとつ、きっかけひとつ、すべてが計算し尽されているので、それが面白さにつながっていると思うんです。よくできている作品だなと思います。ロバートソン・アイを演じた時も、あんなにしっちゃかめっちゃかな役だったのに、すごく計算されているんです。

『メリー・ポピンズ』は、段取りやきっかけを間違えると、機材トラブルや公演中止になることがあるんです。実際、前回の公演でも、セットが止まったことがありました。計算し尽くされ、緻密だからこそ、お客様にとてもマジカルな瞬間をお届けできるのだと思います。

とにかくセットの色鮮やかさと音楽が素晴らしい作品です。ミュージカルをご覧になったことがない方も、音楽は「この曲、この曲」と思っていただけるかと思います。ディズニーファンの方だったり、映画が好きな方だったり、普段ミュージカルは観ないけれども、たまたま観に来たら「この曲も出てくるんだ、この曲も知ってる」と思えるところも魅力でしょうね。

――小野田さん、久し振りにたくさん踊られますよね。とても楽しみです。

勇輔くん(大貫勇輔さん)にも言われますが、僕の場合、踊る役をやるという印象が、共演者の中にもあまりないみたいなんです。

――最近は、歌がメインだと思われているのではないでしょうか。

昔から知っている俳優には、「久しぶりだね、見ていて楽しいよ」という感じで、踊っていても特に驚かれないのですが、最近共演したばかりだったり、歌っていたり、俳優としての面のみで僕を知っている方々には「もっと踊りなよ」みたいなことを言われますが、「いや……もういいです」という感じです。 

――いやいや、もっと拝見したいです。

 『メリー・ポピンズ』のダンスナンバーは、本当にショーナンバーですからね。

――そういう意味で、ガツンと来るのが楽しみだなと思います。

 そうですね。ガツンと届ける前に、本人がガツンとなっているので(笑)、みんなで手を取りあっていきたいです。特に、メリーとのナンバーは、反復練習がとても必要とされるんです。仕掛けが多かったり段取りが多かったり、細かいものも多かったり。なので、とにかく暇さえあれば、みんなでビッグナンバーの反復練習をしていますね。

 ――2人のメリーの印象を伺いたいです。前回はロバートソン・アイとしてメリーに関わっていましたが、バートとしての目線ではいかがですか?

濱田さんの場合、ご自身の劇団四季での厳格なキャリアというものが、メリーの厳格さという部分にとてもピタッとマッチしているなと感じています。「経験者」という感じの、メリーという完成された空気感は、初演でもすごいなと感じましたが、改めてバートとして一緒に演じながら、面白いと感じています。

――笹本さんとは10代の頃からご一緒されていて、ずっと長いお付き合いだと思いますが、メリーとバートとしての共演はいかがですか?

濱田さんも笹本さんも、違う演目で相手役や敵役をやることが多くて。濱田さんは、『ラブ・ネバー・ダイ』ではクリスティーヌでしたが、俺は酔い倒れたような男(ラウル)を演じていました。『レ・ミゼラブル』では、関わりはあまりない役ですが、ファンティーヌとアンジョルラスでした。

笹本さんは昔から知っていて、『ミス・サイゴン』でのキムとクリスだったり、最近だと『マリー・アントワネット』でマリーとオルレアン公をやっていました。そんな2人とハートウォーミングな芝居をしているのが、こっ恥ずかしくなりますね。 他の役で関わる時はこんなふうに思わないのですが。メリーとバートは、恋人でもないし何でもないからこその、とても心温まる関係性なんです。2人でいると、「そこだけオレンジ色」のような。観ている方も温かい気持ちになるでしょうし、目を合わせている我々もすごく温かい気持ちになるんです。

これまでに我々は、温かい気持ちになる芝居を一緒にしたことがないんです。基本的にドロドロでしたから。さんざん「地獄へ堕ちろ」みたいな芝居を一緒にやっていたのにと(笑)。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、メリーを演じる濱田めぐみさんと笹本玲奈さんとのこれまでの共演経験を踏まえて感じること、ミュージカルの魅力について、30歳になられた今思うことやこれからのチャレンジについて話してくださった内容と、お客様へのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「濱田さん、笹本さん、小野田」という関係性が、バートにとってのメリーを描く

■普通の人生では歩めない感情の飛躍を経験できるのは、ミュージカルだから

■海外ミュージカルを、日本語で演じる面白さ。チャレンジし続けたいと思っている

■ここからの未来に向けて、『メリー・ポピンズ』は、人間が持っている感情の活力に

<ミュージカル『メリー・ポピンズ』>
【プレビュー公演】2022年3月24日(木)~3月30日(水) 東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階
【東京公演】2022年3月31日(木)~5月8日(日)  東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階
【大阪公演】2022年5月20日(金)~6月6日(月) 梅田芸術劇場メインホール公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/marypoppins2022/
https://marypoppins2022.jp/
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/marypoppins2022/
https://marypoppins2022.jp/

『メリー・ポピンズ』 関連記事:

⇒すべて見る

小野田龍之介 関連記事:

⇒すべて見る

※小野田龍之介さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月4日(水)です(このプレゼント募集は終了しました)。また、これとは別に、笹本玲奈さんの写真とサイン色紙に応募された方、ならびに、小野田龍之介さんの写真とサイン色紙に応募された方の中から計3名さまに、「笹本玲奈さん&小野田龍之介さん」のサイン色紙をプレゼントします(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

小野田龍之介さん=撮影・岩村美佳
小野田龍之介さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. りん より:

    素敵なインタビューありがとうございました。
    私も同様に小野田さんは歌の方かと思っていたのでダンスについての事を知ることができてよかったです。バートのダンスもとても素敵でした。濱田さん、笹本さんの関係性も面白く、これからも色んな作品で共演してほしいです。小野田さんは安定さ、貫禄が流石としかいえないので、これからも海外ミュージカルを突き進んで沢山出演してほしいです。

  2. ゆん より:

    小野田さんのインタビューをありがとうございました。上下とも、興味深く拝読いたしました。「キャリアを積むほど自分を疑う」という言葉に、小野田さんの毎度の安定感とクオリティの理由が見えた気がしました。素敵なお写真も嬉しいです。また小野田さんの記事を読めるのを楽しみにしています。

  3. まひと より:

    上下ともに拝見しました。
    小野田さんの舞台への取り組み方にあらためて脱帽しましたが、印象的だったのはメリーとバートが再開するまでの年数。
    再会までに要した時間は数年程度だと思っていたので、何十年も開いたと考えるとバートもジェーンやマイケルと同じような年齢のころに同じ体験をしたわけですね。
    メリーの影響が凄いのはもちろんですが1人ではこなしきれないカバーしきれない部分を無意識にバートが担っていて、今回それを体感したジェーンとマイケルが次代のバートになっていく、と解釈しました。
    些細なことですが舞台への解像度がグンとあがり次回の観劇もより楽しみになる素敵な記事をありがとうございました。

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.